今も変わらぬ優しい薫りと旨味。これが博多MIX系の源流

鈴木商店 (4)鈴木商店@中央区赤坂
博多そば

 

博多における無化調(化学調味料を使用しない)ラーメンの先駆けとも言える鈴木商店。

かなりご無沙汰していたので懐かしさもあり、再訪してきました。

 

店舗外観

鈴木商店 (2)

大正通りの大名1丁目交差点を大濠公園側に20mほど入ったあたりにお店があります。

近くにはつけ麺&中華そばの兼虎や、坦々麺が人気の大名ちんちん、比内地鶏の白湯が旨い鸛(こうのとり)などがあります。

コインパーキングも結構ありますが、埋まっていることも多々です。

 

ウッディな店内はやや照明を落とした落ち着いた雰囲気

テーブル席とカウンター席があります。

 

ランチは14時半まで。

夜の営業は、17時~深夜の2時までなので飲みの〆にも間に合います。

昔来るときはいつも夜中だった気が(^^ゞ

 

メニュー

鈴木商店 (3)

博多そば(醤油とんこつ)、中華そば(醤油)、博多塩そば(塩)が主力メニュー。

その他にもつけそばや、ねぎ焼きそばチャンポン皿うどんなど、麺メニューが豊富です。

 

餃子チャーハンなどの定番メニューもあります。

今回は個人的にイチオシの博多そばを頂きます。

 

豚骨+鶏+魚介が奏でる、芳醇な薫りと味わい

鈴木商店 (4)

醤油とんこつと書かれていますが、スープはジャンル分けするならMIX系

豚骨と鶏ガラの肉系スープに、煮干・アゴだし・貝柱などの海鮮系スープブレンドしたものらしいです。

 

スープを啜ろうとすると、まずはその芳醇な薫りがフワリ♪

ひとくち啜ると優しい旨味が口いっぱいにジンワリと広がります^^

 

刺々しさの無いソフトな口当たりですが、無化調にありがちな盛り下がる感じ(薄い…物足りない…)が無いのが鈴木商店の良いところ。

ひとくち目からキッチリ&飲み進むほどに旨さが増します

 

麺はちぢれ麺と細麺からお好みでチョイス

鈴木商店 (1)

イチオシはちぢれ麺。

醤油と塩はちぢれ麺で提供されますが、博多そばは細麺も選べます。

 

僕はもちろんちぢれ麺でオーダーしました。

加水率高めの麺はプリプリとした食感が楽しめます。

 

 シンプルな具材がスープと麺の旨さを引き立てます

鈴木商店 (5)

具材はチャーシュー1枚、多めのネギゴマキクラゲとシンプルな構成。

スープと麺の味わいを楽しむには、過不足が無いという印象。

 

あれれ…?トレードマークだった固茹での茹で卵が無くなったみたい…。

なんちゃないけど、半熟煮玉子全盛の現代においては懐かしい感じだったのでチト寂しい気も^^;

 

 

かなり久しぶりでしたが、鈴木商店らしさは変わっておらずホッとしました^^

豚骨王国である博多で、豚・鶏・魚介をもちいたMIX系スープは、昔はむしろ個性派で珍しい存在だったと思います。

多彩な店舗が出てきた現在では逆に老舗の位置づけという印象に。

 

でも本質は変わらず、優しく奥深い味わいは今も健在でした♪

ここの博多そばは夜中に食べるのが一番旨い!そんな気がします。

化学調味料と脂ごってりはイヤ、じんわり旨いスープがイイ…そんな方にぜひ(^^ゞ

 

店舗情報はこちらから
鈴木商店

昼総合点★★★☆☆ 3.5

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA