【家系ラーメン 壱壱家@博多区大博町】 ここで家系に出会えたら幸せ♪本場の味を福岡で

博多区大博町にある、横浜ご当地ラーメン ”家系” のお店 「家系ラーメン 壱壱家」 をご紹介します。

2016年11月オープン。
横浜の有名店 ”すずき家” で修行されたご主人が手掛ける一杯は、本場の味を楽しめると人気&話題です。

ラーメンに加え、やみつき感のある油そばや、家系定番のサイドメニュー=キャベチャ丼なども並びます^^

 

4 ネギ油そば(2019年7月)

混ぜずにいきなり啜れる、家系仕立ての油そば。 自分好みに味変もOK♪

家系ファンの支持を集める壱壱家。
オープンから間もなく3年を迎えますが、博多の街にすっかり定着したように思います^^

特に関東方面から来福している家系好きの方と話すと、「あ!あそこでしょ♪」 と好印象。

家系欲をガッツリ満たしてくれる存在として、重宝されているようです。

最近のパターンは、2人で訪問して醤油・塩をシェアというのがお約束ですが…

今回は久々に、隠れた人気メニュー ”油そば” を味わおうと訪問してきました♪

 

 

アクセス

お店の場所は、福岡サンパレスや国際センターのスグ近く。
大博通り 築港本町の交差点から、少しだけ千代方面へ入ったあたりです。

以前は 麺屋 黒船 → がんこもんラーメン があった場所。
ジャンルの方向性が大きく変わったことで、今回は定着したようです^^

 

店舗外観

赤い看板に大きく掲げられた店名。
その上には ”家系ラーメン” という文字が。

今現在 ”家系” の冠を明確に掲げているお店は、僕らが知る限り福岡でこちらだけです。
(多くのお店は家系のテイストを踏襲しつつ、醤油とんこつと銘打って展開されています)

 

おしながき

こちらは2019年7月時点のラインナップです。

麺メニューは、ラーメン油そば
チャーシューメンネギラーメンに加え、海苔うずらなどのトッピングもあります。

更には、キャベチャ丼・ネギ丼といったサイドメニューも♪

麺の硬さ、味の濃さ、脂の量を、それぞれ3段階からお好みで選べます。

※初回は全て基本がお薦めです
※ラーメンは食券を渡す際に「塩で」とお願いすると塩ベースにすることができます

 

卓上調味料

卓上には、お馴染みのコショウニンニクなどに加え・・・
ショウガ・豆板醤といった家系の定番アイテムがズラリと揃います!

個人的には、ブラックペッパー・ニンニク・ショウガはマスト。
好きな人は豆板醤もアリかと思います。

 

混ぜずにいきなり啜れる、家系仕立ての油そば。 自分好みに味変もOK♪

いよいよ登場、こちらが ネギ油そば です。

お皿に乗って登場するうえに、麺の太さやネギや海苔の存在もあって、和風パスタのようなビジュアル

中央にウズラが乗るのもキュートですね~

こちらは既にタレを和えた状態で供されるので、混ぜずにそのまま食べられます!

モッチリ食感がたまらない太めの麺をズルズルと…旨いっ♪(´ε` )

旨味タップリのタレをまとった麺を、シャキシャキのネギと共に啜ると格別の味わいに。

シンプルな組み立てながら、なんともハマり度の高いこの旨さ。

思わず一気呵成にお皿を抱えて啜っちゃいます(笑)

ある程度食べたら、ブラックペッパー・お酢・ラー油などで味変をキメるのもお薦め。

今回はブラックペッパー→ゴマ→豆板醤といった流れでチョイ足ししていきました。

入れ過ぎは禁物ですが、旨くて楽しいです^^

 

小キャベチャ丼

こちらは家系サイドメニューの定番、キャベチャをゴハンに乗せた 小キャベチャ丼

もはや説明不要のこの旨さ (o^^o)
旨味タップリの角切りチャーシューに、シャキシャキ・優しい甘さのキャベツがタップリと。

こんなに食べ応えが有って180円というお値打ちプライス!

ラーメン&油そばのお供にバッチリですよ~^^


 

ラーメンの旨さは言わずもがな!
油そばも間違いない味なので、壱家家ファン&油そばファンの方々は是非とも一度お試しを (^^ゞ

噂には聞いたものの、なかなか商品としては登場しない つけ麺 も、いつかリリースして欲しいなぁ~

とにかく安定感が高いので、何を食べても安心です♪

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

4 チャーシューメン(濃いめ・硬め)(2018年5月)

総本山を含む本場3軒のハシゴを経て。果たして我らが壱壱家をどう感じるのか?

