【豚骨セワン@中央区天神】 鹿児島発のブランドが、本場博多に逆輸入!

中央区天神にある、「豚骨セワン」 をご紹介します。

2019年7月にオープン。
フレッシュでクリーミーなとんこつラーメンを味わえるお店です。

鹿児島発祥のラーメン店 「博多喜喜」 のグループ店
”博多ラーメン”の冠を持つ新ブランドが福岡に逆輸入されました。

 

ラーメン (2019年10月)

バランスに秀でた一杯。キチンと丁寧に作られた感が好印象♪

活動するエリアから 「遠いか遠くないか?」 というのは、お店との縁において大きなポイント。

しかし 「遠くはないけど、気軽に行きづらい」 というエリアもありまして…^^;

こちらの豚骨セワンがある、日本銀行 福岡支店の裏手もそんなエリア。

周辺のコインパーキングがやたら高いうえに、満車で停められないことも少なくない…
車移動がメインの僕らには、ちと行きづらいエリアなんです(汗)

少し前に訪れた際も、周囲の駐車場が全滅で出直し。
ようやく味わうことができました (;^_^A

 

アクセス

天神にある日本銀行 福岡支店。
その裏手にお店があります。

以前は 「担々麺 梟 天神店」 があった場所です。

 

店舗外観

セワン” の文字が目を引く、シンプルな出で立ちのファサード。

ちなみに ”セワン=世界一” 的な意味だという話をどこかで見たような…
違ってたら申し訳ないです^^;

ちなみにこちらは 「博多喜喜」 の天文館本店。
先日、鹿児島の天文館を歩いていたら偶然発見しました。
なるほど、ここがルーツなんですね~

 

おしながき

まずは入って右手の券売機へ。
こちらは2019年10月時点のラインナップです。

ラーメンはとんこつ1本
チャーシュー、のりネギ、煮玉子とトッピングも絞り込まれた設定。

チャーハン餃子の単品、セットメニューもあります。

ラーメンだけのつもりが、ついついチャーハンセットをポチリ^^;

 

店舗内観

店内は10席ちょいのカウンター席のみで構成。
お客さんが並んでいたので写真は割愛です。

カウンターにはこんなお知らせが。
スープの新鮮さ” にこだわりがあるようです^^

 

卓上調味料

卓上にはコショウゴマなど定番のアイテムが。

 

バランスに秀でた一杯。キチンと丁寧に作られた感が好印象♪

いよいよ登場、こちらがデフォの ラーメン です。

シックで落ち着いた佇まい。
丼のタイプなどはイマドキですが、飾らない雰囲気はどこか老舗のようです。

スープをひと口…うん、ウマい^^

クセのない味わいでバランスに秀でた一杯。
キチンと丁寧に作られている印象です。

合わせるのは極細のストレート麺
これ位細いとやはり、カタ麺以上が良さそうなイメージ。

シュルシュルと啜りやすく&シャッキリ歯切れの良い仕上がりです。

具材はチャーシュー、キクラゲ、ネギとシンプル。

これなら 「とんこつは苦手…」 という方にも、きっとおいしくいただけるでしょうね♪

こちらはセットの 半チャーハン
しっとり&ホクホク、こちらも丁寧に作られている印象。

「そっとオトモとして寄り添う」 というより、一皿でキチンと成立している味だと思います。

写真では伝わりにくいかも知れませんが、ボリューム感もなかなか
半チャーハンの量は、お店ごとにかな~りバラつくので、食べ応えあるとお得感が増しますね (^^ゞ

立地を考えると、ラーメンとセットで1,000円は妥当なコスパだと思います。


 

現代版 博多ラーメン の王道を行く、全方位向けの一杯。

丁寧な仕事ぶりをイメージさせる一杯は、お味の方もキッチリ納得感あり。

フレッシュ感のあるクリーミーとんこつ+もう一つの強烈な個性が掛け合わされば、大化けする可能性を秘めていると思います (o^^o)

これは蛇足かと思いますが…初めて見た時から、どうしても こちらの一杯 にデジャブを感じます。

現代の定番的ビジュアルだから、そう感じるのかも知れないですね~(^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

豚骨 セワン