【らーめんや天金 四条店@北海道旭川市】 創業約70年!旭川ラーメンを代表する一杯。

北海道旭川市にある、「らーめんや天金 四条店」 をご紹介します。

昭和27年(1952年)創業。
約70年の歴史を持つ、旭川ラーメンの老舗ブランドです

蜂屋青葉と共に、旭川ラーメンのシンボル的な存在
こちらの四条店に加え、あさひかわラーメン村にもお店があります。

ちなみに人気の 居酒屋 天金 はグループみたいですね^^

 

実食メニュー

1 チャーシューメン 正油(2020年8月)
2 ハーフラーメン 塩(2020年8月)
3 お子様ラーメン 味噌(2020年8月)

「スッキリ淡麗な醤油とは一線を画す。 この頼もしさこそ旭川醤油の醍醐味♪」

旭川と聞いて最初に思い出すのは、旭川ラーメン、そして旭山動物園

という訳で、旭山動物園を訪れる前に、まずは旭川ラーメンの天金腹ごしらえです (^^ゞ

 

アクセス

旭川駅から1キロほど。
表通りから、ちょっと路地に入った場所にお店があります。

店頭には駐車スペースが。
中途半端な時間にも関わらず、満車という盛況ぶりです。

道路を挟んで向かいにも、提携駐車場があります。

 

店舗外観

落ち着いた雰囲気のファサード。
イイ感じに打ち出された看板が目を引きます。

 

おしながき

こちらは2020年8月時点のお品書き。

正油、味噌、塩と、3大ジャンルが揃い踏みなのは札幌同様ですが…

札幌の主軸を味噌とするなら、やはり旭川は正油(醤油)でしょう♪

醤油、しょうゆ、正油…と、旭川のお店でも表記はバラバラですが…
なぜか旭川ラーメンでは、”正油” と表記するイメージがあります^^;

という訳で、もちろんオーダーの主役は正油としつつ。
今日は助っ人が居るので、味噌もいただいてみました。

子供用&ハーフサイズの設定があるだけでなく、値付けも実に良心的。

一般的には、デフォの料金=-50~100円というイメージですが、なんと500円・550円と激安!
家族連れに対する深い愛を感じます♪

素晴らしいねぇ╰(*´︶`*)╯♡

いくらごはんや、山わさびごはんといった、北海道らしい飯モノにも魅かれますが…後があるのでグッとガマンです^^;

 

卓上調味料

卓上にはコショウ一味唐辛子が。
博多に比べぐ~んとシンプルな構成です。

 

メニュー① チャーシューメン 正油

スッキリ淡麗な醤油とは一線を画す。 この頼もしさこそ旭川醤油の醍醐味♪

こちらは チャーシューメン 正油
肉肉しいチャーシューが敷き詰められた褐色のトーンと、青い丼のコントラストが印象的です。

表層を脂が覆うのでもうもうと湯気が上がることはありませんが、醤油ダレの香ばしい香りがグッとハートを掴みます♪

まずはひと口、ズズっと…うん、旨いっ (o^^o)

豚骨を主軸に鶏などを合わせて炊き上げたというスープ。
その出汁感醤油ダレ油のバランスが絶妙にマッチしています。

脂を活かしたパンチのある味わいは、札幌醤油とも通ずるものがありつつ…
こちらは醤油ダレの円やかさとキレで、もう一歩抜きん出るイメージ。

脂が重要な存在であるのは札幌と同様ですが、こちらの方がよりマイルドかな?
脂の使い方が違うのかも知れませんね。

どこか純朴でおとなしい印象だけど、実は懐が深くて頼もしい!
そんな印象です (^^ゞ

合わせるのは中太・低加水のちぢれ麺
同じ低加水であっても、僕らが食べ慣れた九州の麺とはグッと異なる趣があります。

プリっと&ムチっと、なんとも独特の歯切れが面白い^^
打ち出し強めのスープと、意外にガップリ噛み合っています。

表層にイイ感じで脂が浮かぶので、脂身控えめのチャーシューとのマッチングも上々。
噛み応えある食感と、麺の歯切れのコントラストも楽しいです♪(´ε` )

 

メニュー② ハーフラーメン 塩

こちらは ハーフラーメン 塩
スープの香りと味をズバッと楽しめる仕上がりが印象的 ♪( ´▽`)

存在感ある中太麺とも、なんなくハマる懐の深さ。
クリアな淡麗系塩ラーメンとは異なる、どっしりと頼もしい味わいが特長です。

もちろん脂のチカラも大きいでしょうが、ベーススープのダシ感の存在が大きいのかも?
かなり気に入りました!