 

実は先日、横浜入りする機会があり
家系の総本山・ルーツである ”吉村家” と、その流れを汲む人気店をハシゴしてきました(笑)

 

吉村家

 

田上家

 

末廣家

改めて本場クオリティを確かめたうえで、我らが地元 「壱壱家」 をどう感じるのか?

ちょっとドキドキしながら、再訪してきました。

 

福岡で味わえることに感謝! 血脈と覚悟無しに、家系の冠は掲げられないっ

さぁ、やってきました チャーシューメン。
今回は、(味)濃いめ+(麺)硬めでお願いしました。

いつもながらビシッと決まったビジュアル。
立ち上る鶏油の香りで、食欲は一気にスイッチオン (^^ゞ

まずはスープをズズっと・・・むは~っ、旨いっ♪(´ε` )

ガッツリと力強い味わいでありながら、ツンツンと尖ったところがない円やかな味わいです。

濃いめにしたので、風味豊かな醤油ダレの味わいがクッキリと。
コクまろ&ショッパ旨い感じがやみつきになります(笑)

合わせるのはツル&モチの中太麺
グムっと跳ねるような硬めが好みですが、実は柔めもオツだったりします。

以前、店主さんに薦められて試してみたのですが、ちょっとした驚きでした (^^ゞ

1/3ほど食べたら、ブラックペッパー → ニンニク → ショウガの順で味変していくのがめんむすび的パターン。

ニンニクは入れ過ぎない程度に。ショウガが少し多めでいくのが僕らの流行りです。

 

ラーメン(塩)

裏メニューの塩バージョン。 濃厚スープとキレの良いタレがやみつきの旨さ♪

こちらは、ラーメン(塩)
オーダーする際に 「塩でお願いします」 と言うとこちらで供されます。

想像以上に趣が変わってコレまた実に旨いっ (о´∀`о)
スープの旨さがより際立つイメージで、濃厚だけどキレの良い味わいです。

是非とも一度、基本のバージョンと食べ比べてみるべし!
こちらがやみつきになる人も少なくないハズです。

 

キャベチャ丼

壱壱家に来たら、欠かさずオーダーする キャベチャ丼 & 小ねぎ丼

タップリチャーシューキャベツを特製のタレで和えてからゴハンにオン。

チャーシューのコク、キャベツの食感と甘み、全体を包むタレの味わい。

ホント旨いっ♪( ´▽`)
ミニサイズもありますよ~

 

小ねぎ丼

こちらは小ねぎ丼
シャキシャキと爽やかな白ネギがタップリ。
塩との組合せがおススメです!

今日は「濃いめ」でいきましたが、丼と一緒に味わう時はラーメンの濃さ=普通が丁度良いと思います (^^ゞ


 

今回はちょいドキドキ、同時に興味津々で再訪したのですが・・・

いや~、博多にオープンしてくれて良かったぁ\(^o^)/
この味を博多で楽しめることに、ホント感謝ですね♪

安定感高く店づくりもキッチリ
もっともっと多くの方に、家系の味を、壱壱家の味を知って欲しいと切に思います。

是非とも一度お試しあれ!

次回はネギチャーシューを海苔増しでリピしよっと。

 

3 ネギチャーシューメン 海苔増し(2017年11月)

本場の味を知る方々も納得♪ ”家系”を掲げる壱壱家がいよいよ1周年

2016年11月28日のオープンから1年!
博多の地で着実に、家系の文化を広めている壱壱家。

本場 関東の味を知る方に 「博多でどこか家系を食べられるお店は?
と聞かれたら、コチラをお薦めしております。

モチロン食後の感想も上々ですよ~^^

レビューはお久しぶりの公開ですが・・・
裏メニューである ”塩バージョン” を食べるなど、今年も何度か訪問させていただきました。

 

旨いものは見た目からして違う♪ ビジュアルも味もバシッと決まった一杯

今回もバシッと決まったビジュアルで登場!

