【麺庵えいと@久留米市東合川】 とんこつの聖地に現れた、ネオクラシックな一杯。

久留米市東合川にある、「麺庵えいと」 をご紹介します。

2020年4月にオープンした、いわゆる ”非とんこつ” のお店。
美しいビジュアルの、醤油ラーメン煮干しラーメンなどが味わえます。

 

特製 煮干らぁ麺(2020年6月)

ソフト&スムーズで食べやすいっ。 見目麗しき煮干しラーメンを味わう

毎年、3~4月は新ブランドがいくつもオープンを迎える時期。
しかし今年は新型コロナの影響により、通年の比にならないほど大変だったと思われます。

そんな大変な中でも、新たな一歩を踏み出してくれたお店のひとつがこちら。
とんこつラーメンの聖地、久留米において新たな時代の到来を予感させるニューカマーです^^

 

アクセス

久留米ICから500~600メートルほど。
200号線から1本入った路地にお店があります。

近隣には
らーめん八 
大龍ラーメン 
などのラーメン店があります。

 

店舗外観

パッと見、ラーメン屋さんには見えないシックな佇まい。
店外からも賑わう様子が見て取れます。

店頭には醤油つけめん提供開始のお知らせが。

 

おしながき

こちらは2020年6月時点のラインナップです。

大別すると麺メニューは3種
醤油らぁ麺
煮干らぁ麺
醤油つけめん

鶏節と鮭節のぶしごはんなどのゴハンものも。
思わず支那そばやを思い出します^^

まずは手堅く、醤油から入ろうと思っていましたが…
ニボ好きとしては、思わず煮干をポチってしまいました (^^ゞ

 

店舗内観

お客さんが多かったので内観は割愛で。

素材などのこだわりを読みつつ、着丼を待ちます。

 

混んでいたこともあり、少々待っていよいよ着丼。
こちらは 特製 煮干らぁ麺 です。

極太メンマが目を引く、見目麗しき出で立ちです♪( ´▽`)
ふわりと柔らかに漂う煮干しの香り。

スープをひと口啜ると…スムーズで優しい味わい。
少しボディが細身ではありますが、上品で食べやすく仕上がっています。

醤油ダレも強く前に出過ぎず、バランス重視でまとまった印象。
適度な油のコクが、厚みを与えています。

合わせるのは全粒粉が練り込まれた、中細ストレート麺
モッチリたおやかな食感が印象的です。

特製をチョイスしたので具材が豪華♪
なんといっても目を引く、極太のメンマは歯ごたえが心地良く食べ応え抜群^^

低温調理の豚肩ロース?鶏むね肉という2種が盛り込まれる、ネオクラ系の構成です。

そこに刻み玉ネギをプラス。
優しい煮干し感に合わせ、細かめに刻まれているようです。


 

九州ではまだまだ数少ない、現代版 醤油ラーメン=ネオクラシック系を表現した感のある一杯。

攻めっぷりより、まとまりと食べやすさに重きが置かれているイメージで、醤油ラーメンに馴染みの薄い福岡の人にも入りやすそう (o^^o)

この日も女性のお客さんが多く、既に認知・人気が広まっているようです♪

改めて醤油やつけめんも食べてみたいなぁ~

 

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニュー・価格・サービス内容・営業時間・定休日などは、変更されている場合があります。
遠方から来店される際などは、必要に応じて事前に公式HPやお問合せにてご確認ください。
また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
 

店舗情報はこちらから

麺庵 えいと