【元祖台湾まぜそば はなび@中央区大名】 台湾まぜそば発祥の店が福岡に!

中央区大名にある、「元祖台湾まぜそば はなび 天神大名店」 をご紹介します。

名古屋で生まれ、日本中にブームを巻き起こした ”台湾まぜそば

もはやラーメンの一ジャンルを超え、人気の名古屋めしとして知られるようになりました。

そんな台湾まぜそばの発祥店であり、ブームの火付け役である ”はなび” が福岡に登場!

中部地方と東京の一部でしか味わえないレアメニューを、これからは福岡でいつでも味わえます\(^o^)/

 

6 カレー台湾まぜそば+チーズ(2018年10月)

カレー&チーズというチートアイテム! そりゃ~もう、間違いないでしょ♪

オープンから間もなく2か月が経過する、元祖台湾まぜそば はなび。

まずは主要メニューを一巡しようと、その後2度訪問してきましたので 「カレーVer.」「辛さナシVer.」 をご紹介します^^

 

アクセス

天神西通りのドラッグイレブンから、赤坂方面へ100メートルほど。
路地を進むと右手にお店があります。

少し手間には 「一風堂 天神西通りスタンド」 があります。

 

店舗外観

レンガ模様の建物の1F。
黒&白ベースで、落ち着いた印象のファサードです。

 

おしながき

食券制なのでまずは入って左手の券売機へ。

基本はまぜそば1本
デフォの台湾まぜそばに加え、辛くないVer.カレーVer.が。

更には各種トッピングもあります。

サイドメニューには、背あぶら飯・ねぎ飯といった珍しいゴハンものが。

なるほど~
麺屋はなび=ラーメンもあり
元祖台湾まぜそば はなび=まぜそば専門なのかも知れませんね~

オープンから2か月。
メニューに変更は無いようです。

 

店舗内観

店内はカウンター11席ほどで構成されています。
満員だったので、写真は次回また^^;

カウンターにある 「美味しい食べ方」 を読みながら待ちましょう。

 

卓上調味料

卓上には、昆布酢コショウなどの調味料がスタンバイ。

ココに来たら昆布酢はマストで楽しんでおきたい重要アイテム♪

 

カレー&チーズというチートアイテム! そりゃ~もう、間違いないでしょ♪

こちらは、カレー台湾まぜそばチーズをトッピングしたもの。

写真では見えませんが、チーズは下に隠れています。

熱が伝わることで、トロトロとろり~んとなる仕組み。

 

まずは全体をグリぐり、グリンぐりん!
と、よ~くかき混ぜていただきます^^

スパイシーなカレーの風味と、チーズが全体にしっかり行き渡ったら食べごろ。
ズルズル・・・うん、旨いっ (о´∀`о)

 

ネットリと麺に絡みつく、ミンチ・タレ・カレー粉・チーズ・各種薬味

全てが渾然一体となって、豪快に押し寄せてきます♪

カレー&チーズという 「何と合わせても、ひるまず飲み込む・包み込む」 チートなアイテム(笑)

そりゃ~もう、不味かろうハズも無く♪(´ε` )

初回はデフォから入るべきでしょうが、「ちょっと目先を変えたいな~」 という時は間違いナシ!

〆のゴハン割のマッチングまで考えれば、むしろデフォ以上かも知れませんよ~^^

 

5 元祖辛くない台湾まぜそば+ド肉・ニンニク抜き(2018年9月) 

やっぱり辛さ+ニンニクあってこそ!? 肉好きは ”ド肉トッピング” をお試しあれ

こちらは、元祖辛くない台湾まぜそば
”ド肉”をトッピングし、ニンニク抜きでオーダーしました。

パッと見のビジュアルでは区別が付きませんが・・・

やはり辛さとニンニクが無いと味は一変します^^;

とはいえ 「無しか?」 と言われればそんなことは有りません。

辛いモノは苦手だけど、はなびは食べてみたい」 という方にとっては 「あって良かった♪」 なメニューなハズです (^o^)

大ぶり食べ応えある ”ド肉” はイメージ通りの味わい。
肉好きなら一度試してみるのもアリかな~。

個人的には 「肉みそ増量トッピング」 があったら嬉しいなぁ~と思います(^^ゞ

 

4 ねぎ飯(2018年9月)

こちらは 前回ご紹介した 背あぶら飯 に続くゴハンもの。
ねぎ飯でございます。

コッテリ&ハードな背あぶら飯とは打って変わって、アッサリ&シャキシャキなテイスト。

こ、ココにもおろしニンニクが^^;

ちなみに 「ネギの下には何が~」 と思っていましたが、「ネギ」以上。でございました(笑)


 

主要なメニューはひとしきり楽しんだので、次回はデフォを辛さUPしてみようかな~(^-^)v

全国のラーメン店が、こぞってインスパイアした台湾まぜそば。

本家本元の一杯を、まず一度味わってみてはいかがでしょうか?