こちらは、ネギチャーシューメン 海苔増し
今回は麺のかたさ、味の濃さ、脂の量は全てデフォでお願いしました。

スープはガツっと明確な打ち出しがありつつ、バランスの良い味わい。

「醤油とんこつ」と銘打って展開されているタイプに比べ、どこか骨太でシャープな印象です。
やっぱり旨いねぇ~♪(´ε` )

家系らしさは楽しませつつ、壱壱家はバランスの良さが特長。

更なるガツンを求める方は、味濃いめを選ぶのもアリだと思います。

食べ応えバツグンの中太麺は、存在感アリアリ

これまでに硬めと柔め両方試してみましたが、それぞれに異なる良さがありましたよ~^^

上質な厚切りチャーシュー、タップリ・シャキシャキの白ネギ

ウズラホウレン草、毎回増量して楽しむ海苔まで、隙の無い構成です。

ある程度食べ進めたら、粗挽きコショウ・ニンニク・ショウガで味変していくのがお約束です!

 

是非とも一度お試しあれ。やみつき度の高いネギ油そば

7~8割方オーダーしシェアして味わっているネギ油そば
これがまた旨いんだなぁ~(^^ゞ

お皿に乗って登場するので、一見すると和風パスタのようにも見えますが(笑)
一度食べるとやみつきの一品です。

塩梅良くタレと脂が絡み、シャキシャキネギ刻みチャーシューがアクセントに♪
ビールと一緒にいただくと更にウマいハズ^^

 

小ネギ丼&キャベチャ丼

こちらはシビれるほどラーメンによく合う、小ネギ丼&キャベチャ丼

チャーシューと共に、サッパリ旨い特製のタレで味付けしたうえでゴハンにオン。

鮮烈なネギの風味キャベツの食感と甘みが最高です (^o^)♪

小サイズでも結構なボリュームがあるうえにお値段もお手頃
食べずには帰れません(笑)


 

やっぱり壱壱家はアツい♪
福岡で家系を食べるならココ!」という方が多いのも頷けます。

初期に比べ、少~し馴染みやすくなったイメージもありますが
ガッツリと甘みが効いた九州の醤油とんこつとは、一線を画す味わい

毎回のようにキャベチャ丼と一緒に味わうので、組み合わせ方が難しいのですが・・・
次回はもう一度、味濃いめで食べてみようかな~(^^ゞ

まだ家系の魅力に気づいていない潜在的なファン層が博多には多数居ると思うので、これからもガッツリと啓蒙していって欲しいです!

 

2 チャーシューメン

ichiichiya-5

カスタムオーダーに挑戦! デフォの優れたバランス感を超える組合せは見つかるのか?

既に福岡における麺好きの方々が数多く訪問されており、非常に高い評判となっている ”壱壱家” へ。

オープンから1カ月弱での再訪です。

オープン時は半額&基本構成での提供だったので、今回は 「チャーシューメン」 「カスタムオーダー」 を楽しもうとの目論見。

デフォのバランスが極めて秀逸だっただけに、タレの量・脂の量・麺のかたさが変わるとどうなるのか?

興味津々です (^^ゞ

 

おしながき

ichiichiya-1こちらは2016年12月末のメニュー構成。

ichiichiya-3

オープン時は未提供だった、チャーシューメンなども楽しめます。

前回、写真が斜めっていたので再掲。

ichiichiya-2

麺のかたさ、味の濃さ、脂の量を、それぞれ3段階からお好みで選べます。

※初回は全て基本がおススメです^^

と言いつつ、今回は・・・

麺→かため
味→濃いめ
脂→多め

というMAXストロングチューンでオーダー(笑)

さてさて・・・

 

カスタムオーダーに挑戦! デフォの優れたバランス感を超える組合せは見つかるのか?

ichiichiya-5やってきましたチャーシューメン

うひょ~♪ チャーシューは厚手のものが+3枚に。

脂もガッツリになって迫力満点のビジュアルです!

ichiichiya-7

ではではかき混ぜつつ、スープをズズっと・・・うほ~パンチの効いた味わい^^

タレ&脂多めをチョイスしたので、ダシ感が控えめ&押し出しガツンなチューニングとなりました。

デフォのバランス感が素晴らしいだけに、もったいないと言ってしまえばそれまでですが、この変化もまた楽しみのひとつ。

ガツンな味わいだけに、より一層ごはんがススムこと請け合いです(笑)

ichiichiya-8麺の「カタメはもったいないだろうな~」と思いきや・・・

おっと、これはこれでアリですな。

より一層、ムチっとプツンと弾力感を楽しめ、ストロングチューンにしたスープとの相性もなかなかです (^o^)

ichiichiya-6

旨味の詰まったチャーシューは、間違いない旨さ。

定番具材の、海苔・うずら玉子・ホウレン草もウマいね~

さてさて、中盤からは味変を楽しみます。

ichiichiya-4

まずは粗挽きコショウをパラリ。濃厚なスープの旨さが引き立つねぇ~♪

にんにく。言うまでも無くベストマッチ。

今回はおろし生姜を初投入・・・おっと、これは想像以上!

