【博多中華そば 元祖@博多区西月隈】 進化系ガンソインスパイア=甘ウマ中華そば現る

博多区西月隈にある、「博多中華そば 元祖」 をご紹介します。

2019年2月にオープンした、中華そば(醤油ラーメン)の専門店。

その名が示す通り、”中華そば版ガンソ” といったアプローチ。

お手頃な価格サクッと中華そばを楽しめます。

 

1 博多中華そば+替チャーシュー(2019年2月)

甘うま醤油スープ+細いバリカタ麺。 熱々ウマい、博多風中華そば♪

そのインパクトある店名に興味津々 (^^ゞ。

事前情報は、「中華そばのお店であること」

おそらく 「オープン日は2/27」 ということ。

「果たして予定通りオープンしているのだろうか?」

半信半疑で訪れてみました^^;

 

アクセス

3号線 西月隈3丁目交差点のすぐそば。
半道橋方面へ向かうと左手にお店があります。

お隣には 「博多一幸舎 空港南店」 が。
以前、人力うどん 西月隈店 があった場所です。

 

店舗外観

赤を基調としたシンプルなファサード。
もちろん専用の駐車スペースが完備されています。

 

おしながき

まずは入って正面にある券売機へ。
こちらは2019年2月時点のラインナップです。

ラーメンは、博多中華そば1本!
ワンコイン(500円)とお手頃な設定です。

替玉、替チャーシュー、替もやしはあるものの、味玉などさえ置かないシンプルさ。
なんとも潔い構成です。

変化系ガンソインスパイアということで…
僕のガンソオーダーの定番、「ラーメン+替肉」 をいただきました^^

 

店舗内観

すっきりとシンプルな構成。
この後、続々とお客さんが入ってきて、なかなかの賑わいを見せていました。

1人でもテーブル席へ。
混んできたら相席というパターンだと思われます。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ替玉用のタレが。
徹底したシンプル構成ですね。

 

甘ウマ醤油スープ+細いバリカタ麺。 お手軽に楽しめる博多風中華そば♪

比較的スムーズに着丼。
こちらは 博多中華そば替チャーシュー をプラスしたものです。

クラシカルデザインの丼がしっくりくる、懐かしさを感じるいで立ち。

早速スープを啜ってみると…アチチ(汗)
うん、こりゃナカナカですな^^

九州人にピタっとくる、甘ウマでホッコリするチューニング。

タレがギュイっと&脂多めなので、想像以上に打ち出し強めです。

懐かしさを加速する、特有の後味が実になんとも面白いですね。

麺は、バリカタまで選べる細いストレート麺

シュルシュルと啜れる潔い食感が楽しいねぇ (o^^o)

肉肉しさをガッツリ楽しめるチャーシュー、シャキシャキもやし
熱々スープが馴染んでイイわぁ~。

甘うまテイストなので、もちろんコショウとの相性もバッチリ♪

気持ち多めくらいが昭和っぽくていいかも知れません(笑)


 

「どんな一杯が出てくるのかな~(汗)」 と、半信半疑で訪れたのですが…
なかなか楽しめました。

まさか ”中華そばのガンソインスパイア” が登場するとは…斜め上の展開でした (^^ゞ

地鶏らーめん はや川@玉川町」 の様な研ぎ澄まされたタイプとは大きく異なるアプローチ。

ラーメンは自由度と懐の広さこそが身上ですから…

こうして色々なタイプの醤油ラーメン・中華そばが登場することは、シンプルに面白いと思います^^
※はや川の醤油は、現在お休み中です

シンプルさがポイントだけに難しいかも知れませんが…

あと一歩、大きな個性を手に入れたらもっと面白い存在になりそうです^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多中華そば 元祖