【豊前裏打会 萬田うどん@中央区薬院】 四季の野菜で旬を味わう♪お洒落なうどん屋さん

中央区薬院にある「豊前裏打会 萬田うどん」をご紹介します。

独創的な麺の旨さが特長の、うどん店グループ豊前裏打会

北九州の名店 「津田屋官兵衛」 に端を発する人気うどんブランドです。

そのDNAをしっかりと受け継ぎつつも…
萬田うどんはこれまでの裏打会のお店とは、ひと味もふた味も違うニュータイプ!

・テラス席ではカフェ&バー的な使い方もOK
旬の食材にこだわり、積極的に限定麺もリリース中
うどんを主軸としつつ、飲み系メニューも充実

といった特長を持つ、非常に個性的なお店です^^

 

5 とうもろこしのかき揚げ ぶっかけうどん【限定】(2019年8月)

萬田うどんの麺は、キラキラ&モチモチ&ギュイーンな仕様へとリニューアル!

2017年6月のオープンから2年と少し。

萬田うどんの麺が、より豊前裏打会らしさ・独特の食感を表現した 「キラキラ、モチモチ&ギュイーンな麺!」 へと、リニューアルしました^^

これまでの麺は”らしさ”も感じさせつつ、独創的なチューンという印象(^^ゞ

”豊前裏打会の独特な麺” にグッと寄った仕様がどうなるのか?
興味津々で訪問してきました!

 

アクセス

薬院六つ角から入った付近にお店があります。

近くには麺道はなもこし博多水炊き とり田 薬院店などが。

目と鼻の先には「ラーメン仮面55」があります。

 

店舗外観

少し奥まったところにありますが、お店へと導く通路白い暖簾が目印です。

 

店舗内観

店内は非常に広くテーブル席カウンター席があります。

店内奥には、半屋外っぽいテラス席も。

お洒落なカフェ的なつくりです。

 

セルフコーナー

お店の中ほどには、お水天かすなどを置いた、セルフコーナーがあります。

 

卓上調味料

卓上には、辛さや風味の異なる3種の唐辛子が。

 

おしながき

こちらは2019年8月時点のお品書き。

定番メニューも当然ながら熱いですが…
やはり 萬田うどん と言えば ”八百将(やおまさ)” から仕入れた、四季の野菜を用いた季節メニューに注目が集まります^^

2019年夏のラインナップはこんな感じ。

・とうもろこしのかき揚げ ぶっかけうどん

・ごろごろ夏野菜の「山形だし」と揚げ茄子のぶっかけうどん

・山わさびの濃厚昆布水つけうどん

・氷結とまとのすりおろしと揚げ茄子のぶっかけうどん

更にゴハンものツマミ系にも旬の味を取り入れています。
う~ん♪目移りするねぇ~(o^^o)

定番メニューも実に多彩。
かけ、ぶっかけ、ざる、釜揚げ、釜玉など、実にバラエティー豊かな構成です。

 

カラリと揚がった甘~~いとうもろこし♪ 新たな麺にもピシャっとハマる

まずは季節メニュー1つめ、とうもろこしのかき揚げ ぶっかけうどん です。

黒い丼に飴色がかった白い麺とうもろこしの黄色が実に鮮やかです^^

とうもろこしにかぶりつきたい衝動を抑えつつ、まずはリニューアルした麺から。

キラキラと輝く麺をズズっと…おおっ、確かにグッとベクトルが変わってる♪

元々、噛んだ時の弾力感はしっかり目のイメージでしたが、そこからのヒキと伸びやかさが大きく変化しました。

フルフル&モチモチとしていながら、驚くほどヒキのある麺まさに裏打会ならではのアプローチ。

以前よりグ~ッと、僕らの好みのタイプになりました (^^ゞ

麺にツユをぶっかけてツルツル。
ネギ鰹節大根おろしなどを絡めてズルズル。

そしてとうもろこしの天ぷらをガブリとかぶり付きつつ…甘くて旨いっ!!

カラっと揚がった天ぷらは、油くささや重さを感じさせない、ハイクオリティな仕上がりです♪(´ε` )

ツユは上質だけど過度に主張せず、麺や具材の味を引き立てる感じですね。

 

4 山わさびの濃厚昆布水つけうどん【限定】(2019年8月)

続いて2つめは、山わさびの濃厚昆布水つけうどん です。

全国クラスのつけ麺ではお馴染みになりつつある ”昆布水つけ” という概念。
しかし意外にも うどん となると…初耳かも?