パンチの効いたスープに、爽やかな輪郭を描いてくれます。

生姜おススメですよ~^^

 

キャベチャ丼

ichiichiya-9前回食べてハマったキャベチャ丼

ごはんの上に刻んだチャーシュー&キャベツが乗り、特製タレで仕上げたメニューです。

肉の旨味とキャベツの食感のハーモニーがやみつき♪

小サイズもあります。


 

結論、やはりデフォの秀逸なバランス感を改めて実感しました (^^ゞ

しかし、オーダーで9パターン + 豊富な卓上調味料で無数の変化と、トコトン自分好みに楽しめるのは嬉しいですね!

同じメニューでも、新鮮な気持ちで味わえます。

週1で通いたいやみつき感(笑)

 

「今度はどんなオーダーにしようかな~♪」と、すでに次回を目論見つつお店を後に。

うっかり未食のねぎ丼はマストだなぁ~

皆さんもぜひ、ベストオーダー&味変を楽しんでみてくださいね^^

 

1 ラーメン&ネギ油そば2016年11月

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-7

秀逸なバランス感が素晴らしい、家系の新星が登場

ニューオープンのラッシュだった11月を締め括る、期待の新店が登場!

福岡に於いて非常に稀少なジャンルのひとつである ”家系” のお店 「壱壱家@大博町」 が11/28(月)にグランドオープンを迎えました。

福岡で家系と言えば・・・

先駆者であり、今も愛され続けている 「入船食堂@住吉

本場関東の名店 ”武道家” をルーツに持つ 「無邪気@博多駅前

まずは、この2店が思い出されます。

 

家系は横浜発祥ご当地麺

この数年、首都圏で最も多くの店舗がオープンしたとも言われる非常に高い人気を誇るジャンルです。

その特徴として、

ごはんと共に味わうスタイル

麺の硬さに加え、スープの濃さ脂の量まで自分好みにオーダーできる仕組み

・馴染み深いトンコツスープに、醤油ダレ鶏油を効かせたスープ

といった点が挙げられ、”やみつき感の高さ” が大きなポイントです^^

 

アクセス

お店の場所は、福岡サンパレス国際センターのスグ近く。

大博通り 築港本町の交差点から、少しだけ千代方面へ入ったあたりです。

以前は 麺屋 黒船がんこもんラーメン があった場所。

少し前まで10円替玉の幟があった様に記憶していますが・・・ほんの一瞬で看板が変わっていたので驚きました (^^ゞ

 

店舗外観

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-1

周辺にはコインパーキングがいくつかありますが、並びと対面で大きく単価が違うのでご注意ください(汗)

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-6

オープンから2日間は、デフォのラーメンが半額&ライス無料という嬉しい特典が♪

 

おしながき

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-2食券制なので、まずは入って左手の券売機へ。

トッピングパターンが有りつつ、ラーメンは家系(醤油とんこつ)1本!

嬉しいことにネギ油そばもあります。

おっと、家系定番(しかし博多には無い)サイドメニュー、”キャベチャ” がある~♪

むむっ、丼ですと? 頂いときましょう^^

因みに、ねぎ丼も気になりますね~

1杯を存分に味わいたい気もしますが、油そばも気になるのでシェアして味わうことにしました。

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-3

もちろんオーダー時に、麺の硬さ ・ 味の濃さ ・ 脂の量 を選べる仕組み。

ですが、オープンから2日間は基本の設定で供されます。

もちろん最初はデフォがお約束。

それを知ったうえで、次回からお好みオーダーを探しましょう^^

 

店舗内観

奥行きのある店内は、長いカウンターのみの展開。

以前はどこか暗いイメージがありましたが、今回のお店は明るい印象があります。

お客さんが満員だったので、写真は割愛。

次回の訪問時に。

 

卓上調味料

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-5

卓上調味料は、豆板醤・生姜・にんにく・お酢等々、家系らしくバラエティ溢れるラインナップ。

慣れてきたら、味変を楽しむのもおススメです^^

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-4

これまたお約束である、ごはんの楽しみ方を読みつつ、着丼を待ちます。

 

ここで家系に出会えたら幸せ♪ 秀逸なバランス感が素晴らしい絶品スープ

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-7お客さんが多かったものの、手際よくスムーズに登場。

むむっ!

