【金菜亭@博多区上川端町】 博多鶏そば はかたんめんは、豊富なラインナップも魅力!

博多区上川端町にある、「金菜亭」 をご紹介します。

2016年3月に東風金菜亭としてオープン。その後、金菜亭へ名称を変更しました。

麺’s Kitchen カジュメン Anyone」を手掛けていたアニーさんが立ち上げたお店だけに、オリジナリティ&クオリティ共にハイレベル。

博多鶏そば はかたんめん” とのネーミングで、鶏白湯・塩・醤油・カレーなど幅広いメニューが提供されています。

 

8 白とり→トリトン(2017年11月)

テイストチェンジの替玉に挑戦! なんと鶏白湯が熊本ラーメンに変身?

バラエティ豊かで気になるメニューが多かったこともあり、これまでに5回に渡ってレビューをご紹介してきましたが・・・

今回は未食だったシステム ”テイストチェンジの替玉” を楽しもうとの目論みで再訪です♪

 

アクセス

上川端商店街 中洲川端駅寄りにお店があります。
駅側から商店街へ入り、ひとつ目の角の右手前の地下にお店があります。

僕らがこよなく愛した一幸舎グループの名店 ”元桜” があった場所の向かいです。

この周辺は数多くのラーメン店が軒を連ねる激戦エリアです。
※中洲周辺のラーメン店情報ならコチラをどうぞ(中洲ラーメンマップ

 

店舗外観

こちらから地下へ。
階段を降りると正面にお店があります。

 

スマートでお洒落なファサードです。

 

店舗内観

混んでいる時間の訪問だったので、内観は前回のものを。
黒と木目を活かしたオシャレな店内は、真新しく清潔感に溢れています。

厨房を囲むL字型のカウンターに加え、テーブル席もいくつかあります。

11:30~15:00&18:00~深夜まで営業しています。
(営業終了時間は曜日によって異なるので、公式情報をご確認ください)

 

卓上調味料

卓上にはブラックペッパー一味を始め、ニンニクお酢などがあります。

 

おしながき

金菜亭のメニューは、福岡随一!?
僕らが知る限り、最もバラエティ豊かな構成です。

・まずは代表である、「」と「鶏白湯
・そして「醤油」系のメニューが4種
・「スパイシー」系が4種

・個性派の「担々」系が3種

・更には「焼らーめん」も3種

これだけでも何と ”16種” もの数に上ります (^^ゞ

加えて餃子チャーハン、おツマミ系なども。
凄い数のメニュー構成です。

今回は、「白とり → とりとん」 へのテイストチェンジ(詳しくは後ほど)

合わせて醤油系から、「黒生姜」をいただくことにしました。

あ、モチロンおとくなランチセットで♪
プラス100円で、モヤシ2種辛子高菜、そしてゴハンが食べ放題になります。

 

はかた地どりを丁寧に炊いた白湯スープに、炭焼きの香りがフワリと

まずはこちら、白とりから。
丼からは鶏の良い香りがフワリと♪

鶏の炭火焼き半熟玉子ネギレタスという構成。
オリジナリティ溢れるビジュアルです。

さてまずはスープから、ズズっと・・・うん、ウマイ^^

はかた地どりを丁寧に炊いたスープは、鶏の香りと旨味をしっかりと味わえます。

サラリとした口当たりで鶏特有のクセも無いので、非常に食べやすいですね。

元ダレの効き具合も上々。
炭火焼きの香ばしさがスープに溶け出し、面白いアクセントになっています。

 

アーモンド&タピオカを練り込んだ、特製ストレート麺を使用

合わせるのは特製の中細ストレート麺
アーモンドとタピオカを練り込んだという個性派で、なんともたおやかな食感が印象的です。

口当たりは優しく、それでいて存在感はハッキリと。
スープとの一体感も素晴らしいと思います。

 