まずは薬味も加えずに、とろりとした昆布水をまとった麺をツユに潜らせて。

濃厚な旨味滑らかな舌触りに心躍ります♪( ´▽`)

おろし生姜に見えるものは ”山わさび
辛さは極めて控えめで、胸がすくような清涼感フルーティーとさえ感じる風味の良さがステキです!

 

ごま油香る 半熟の卵天丼

ふと目にとまったメニュー ”ごま油香る 半熟の卵天丼

・サクサクと心地良い揚げ玉の香ばしさ
プリっと弾力感ある白身の滑らか感。
・とろ~り流れ出す、濃厚な黄身の旨味
そして、食欲を掻き立てる ゴマ油の香り

ついつい箸&レンゲが進むウマさですよ~(^o^)


 

僕らは2人とも新バージョンが間違いなく好み♪(´ε` )

季節メニュー&この麺の組合せは、萬田うどんの魅力をワンランク上に押し上げてくれるものですね。

次は秋に…と言いたいところだけど、氷結とまとのすりおろしと揚げ茄子のぶっかけうどん がエライ気になる~(汗)

早々にリピしようかな~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

3 すだち豚しゃぶおろしぶっかけ【限定】(2017年9月)

これぞ裏打会の進化系! ”らしさ”と独創性が交差するモッチリ麺

 

茹でたてなので、少しだけお時間が必要です。

いよいよ登場した、すだち豚しゃぶおろしぶっかけ
見目麗しいビジュアルにホレボレ (^^ゞ

ネギの切り方ひとつをとっても、そのこだわりが見て取れますね!

添えられたツユをかけ回し、早速ズズっと・・・こりゃ旨い♪

多加水でたおやかなこれまでの裏打会のイメージとはひと味異なる、モッチリ強めの弾力感

良さを受け継ぎながら、オリジナリティを感じさせる仕上がりです^^

ツユもほどよく重厚感のある味わい。
存在感の強い麺、個性溢れる具材に負けないバランス感を楽しめます。

 

ビジュアル&味わい共に凛とした佇まい♪ 旬の食材がうどんを更に旨くする

ある程度食べたら、スダチをギュっと絞って味変を。
香り高く、清々しい風味に胸がすくようです♪

豚しゃぶには大根おろしを絡めて。

しっかりとコクのある豚肉に、オロシのサッパリ感が加わりイッキにいける旨さです(^o^)

ビジュアル&味わい共に凛とした佇まいが、独自の世界観を生み出していますね!


 

大地のうどんを始めとする、福岡市近郊の裏打会とは
イロイロな視点において、異なる魅力を放つ新星!

市内の広いエリアで裏打会の味を楽しめるようになりましたが・・・
こちらには今後も、折々で足を運ぶことになりそうです (^^ゞ

既に秋の限定 第2弾も決定。
秋茄子、ヒラタケ、マイタケなどを用いた一品が、9月中旬から提供予定とのことです。

きのこ天もイイねぇ~♪
皆さんも、旬を味わいに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

2 やまいもぶっかけ(2017年6月)

 

1 肉ごぼう天うどん(2017年6月)

詳しくはこちらをタップ

豊前裏打会お約束の円盤状のごぼう天

スメは、スッキリとダシ感を生かした味わい。

かけの場合、より麺が柔らかく食べやすくなります。

博多うどんのやわ~~いうどんが好きな方々も、すんなり楽しめるうどんです。

肉は控えめの味付け

ガッツリ甘すぎたり、濃すぎないのでスメの味わいを壊すことなく、楽しめます。

ごぼう天は1枚1枚ほぐしながら頂きます。

スメを吸ったポヨポヨとした部分と、サックリとした部分の食感の違いを楽しむのがオススメ。

 

かしわおにぎり

こちらはかしわおにぎり

これが想像以上に激ウマ

土鍋で炊いたかのように、1粒1粒が立っています。

おこげもあって、満足度も高め。

ぜひ食べて頂きたい逸品です。


 

うどんも然ることながら、かしわおにぎりのおいしさに感激しました。

気になったテラス席は、昼はカフェ、夜はお酒が楽しめるそう。

とっても雰囲気が良さそうでしたよ!

お店も広いので、ご家族などの大人数にもオススメです。

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

豊前裏打会 萬田うどん

昼総合点