既に Good Looking な出で立ちが、アタリ感を醸し出しています。

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-9

まずはスープからズズっと・・・こりゃ旨いっ (^o^)

香り&旨み共にガツッとインパクトが有りつつ、非常にバランスの良い仕上がり♪

クオリティの高さに思わず頬がほころびます。

スープのコク、脂の効き方、タレの塩梅が絶妙にまとまっており、残念な家系にありがちな粗野な感じが全くありません。

らしさ” はキッチリ立てつつ、非常に食べやすい仕上がり。

 

だから、「家系?はじめて食べるよ」 という方にも非常にお薦めです!

お店の方から 「夜は濃度高めなんで良かったら試してみてください」 とのお話が。

おおっ、そういう変化も楽しいですなぁ~♪

オーダーの仕方、時間帯で、新たな魅力を楽しめる一杯。

通いたくなるね~^^

 

食べごたえある太めの麺は、滑らかな舌触りと心地良い弾力感がポイント

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-10麺は太めのストレート麺

滑らかな舌触りと、ムチムチとした弾力感がスープにバッチリ合います♪

食感・味わいともに非常に良い感じ^^

麺の旨さも大きなポイントですね。

次回はカタメを試してみようと思いますが、おそらくベストは普通かと思われます。

硬すぎない方が、スープとの馴染みが良いだろうなぁ~

 

茶+緑+白+黒 = 家系定番の具材がズラリと!

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-8具材は大きめのチャーシュー、ホウレン草、うずら玉子、海苔という、家系定番アイテムで構成。

無邪気と入船食堂は、ホウレン草が乗らないのですが、こちらはデフォで乗るようです。

確かに押し出しの強い家系スープには、ホウレン草が良く合うんですよね~♪

チャーシューも大きめで、しっかり肉感のある仕上がり。

食べ応え十分です!

 

有ると嬉しい、無いと寂しいうずら玉子もマストな存在^^

そしてある意味最も重要なアイテムである海苔

麺を巻いてよし、スープに浸してごはんを巻いてよし♪

次回は海苔マシにしちゃおうかな~

 

ネギ油そば

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-11こちらはネギ油そば

モチモチの旨い麺に、特製のタレ・辛ネギ・角切りチャーシューを絡ませていただくスープオフメニューです。

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-12

これがまた滅法旨いっ!!

見た目だけでは分かりづらいと思われますが、クオリティの高さが桁違いです。

ぼんやりとした油そばを食べて 「こんなもんか・・・」 と思っていた方が食べたら、思わず目を見開いちゃうかも?

今、現在進行形で食べられる油そばとして、No.1の旨さだと思います (^o^)

 

キャベチャ丼

%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3-%e5%a3%b1%e5%a3%b1%e5%ae%b6-14こちらはキャベチャ丼

ごはんの上に、刻みチャーシューキャベツタレで和えたものを乗っけたメニューです。

チャーシュー丼にありがちな甘ったるいタレではなく、キレのある味わいがメチャウマ♪

家系ラーメンのお供として、最高のめしモノですね^^

しかしネギごはんも気になる~


 

いや~、想像以上のクオリティにシビれました (^^ゞ

正直、明日すぐにリピしたいほど。

上手く説明しきれないのがもどかしいほど、ハイクオリティでバランスの良い仕上がり!

無邪気とはまた異なる魅力を持った一杯です。

 

家系ラーメンしかり、油そばしかり。

まだまだ稀少なメニューだけに、こちらのお店で初めて食べるという方も多いハズ。

最初にこんな旨い一杯に出会えると、グッとハマっちゃいますよね♪

初めての方にこそお薦めしたい優良店!!

もちろん家系好きな方も、きっと満足の旨さだと思いますよ~

早々にリピートしま~す(笑)

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

壱壱家