【元祖赤のれん 雄ちゃんラーメン@博多区那珂】 伝統の平打麺 + 定番の細麺も選べる

博多区那珂にある、「元祖赤のれん 雄ちゃんラーメン」 をご紹介します。

元祖赤のれん 節ちゃんラーメン 天神本店」 で修行された店主さんが2016年11月にオープン。

”赤のれん” の名を冠するラーメン店は、福岡に7店舗(メンムスビ調べ)あり、その一つがこちらの ”雄ちゃん” です。

オーセンティックな ”博多ラーメン” の歴史を紡ぐ存在であり、老若男女に愛されています。

 

2 ワンタンメン+半チャーハン(2019年3月)

赤のれん伝統の平打麺 or スタンダードの細麺。 あなたのお好みはどっち!?

諸説あるものの、オーセンティックな博多ラーメンにおいては

「一般的に認識されている、白いスープ+細麺ストレート」 ではなく…

褐色のスープ+平打ち麺」 というのが昔ながらのスタイル。

その昔、改めて知った時は驚きました (^^ゞ

もちろんルーツのひとつである、「赤のれん」 も然り。

ところがふとした時に知った、「赤のれん雄ちゃんには、細麺もあるらしい」 という情報。

伝統的なあのスープに、細麺を合わせたらどうなるのか?

ふつふつと興味が沸いたので、リピして参りました。

 

アクセス

最寄り駅の竹下駅から、徒歩10分強。

筑紫通り沿い 那珂中学校交差点の少し先にお店があります。

以前は、福一ラーメン 那珂店があった場所。

スグお隣には、達磨ラーメンが並びます。

 

店舗外観

店頭にはその名の通り赤い暖簾が…スゴッ!?

オープンから2年数か月で、老舗の如く白くなっておりました(^^ゞ

店頭には駐車スペースがあります。

 

店舗内観

ランチタイムど真ん中ということもあり、多くのお客さんで賑わう店内。

そういう訳で、写真は以前訪問した際のものです。

”これぞラーメン屋さん” といった雰囲気。

向かって右手にはカウンター席が、左手にはテーブル席があります。

 

おしながき

こちらは2019年3月時点のお品書き。

おお!確かに冒頭から、「麺をチョイス」 というアプローチが^^

①スープの馴染みが良い、伝統的な→平打ち麺(カタ・普通・ヤワ)

②バリカタやカタメンといった食感も楽しめるストレート麺(バリカタ・カタ・普通・ヤワ)

という組み立てです。

ラーメンはとんこつ1本
チャーシューワンタンなどのトッピングもあります。

さらにはチャンポンや、チャーハンも。

赤のれんらしく、炒め物揚げ物などもアレコレと。

代名詞といっても過言ではない、お得なセットメニューもあります。

 

卓上調味料

卓上には紅ショウガゴマなどの定番アイテムが。
辛モヤシもあります。

 

赤のれん伝統の平打麺 or スタンダードの細麺。 あなたのお好みはどっち!?

少々待って登場。
こちらは、ワンタンメン です。

褐色のスープは一見すると重そうにも見えますが、スマートで食べやすい濃度

脂感もありますが、適度でキツくないチューニングです。

個人的な感覚で言えば、天神へ移転する前の ”赤のれん” に近いイメージがあります。

最近は本店で食べると、「おっ!こんなにパンチの効いた味だっけ?」 と感じるので (^^ゞ

もちろんベースは共通ですが、マイルド寄りの設定だと思います。

さてさて麺は?
おお!見慣れたストレートの細麺も、このスープに合わさるとなんだか新鮮(笑)

オーダーはカタメンですが果たして…うんうん、これもなかなか。

ソフトタッチでスープが馴染む平打ちに比べ、香りと食感が強め・スープの乗り控えめという感じ。

食べ慣れていることもあり、しっくりくるのは平打ちですが、選べるメリットは大きいと思います^^

香り高いプリプリワンタンと、スープの相性もなかなか。

オーソドックスなチャーシュー、博多ではレアなメンマなどが乗っています。

 

半チャーハン

こちらはランチセットだと、”+130円” でつける事ができる半チャーハン

飾りっ気の無いシンプルな味わいで、量も控えめなのですが、ついついオーダーしちゃいます(^o^)

むしろ量控えめなのがイイかも知れませんね!