味わい・食感共に秀逸♪ モチロン具材もオリジナリティ高し

具材の主役は鶏の炭火焼き
香りが良く、しっかりとした歯ごたえがステキです。

スープのコクと相まって、噛むほどに旨さがぐぐ~んと^^

粗挽きのブラックペッパーをパラリと振れば、更に旨さが際立つ感じです。

スープの熱で塩梅良く馴染んだレタスがこれまたグッド。

麺のたおやかさ鶏の弾力感レタスのシャキシャキ感が織りなすハーモニーがイイですね♪

さて、ここで今回のテーマ 「テイストチェンジの替玉」 へ。

替玉の麺に様々なアイテムをプラスし、2杯目を違う味で楽しめるという仕組みです。

今回は、白とり → トリトン(焦がしラー油とんこつ風)という流れで。

到着した替玉はこんな感じ。麺の下に黒マー油っぽいタレが潜んでいます。

これを丼へ投入すると・・・こんな感じに。

乳白色のスープが、濃い茶色へと変化しました。

早速啜ってみると、おおっ!味わいに劇的な変化が。
一言で説明するなら、熊本ラーメンっぽい味わいです。

黒マー油っぽい香ばしさに加え、もうひとつ重厚さが増したようなイメージ。

トリ ”トン” ということは、とんこつペースト的なものが入るのでしょうか?

1杯目とは大きく異なる味へと変化し、驚きました (^^ゞ

 

7 黒生姜(2017年10月)

生姜感 120%の刺激! 円やかスープとの対比がオモシロイっ

こちらは、醤油シリーズの一角を担う 黒生姜 です^^

これまでに、黒わさ・黒吟上 を食べてきたので、これが醤油系3種目となります。

食べる前から、生姜の刺激的な香りがビンビン!
ひと口スープを啜ると・・・おほ~っ、こりゃスゴイ生姜感です(笑)

柔らかく甘みのあるスープが、非常にシャープな味わいに。

やや人を選ぶ可能性はありますが、僕らは結構楽しめました。

今年の冬に、中華そば かなでの限定で 「新潟長岡系 生姜醤油ラーメン」 が登場したのですが、生姜をフィーチャーした一杯は非常にレア!

醤油ラーメンが激増した今だからこそ、今冬は他のお店にもチャレンジして欲しいですね (^^ゞ

 

ランチセット

ちなみにこちらは+100円で楽しめるランチセット
2種類のモヤシ辛子高菜ゴハンが食べ放題になるお得なセットです^^

 

6 金しお(2017年5月)

こちらはご紹介できていなかった 金しお です。

白とり=鶏白湯に対して、こちらはいわゆる塩ラーメン

コクがありつつクリアで品のある味わいは、飲みの〆にもバッチリ♪

きっと女性に喜ばれる味わいだと思います。
※実際、金菜亭はカップルや女性グループが多いです^^

スープがあっさり寄りな分、麺や具材個々の味わいがより一層際立つイメージです。


 

かな~~り色んなメニューを食べてきましたが、それでもまだ10杯ほど。
次回は、白吟上餃子を味わってみたいと思います (^o^)

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

5 咖哩担々(2016年6月)

鮮烈な辛さが楽しめる咖哩担々♪ スパイシーさを求める方にピッタリ

 

4 麻辣担々(2016/6/4)

東風金菜亭 (2)

名古屋めしを本場仕立てにアレンジ! 重厚&爽やかな辛さが心地良い”麻辣担々”

 

3 咖哩担々(2016/6/4)

東風金菜亭 (4)

鮮烈な辛さが楽しめる咖哩担々♪ スパイシーさを求める方にピッタリ

 

2 黒わさ(2016/3/26)

東風金菜亭 (2)

鶏×醤油×わさび=黒わさ♪ 芳醇な醤油とわさびの風味が光るオリジナルな一杯

 

1 白とり(2016/3/26)

東風金菜亭 (1)

洗練された味わいと野趣溢れる味わいを合わせ持つ♪ あの実力店がいよいよ復活

 

店舗情報はこちらから

東風金菜亭