【竜里@佐賀県唐津市】 かの名店、一竜軒をリスペクトする上質な一杯

佐賀県唐津市にある、「竜里」 をご紹介します。

2016年12月末、伝説のラーメン店といっても過言ではない、あの 「一竜軒」 が閉店。

小倉~唐津で通算50年
数多くのファンに愛された名店のラストはあまりにも突然でした。

それから約3カ月ほど
一竜軒の跡地に、「竜里」 という名の新店が登場しました。

経緯の詳細は分かりませんが、「HENOさんのブログ」 で拝読した情報によると、一竜軒に麺を納品していた方が始められたとのこと。

時を同じくして登場した 「一光軒@唐津」 と共に、一竜軒閉店の後に2つの新ブランドがスタートを切りました。

 

2 チャーシューメン+月見(2019年7月)

名店の魂が息づく、味わい深きとんこつラーメン。新登場の卵黄と大いに楽しむ

少々ご無沙汰しておりましたが、その後どんな感じなのかずっと気になっておりました。

一真軒@小倉北区大畠」 をはじめ…
圭順@門司区黄金町」 そして、「一光軒@唐津」 やこちらの竜里。

それぞれに背景などは異なるでしょうが、伝説のラーメン店 ”一竜軒” の味をリスペクトするブランドはどれもハートに響く味わい

年をとればとるほど、その魅力にドップリはまっている気がします (^^ゞ

 

アクセス

西唐津駅から1キロほどの場所。
唐津南高校前交差点から、1キロほど西唐津駅方面へ進むと左手にお店があります。

 

店舗外観

一竜軒の雰囲気を受継いだファサード。

店頭に数台分の駐車スペースがありますが…

お店を背にして左斜め前の路地を進むと、その先(高架下)にも駐車場があります。

 

店舗内観

ノスタルジックな雰囲気の店内。

中央にはお馴染みの、紅生姜&唐豆があります。

 

おしながき

こちらは2019年7月時点のお品書き。

基本はとんこつラーメンですが、新たに つけ麺 も登場。
トッピングの月見(卵黄)なども登場していました。

つけ麺もメッチャ気になるけど…
今日は ふくめん2号 を置いてきたので流石に2杯は無理(汗)

お久しぶりなので、素直にチャーシューメンをチョイスし、月見をプラスしました。

 

卓上調味料

卓上にはコショウがスタンバイ。

 

名店の魂が息づく、味わい深きとんこつラーメン。新登場の卵黄と大いに楽しむ

いよいよ着丼、こちらが チャーシューメン+月見 です。

うんうん、ビジュアル良し&香り良し♪
これは期待できそうですよ~

早速スープを啜ると…うん、旨いっ (o^^o)

今は無きあの味を思い出させつつ、グッと円やかでマイルドな口当たり。
しかし薄っぺらさはなく、じっくりと味わい深い一杯です。

スープのダシ感タレの決まり方脂の量、どれもが絶妙なバランス

佐賀ラーメンのチャームポイントである、卵黄とも実に上手くマッチしています♪(´ε` )

もっちりとしたやや太めストレート麺
ふくよかなで力強い味わいのスープと良くなじむ、ソフトタッチがなんともイイ感じです^^

ある程度食べたら、麺に卵黄を絡めて
スープのダシ感コッテリと濃厚な卵黄のコクが重なって、これまら趣のある味わいに。

味のルーツである小倉と、お店が有る佐賀が上手いことコラボレーションしてますね (^-^)


 

初回に訪れた際はオープン早々であったため、その実力を確かめることが難しかったのですが(汗)

今回はその魅力をしっかり、じっくりと楽しむことができました\(^o^)/

竜里一光軒の両方が楽しめる唐津市
実にうらやましい限りです (^^ゞ

福岡市では食べられない、ソウルフルなとんこつラーメンをもっともっと多くの人に楽しんで欲しいですね!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 チャーシュウメン(2017年4月)

ビジュアルもベクトルも? 一竜軒のイズムを感じさせる新たな一杯

 

一竜軒の跡地に、「竜里」 という名の新店が登場しました。

経緯の詳細は分かりませんが、「HENOさんのブログ」 で拝読した情報によると、一竜軒に麺を納品していた方が始められたとのこと。

時を同じくして登場した 「一光軒@唐津」 と共に、一竜軒閉店の後に2つのお店が登場した形となりました。

気になりつつも3月末はワタワタ(汗)

少々遅れましたが、初訪問してきました。

 

一竜軒を彷彿とさせるビジュアル。とんこつのインパクトはガツっと

着丼した一杯は、赤身がやや強めの褐色

やや色が濃いイメージもありますが、ビジュアル的に一竜軒を彷彿とさせます。

とんこつアロマが際立ったスープは、結構パンチが効いた仕上がり。

ただ深みはあまり感じられず、最初のインパクトがすっと引くイメージでした。

 

デフォでカタメの仕上がり。存在感か馴染みかは好みの問題か

麺はやや太めストレート

硬さをオーダーしている人もいましたが、とりあえずはデフォでいただきました。

ややゴワっと感のあるカタメの仕上がり。

存在感のある麺ですが、スープとの馴染みはもう一つというイメージでした。

 

赤身の噛み応えを楽しむチャーシューは、+100円とお手頃価格

チャーシューは赤身系でしっかりとした歯ごたえのタイプ。

伝統ですね。

+100円で結構増えるのでおトクだと思います。


 

一竜軒にと比較してどれ位近いか?遠いか?

それを論じられるコアなファンではないので、勝手なことは言えませんが・・・

ビジュアルといい、味わいのベクトルといい、確かにそのイズムを感じる一杯だと思います。

オペレーション面などは現時点で止む無しなのかも。

まだ看板も暖簾も掲げていないお店を訪れるということは、それを承知で入るべきなのかも知れないと思います。

一竜軒のように長く、多くの方に愛されるお店になっていくと良いですね~

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

竜里