 

麺が変わるだけでグッと新鮮な趣を楽しめました^^

個人的にはやはり、「このスープには平打ちがしっくりくる」 というのが今回の感想。

しかしこれは食べ慣れないだけで、何度か細麺を味わうと変わってくるのかも知れません。

赤のれん伝統の平打麺と、現在のスタンダード細麺

あなたのお好みはどちらでしょうか?

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 ラーメン+半チャーハン(Aセット)

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-7

人気ブランド ”赤のれん” の新店が那珂に登場。 グッと円やかな優しい味わい

 

2016年11月にオープンした、元祖赤のれん 雄ちゃんラーメンへ。

その名が示す通り、人気店 「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン@大名」 からののれん分けの様です。

赤のれん”を冠するお店は結構多く、福岡市内に7店舗ほどあるようですね。

その中には、以前にご紹介した ”博多=赤のれん&長浜=とん吉を一度に食べ比べ” できる 「赤のれん&とん吉@東区箱崎」 といったお店も。

約1年ぶりの”赤のれん”なので楽しみです^^

 

アクセス

お店の場所は、竹下駅から800メートルほど離れた場所。

筑紫通り沿い 那珂中学校青果市場前の中間あたりです。

以前は、福一ラーメン 那珂店があった場所。

スグお隣には、達磨ラーメンが並びます。

 

店舗外観

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-1

店頭が専用の駐車スペースになっています。

 

店舗内観

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-5これぞラーメン屋さん” といった雰囲気の店内。

向かって右手にはカウンター席が、左手にはテーブル席があります。

結構、横長のつくりですね。

 

卓上調味料

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-4

卓上には紅ショウガゴマなどの定番アイテムが並びます。

 

おしながき

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-2ラーメンはとんこつ1本!

バリエーションとしてチャーシューメンや、ワンタンメンなどがあります。

なんとランチタイムは、半チャーハンが+130円と非常にお手頃。

ラーメンとセットで食べても ”680円” とは驚きです^^

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-3

一品料理も結構充実しており、オツマミ系メニューを楽しむことができます。

特に夜メニューとは書いていなかったので、お昼もあるのかな~?

 

元ダレも控えめでグッとおだやか系。 マイルドで優しい味わいが印象的

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-7登場した一杯は、まさに ”赤のれん” というビジュアル。

小ぶりな丼になみなみと注がれた、褐色のスープ

脂感はしっかりという感じ。

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-9

ではではスープをいただきます。

おっ、結構マイルドで優しい味わいですね。

前回の節ちゃんでは、記憶にあったものより、グッと押し出しの強い現代風なチューニングだと感じましたが、こちらは元ダレも控えめグッとおだやか系

どちらがビビっと来るかは、好みによるかな~?

 

3度食べると何故かハマる!? 博多源流の平打ち麺は滑らかな啜り心地がステキ♪

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-10麺はもちろん、赤のれん伝統の平打ち麺

博多ラーメンの源流を辿ると、”細麺ストレートではなく平打ち麺” というのは全国的には意外な事実でしょうね^^

スルスル滑らかな舌触りが楽しく、低加水の細麺とは異なる魅力があります。

柔らか系な仕上がりである点を含め、正直なところ最初の頃はあまりピンとこなかったのですが、今ではようやくこの食感の魅力が分かるようになりました (^^ゞ

「〇〇はこうでなきゃならないっ!」という先入観は、何事においてもモッタイナイですね(笑)

 

極太系隆盛のイマドキ関東系とは異なる。 細めのメンマは赤のれんのトレードマーク

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-7具材はバラチャーシュー、細めのメンマ、青ネギとシンプル。

チャーシュー適度な厚さがあり、柔らかながら肉感を楽しめる仕上がり。

関東系の極太とは異なる、細めのメンマも面白いですね~

 

半チャーハン(Aセット)

%e5%85%83%e7%a5%96%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%82%8c%e3%82%93-%e9%9b%84%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-6こちらは、半チャーハン(Aセット)

ランチタイムは、130円と非常にお手頃です^^

量は控えめなので、ラーメンをセットでいただくのに丁度よいかも。

替玉もありですが、コスパ的にもセットがおススメです。


 

赤のれんのお約束をしっかりと守りつつ、マイルドで優しい味わいが印象的でした。

近くにオープンして喜んでいる方も多いでしょうね^^

赤のれん和亭@博多駅前や、野間店にも行ってみようかなぁ~

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

元祖赤のれん雄ちゃんラーメン