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

3 背あぶら飯(2018年9月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは 背あぶら飯
ねぎ飯と迷いましたが、こちらが左にあったので思い切ってチョイス。

まぁなんとも・・・ハードなルックス(笑)
思い切ってパクッと・・・おお、こりゃウマイ♪( ´θ`)ノ

とろ~り背脂と、その下の甘辛いお肉シャキシャキねぎの3重奏。

おそるべし ”脂のウマさ
なんとも背徳的な旨さだけに、ハマる人も多数おられると思います (^^ゞ

 

2 キミスタ(2018年9月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは辛くないまぜそばキミスタ

と、紹介されていますが・・・一味唐辛子入ってますね(笑)

ベースはデフォと共用しながら、台湾ミンチを使わず角切りチャーシューを合わせたタイプ。

ミンチを使わず、水菜が入ることでどちらかと言えばアッサリ系の味わいに。

どちらかと言えばスタンダードなまぜそばに近い味わいですね^^

サプライズこそありませんが、安定感があり人を選ばないタイプ

香ばしい角切りチャーシューもタップリはいって嬉しいですね♪(´ε` )

 

1 元祖台湾まぜそば(2018年9月)

神は細部に宿る! これが人気の名古屋めし ”台湾まぜそばの元祖だ♪

この数年で大きく様変わりしてきた福岡ラーメン界

ひと昔前は提供するお店を見つけるのも大変だった醤油ラーメンは、「1か月、毎日通っても食べきれない!」 というほどバラエティー豊かに^^

全国に煮干しラーメンの人気を広めた 「すごい!煮干ラーメン凪

日本の=東京の最先端を福岡に広めた 「地鶏らーめん はや川

東京発の人気つけめんブランド 「つじ田

などなど、これまで福岡に無かった新たな味を楽しめるようになりました♪( ´▽`)

はなびの登場は、これらブランドに及ぶほどのトピックス。
オープン日、早速訪問して参りました。

 

神は細部に宿る! これが人気の名古屋めし ”台湾まぜそばの元祖だ♪

いよいよ登場、こちらが 元祖台湾まぜそば です。

中央に卵黄がこんもりと♪
その下にはとろ~りとした台湾ミンチがタップリと。

周囲を、ニラ・ネギ・海苔・魚粉、そして有無が選べるニンニクが囲みます。

使用するのはモッチリ太め平打ち麺

ゆで上げた後、全体との一体感を生み出すために、スリコギで麺に傷をつけるのがはなび流。

このひと手間が、あの渾然一体となった旨さを生み出すんですねぇ~(^^ゞ

まずはレンゲをサポートに、全体をよ~~くマゼマゼしましょう。

具材&薬味が麺に馴染んでイイ感じになったらズルズルと・・・うん、旨いっ♪( ´▽`)

しっとりコクのあるミンチの旨さ薬味それぞれの風味と食感が、ガッツリ麺に染み渡りブラボーな旨さを作り出しています。

ガツンと鼻に抜けるニンニクフレーバーも大きなポイント。

抜きにもできますが、オンできるタイミングで楽しんで欲しいですね(笑)

なかなかボリューミーですがイッキにいけちゃう旨さ。

食べ終えたら店員さんに 「追い飯お願いしま~す」と声をかけましょう。

丼の底に残った具材と白ゴハンをレンゲでマゼマゼして、一粒残らずフィニッシュ!

ここまで楽しんでこそ、堪能し尽くしたと言えます^^

 

オープンを待ちわびておりましたが・・・
その期待に応えてくれる旨さでした (о´∀`о)

一言でいうならば 「神は細部に宿る」 というところでしょうか。

瓜二つのメニューが全国にありますが、流石は元祖!!

ぱっと見は同じでも、ディテールの違いがトータルクオリティの大きな差を生み出してます。

クオリティさえ担保されれば、きっと人気を博し続けるハズ^^

まぁ~それにしても、なんともやみつき感の高いメニュー(笑)

ドハマりする人も少なくないでしょうなぁ~(僕含め)

僕らも既に次回を算段中。
次回はカレー入りにチーズをプラスしたものを楽しもうと思います (^^ゞ

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

台湾まぜそば はなび 天神大名店