【炉端と水炊き 道津@南区長住】水炊き仕立て鶏白湯ラーメン+原始焼きってなんぞ?

南区長住にある、「炉端と水炊き 道津」 をご紹介します。

薬院にある酒処 「魚と炭焼き 道津」 のセカンドブランドとして、2019年1月にオープン。

炭火で豪快に魚や肉を焼く ”原始焼き” に加え、鶏白湯ラーメン五島うどんなどが味わえます。

 

2019年5月 鶏らーめん

とろ~り舌に沁みる♪鶏の旨味を余さず封じ込めた水炊きラーメン

水炊き屋さんの鶏白湯ラーメン

そんなステキなフレーズはちょっとスルー出来ません♪( ´▽`)

五島うどんも旨そうだし、名物の原始焼きもモチロン気になるっ!

てな訳で、ちょっと時間ができた日のランチタイムにお邪魔してきました。

 

アクセス

大池通り 長住3丁目交差点から、280メートルほど南へ。

にしてつストア レガネットマルシェ長住 のそばにお店があります。

 

店舗外観

実に味のある暖簾と、インパクト抜群の巨大な提灯が目印。

木目を活かした風情あるファサードです。

 

おしながき

こちらは2019年5月時点、お昼のお品書きです。

まずはメンムスビとしての本分である ”鶏らーめん” をチョイス^^

同じく麺好きとしては見逃せない 五島うどん は、冷やしも気になりつつ ”地獄炊き” を。

さらに!?
刺身、焼魚、煮魚が揃い踏みの ”道津のお昼” をいただいてきました (^^ゞ

 

とろ~り舌に沁みる♪鶏の旨味を余さず封じ込めた水炊きラーメン

まずは 鶏らーめん から。

あ、これは間違いなく旨いわ♪」 着丼時点で直観的に伝わるこのビジュアル。

具材は鶏チャーシュー少量の白ネギのみ

主役はスープだ!” と言わんばかりの堂々たる出で立ちです。

心して味わうと…うん、旨いっ (o^^o)

鶏の旨味とまろ味を、余さず封じ込めた極上のスープ。

水炊き店としての矜持を感じさせる、素晴らしい仕上がりです!

スープだけでもしっかり味わい深いのですが、タップリのミンチ更にコクを加速させます^^

合わせるのはコリっと潔い歯切れの良さを楽しませてくれる、細麺ストレート

旨いスープとしっかりと絡ませながらも、麺自体の存在感も存分に打ち出されています♪

シットリ鶏チャーシュー白ネギスパイスも、シンプルにして過不足の無い構成です。

 

五島うどん 地獄炊き

こちらは 五島うどん 地獄炊き

ジャストの加減で茹で上げた五島うどんを、熱々の湯と共に提供。

醤油とネギを入れた、溶き玉子に潜らせながら味わいます。

これが実にウマイっ♪(´ε` )
口当たりはスムーズなのに、しっかりとしたコシのある細目の麺がバツグンです。

モッチリとした麺にトロトロ玉子が絡む、日本人ならきっと好きな味!

釜玉と釜揚げを良いトコ取りしたアプローチですね^^

 

道津のお昼

続いてこちらは、道津のお昼

刺身、焼魚、煮魚をまとめて楽しめる、魚好き垂涎のメニューです♪

ちなみに焼魚は、こちらのキーワードである原始焼きで提供。

調理シーンはこんな感じ(写真OKいただきました)

立てる位置をうまいことコントロールしながら、焼き上げていきます (o^^o)

見事な黄金色に焼きあがったサバは、皮目がパリッと+皮際ジュワ~♪

身はシットリ・ホコホコ、マーベラスな仕上がりです。

煮物はタラかな?
ふわっと品よく炊かれておりました^^

お刺身は、こちら と こちら、両方が付く大盤振る舞い!

品数を揃えるための刺身とは訳が違うっ。

質が良い上に、仕事までしてあるという贅沢仕様でした♪

このセットが1,500円なんて、お得過ぎますね~(^^ゞ


 

優雅においしいランチを楽しむ、おひとりさま女性。

「酒飲み過ぎてヤバイことに^^;」と話しながらも、旨いアテを片手にゴキゲンで飲んでいるシニアのカップル。

静かに鶏白湯を啜るおじいちゃん。

ガッツリあれこれとメニューを楽しむ僕ら(笑)

色んなお客さんがそれぞれ思い思いに楽しんでいる。
実に心和むひと時でした╰(*´︶`*)╯♡

こうなるとやはり、夜も気になりますっ。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

炉端と水炊き 道津