 

メニュー③お子様ラーメン 味噌

こちらは お子様ラーメン 味噌。
ふんわり柔らか、ふくらみのある味わいがイイですね~^^

個人的にお薦めの順番を挙げるなら、正油→塩→味噌 ですが、こちらもクオリティは充分。
札幌の味噌に比べ、おだやかな味わいに好感が持てます。


 

醤油、味噌もモチロン旨いですが…
やはり旭川ラーメンらしさを一番感じられるのは正油!

きっと気分と先入観だけではない…ハズ(笑)

全国的に ”醤油ラーメン” と呼ばれるタイプとは一線を画す一杯
一度味わえばきっと、旭川ラーメンの矜持が伝わると思います (о´∀`о)

ちなみに日本の三大ラーメンと言えば?
札幌ラーメン(北海道)
喜多方ラーメン(福島)
・そして我らが、博多ラーメン(福岡)

ですが…

北海道の三大ラーメンとなると?
札幌ラーメン(主に味噌
旭川ラーメン(主に醤油
函館ラーメン(主に
というイメージが一般的。

去年は喜多方を訪れて、「坂内食堂」 をはじめ…
まこと食堂、食堂なまえ、喜一、あじ庵食堂といった喜多方ラーメンを堪能したので

※喜多方ラーメン
坂内食堂(肉そば)

まこと食堂(中華そば)

食堂なまえ(中華そば)

喜一(日本海藻塩チャーシューメン)

あじ庵食堂(こってりチャッチャ しょうゆ)

 

今年は北海道の三大ラーメンを、札幌→旭川→函館で♪

もちろん博多ラーメンは、日常的に食べとりますので(笑)
これで三役揃い踏み (^^ゞ

最近はお取り寄せラーメンも色々と楽しんでいますが…
北海道のラーメンは、お土産ラーメンの文化が強いせいか少ない印象。

半生&乾燥麺&濃縮スープのタイプは、メンムスビのお取り寄せ 基本レギュレーションから外れるので、なかなかご縁が無く(汗)

こうして現地で食べられるのは嬉しい限りです。
天金も乾麺タイプは、ネットで販売されているんですよね~^^;

遠くに居ながら手に入るシアワセと、現地に来てこそのシアワセ
どっちがいいかは悩ましいところですね (^^ゞ

 

View this post on Instagram

. らーめんや天金 四条店@旭川市 ①チャーシューメン 正油 ②お子様ラーメン 味噌 ③ハーフラーメン 塩 旭川ラーメンを代表する、人気ブランド。 醤油ダレの香りと旨味がギュギュッと沁みる どこか素朴で力強い一杯です(o^^o) 味噌や塩ももちろん旨いけど、 確かにこの味は、正油が一番ピタッとくる♪ 旭川では、醤油ではく“正油”なんですよね^ ^ #らーめんや天金 #天金 #味噌ラーメン #醤油ラーメン #塩ラーメン #旭川市 #メンムスビ #ラーメン #北海道ラーメン #旭川ラーメン #ramen #拉麺 #旭川ランチ #旭川グルメ #ラーメン女子 #ラーメンインスタグラマー #麺スタグラマー #麺活 #ラー活 #ラーメン好き #ラーメン巡り #ラーメン食べ歩き

A post shared by メンムスビ 〜おかわり〜 (@menmusubi) on

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニュー・価格・サービス内容・営業時間・定休日などは、変更されている場合があります。
遠方から来店される際などは、必要に応じて事前に公式HPやお問合せにてご確認ください。
また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。

店舗情報はこちらから

らーめんや天金 四条店