【ラーメン 味心@博多区春町】 食べればやみつき!スッキリ旨い塩だれとんこつ

博多区春町にある、「ラーメン 味心」 をご紹介します。

塩だれベース&醤油だれベース、2種のとんこつラーメンを味わえるお店。

チョイ飲みにもバッチリな地元密着系の人気店です。

博多区竹丘町にあった長浜ラーメン 味心が、数百メートル先に移転オープン。
2017年12月、装いも新たにリスタートしました。

 

2 塩とんこつラーメン(2018年3月)

タレをプラスすべきか否か、葛藤の果てに選んだ選択は(笑)

「そろそろ味心リピしたいなぁ~」 と見ていると・・・アレレ!?
スグそばに移転? 全然気づきませんでした^^;

絶品の塩とんこつも食べたいと思っていたところ。
これは早々に行かねばと、訪問です。

 

アクセス

雑餉隈駅・南福岡駅から600メートルほど。
旧店舗と同じく49号線沿い。ちょっと大野城方面に進んだところにお店があります。

西鉄の踏切を越えてスグ左手あたりです。

 

店舗外観

暗い夜道に煌々と光る赤い看板。
店頭に駐車スペースがあるので便利です。

 

店舗内観

手前のテーブルと、カウンターはビビッドなイエロー!

かなり珍しい鮮やかなイエローのカウンターと言えば・・・「ラーメンまむし@田川郡」 を思い出しました (^^ゞ

 

卓上調味料

卓上にはタレゴマと言った調味料がスタンバイ。
秘伝の辛ダレもあります。

 

おしながき

ラーメンは、醤油とんこつ&塩とんこつの2種をラインナップ。

各種トッピングバリエーションもあります。

やきぶた皿、サガリ炒め、みそ仕立ておでんなどツマミ系メニューもアレコレと。

ラーメンだけで気軽に。チョイと飲んでシメにラーメンを。
使い勝手の良い構成ですね^^

今回もお気に入りの ”塩とんこつ” を。
ラーメンだけのつもりでしたが、結構多くのお客さんが食べていた餃子がビビッと

衝動的にセットでオーダーしちゃいました。

 

ウマウマな塩だれとんこつは、サーブ時のコンディションがキモ!

あっという間に着丼、こちらが塩とんこつラーメンです。
このそっけないビジュアルがむしろタマラナイ感じ (^^ゞ

ではでは、ややぽってり感のあるスープをズズっと・・・うん、ウマイ。

今日はやや塩だれが控えめなイメージ。
あと一歩、ギュっと効いていたらベストなんだげど、ちょっと惜しい感じ。

でもやっぱりウマイねぇ (^o^)

しっかりととんこつらしく。でもとんこつ臭くない。
充分なパンチがありつつ、スッキリ感のある味わいがツボですね♪

しかし、半分弱まで食べ進んで・・・やっぱりちょいタレが欲しい(汗)

何度かの葛藤を繰り返し、せっかくの塩だれだけど卓上のタレをチョイ足し

うん、趣は結構変わったけど、輪郭がクッキリになりました。
塩だれも卓上にあればなぁ^^;

 

シュルっと潔い啜り心地が、キレの良いスープにバッチリ♪

合わせるのはバシッとハリのあるストレート麺
この麺がこれまた、ずばりツボでございます (о´∀`о)

シュルっと潔い啜り心地が、キレの良いスープにバッチリ♪
存在感アリアリ。食べ応えある旨い麺です。

 

シンプル構成で大満足! 絶妙仕上げのチャーシュー&たっぷりネギが旨し

チャーシューは肉感と柔らかさのバランスがグッド♪(´ε` )
結構厚手でボリューム感も中々です。

たっぷりネギのシャキシャキ感と爽やかな味わいが、素晴らしいアクセントですね!

この上なくシンプルな構成ですが、むしろこれ以上なんにも要らない満足感。

とか言いつつ、豚角煮ラーメンは前々から気になっていたりして (^^ゞ

 

餃子

ラーメンだけのつもりが・・・
他のお客さんが結構頼んでいたので、ビビッと気になった餃子もいただきました。

カリッと強めに焼き上げられ香ばしさ満点!
ジューシーパンチの効いた餡も頼もしい旨さです^^

ラーメンのお供としてもバッチリですが、ビールのお供に最高でしょうな(笑)


 

やっぱりウマイ♪ でも今日はチョイ惜しい^^;
基本的に僕にとって、塩だれ系とんこつの理想形に近いタイプなんですよね~

卓上調味料でチョイと調整できればベストだったなぁ~
塩だれはサーブ時の味で決まるなら、一発勝負ですね(笑)

次回はふくめん2号も連れて、塩&醤油とんこつを食べ比べてみようと思います。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 塩とんこつラーメン(2016年12月)

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-5

コクがありつつスッキリとした味わい♪ 塩とんこつはやみつき度の高いレアメニュー

全国的に ”とんこつラーメン” と言えば、白く乳化したスープのイメージが強いですよね?

しかし実は博多のラーメンは 「白というより茶色」 「白濁しておらず、表層を脂が覆うタイプ」 も少なくありません。

ちなみに麺についても ”細めのストレート” が一般的ですが、博多ラーメンの源流と言われる赤のれん@大名うま馬@祇園博龍軒@馬出は、平打ち麺だったりします。

醤油ダレが際立つ褐色のスープも多い博多のラーメンですが、いわゆる「醤油とんこつ」 「家系」 のように ”醤油” がフォーカスされることは滅多にありません。

 

更にもっと呼称として激レアなのが、今回お送りする ”塩とんこつ

醤油とんこつと違い、そもそもジャンルとして確立されていないと思われ・・・ (^^ゞ

そもそも定義づけが難しいジャンルなのですが、ごたくはともかく病みつき感の高さはかなりのもの。

雑餉隈近くにある人気店 「長浜ラーメン 味心」 で味わうことができます!

 

店舗外観

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-4

店頭には駐車スペースがありますが、毎度埋まっているので停めたことがありません^^;

この日も目の前にある、コインパーキングへ停めてお店へ向かいました。

 

店舗内観

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-2庶民的な雰囲気の店内。

厨房前にはL字のカウンターがあり、テーブル席も充実しています。

 

卓上調味料

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-1

卓上には紅ショウガニンニクなど、定番のアイテムが並びます。

 

おしながき

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-3ラーメンは、デフォの ”とんこつ” と ”塩とんこつ” のツートップを提供。

各種トッピングもあります。

おでんを始め、豚サガリの炒めものや砂ズリとピーマンの炒めものなど、ちょっと飲めるメニューも提供されています。

今日はもちろんお目当ての、”塩とんこつラーメン” をいただきます。

 

コクがありつつスッキリとした味わい♪ やみつき度の高い塩とんこつスープ

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-5スムーズに着丼。

薄~い褐色のスープに、タップリの青ネギが映えるビジュアル。

テンション上がるわぁ~(^^ゞ

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-7

ではではスープをズズっと・・・スッキリ&コク旨っ♪

しっかりとトンコツの円やかなコクを楽しませつつ、軽やかな後味がイイっ^^

醤油を抑えることで、トンコツスープの味わいがよりストレートに引き出されているイメージ。

これこれ、この味なんですよね!

どこか懐かしいようでもあり、逆に現在では新鮮でもあります。

スッキリとしていながら、しっかりとコクを楽しめる。

シンプルがゆえに、病みつき感の高い一杯です。

 

カタ&バリカタのシャキッと細麺を、イッキに啜るべし

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-8長浜の名を冠するだけあって、麺は細めのストレート

ここはやはりカタ~バリカタで、シャキッと粋に啜りたいところ^^

スルスルとイッキにいきたくなる潔いタイプの麺が、スッキリとしたスープにベストマッチ♪

「やっぱコレだよねぇ~!」って言いたくなります。

何が「やっぱ」で、なにが「これ」かはともかく(笑)

 

極めてシンプルな具材。 だが、それがイイっ!

%e9%95%b7%e6%b5%9c%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%91%b3%e5%bf%83-6具材はチャーシュー2枚と、た~っぷりの青ネギ^^

チャーシューはトロっとホロっと旨い現代版。

ここは出がらし系のギシっとしたものを極薄より、素直にこちらが嬉しいです(笑)

ゴマをちょい多めに振って、コショウをパラパラ。

普段は入れない紅ショウガを少し入れてみるのもオツですな。

ゴマ・コショウ・紅ショウガは、ヤバめの一杯にあたった時、撤退戦をしのぐ援軍として活躍するケースも少なくないのですが(^^ゞ

こちらの場合は素直に旨さを増幅してくれる、+アルファの存在です!


 

やっぱり旨いぁ~味心!

なかなか普段来れないロケーションなのですが、近かったらチョイチョイ行きたいお店。

ホントに ”コレコレ感♪” がピタリとはまる良店です^^

 

塩とんこつ” の件ですが、敢えて ”塩とんこつ” と称して提供しているようなお店(大体、醤油とんこつもアリ)の供するものは、かなりの確率でハマり度の高い一杯が登場するイメージ。

幸心堂@大野城や、博多 豚十郎@筑紫野市の一杯はすこぶる旨かったなぁ~♪

※豚十郎はメニューが変わっているかも?

個人的に待ち望んでいるのは、東京でシビれた 「バラそば屋@東京都中野区」 の様な一杯!

登場してくれないかなぁ(笑)

皆さまも是非、”塩とんこつ” と掲げられたお店があったら、お試しください^^

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

味心