【一風堂 塩原本舗@南区塩原】 一風堂の礎を支えた伝説の2号店に激レアメニューが!

南区塩原にある、「一風堂 塩原本舗」 をご紹介します。

1994年にオープンし 「一風堂創業期の屋台骨を支えた福岡エリアの2号店(公式サイトより)」という、由緒あるお店。

メインストリームである ”一風堂ブランド” の中で、○○店というネーミングではないのはココだけのハズ(笑)

 

8 焦がし味噌【限定】(2018年12月)

0.07%→0.15%に確変中! 127店舗中、2店舗だけで味わえるメニュー

僕の中では、塩原本舗=焦がし味噌といっても過言ではない訳でして・・・

公式サイトのメニューにも載らず、表立ってアナウンスもされない、まさに知る人ぞ知るメニュー

”焦がし味噌” の提供が今年も始まりました\(^o^)/

このメニューを通年で提供しているのは、東京の代々木上原店のみ

1/127店舗のメニューが、”寒くなってから暖かくなるまで” の間は、2/127店舗になります^^
※めんむすび調べ(日本国内の一風堂系ブランド数より)

「もう、そろそろ・・・イケるんじゃないか?」
1週間ほど前から、焦がし味噌の登場を考えてソワソワ(笑)

12/1(土)からか? 週明け 12/3(月)からか?
ビンゴ! 去年に比べ、3日早いスタートとなりました (^^ゞ

 

アクセス

九州大学 大橋キャンパスの近く。
日赤通り沿い、ロイヤルホスト塩原店と九州中央病院の間を左へ。

ひとつ目の信号(長浜ラーメンいってつの所)を右折して、60~70メートルほど進むと右手にお店があります。

 

店舗外観

閑静な街並みに溶け込むシックなファサード。
いつもの一風堂とはやや異なる雰囲気です。

お馴染みの看板が外されシンプルな出で立ちに。
提灯も無くなったようです。

お店の前にある駐車場には、6台分の駐車スペースが用意されています。

 

店舗内観

こちら塩原本舗が独特なのは、店名冬季の焦がし味噌だけではありません。

学生ラーメン=500円!(平日14~20時)」といった独自要素もございます。

こんな展示物も他店では見ることのないレアアイテム。
一風堂ファンにはタマリマセンね~(^^ゞ

ゆったりとした造りの店内。
手前にはいくつかのテーブル席が。奥には厨房に沿ってカウンター席があります。

 

卓上調味料

卓上には一風堂の定番、辛モヤシ・辛子高菜などなどが。
ラーメンにも、ゴハンにも、ツマミにもイイですね~^^

 

おしながき

と、ここまで塩原本舗の独自情報を多くお伝えして参りましたが・・・

グランドメニューは基本、通常の一風堂と同様です^^;

ラーメンは、白丸元味、赤丸新味、からか麺の3種をラインナップ。

そして冬季限定で・・・焦がし味噌もアリ\(^o^)/
※提供時期は毎年やや変動します。

 

爆炎から生み出されし漆黒のスープ。 味噌ラーメンはここまで進化するっ!

キタ~~っ\(^o^)/
お久しぶりのご対面、そそる香りとハードな出で立ちにテンション上がりまくりです (^^ゞ

漆黒のスープに映える、キャベツと水菜の緑、そして玉子の黄とナルトの白&ピンク。

いつもながらなんともアーティスティックなビジュアルですね。

漆黒の脂で覆われた表層を馴染ませつつ、まずはスープから。

・・・うん、美味いっ!!
300°の高温から生み出される、ビターで香ばしい特製ラードのパンチ。

じっくり味わうほどに旨さ広がる、円やかで味わい深いサラうまスープのコク

両者が織りなすハーモニーに、思わずメロメロ (о´∀`о)

いわゆる味噌ラーメンのイメージには決して留まらない。

一歩先行く、アグレッシブ&ハイパーなチューニングに脱帽です!

 

ハイパーなスープとガップリ組み合う! 存在感充分の平打ち麺も旨し

合わせるのは、ツルツル&モチモチの中太平打ち麺
この麺がコレマタ旨いんだよねぇ~♪(´ε` )

ハイパーなスープに飲み込まれない、豊かな風味弾力感

存在感を失うどころか、レンゲでグイグイと追いかけてしまうほどしっかり主張しています。

お馴染みの細麺でも、札幌風の極太ちぢれでもなく、この仕様。

素晴らしいマッチングだと思います!

 

白ゴハンをパートナーに? 色とりどりの具材が個々に良い仕事を

色とりどりの具材は、味の面でも良い仕事を。

シャクシャク感とほのかな甘みがステキなキャベツ、シャキッと水菜の清涼感

ネットリ旨い玉子の黄味と、ビターなスープのマッチングもたまりません。

スープの中にはコクを加速するひき肉がかくれんぼ。

サルページすると表層の七味と共に、更なるウマさを与えてくれます。

白ゴハンと共に味わうのも、バッチリおすすめ♪( ´▽`)


 

このメニューが来てからが冬本番!
塩原本舗で食べる焦がしは、いつ食べても安定しているイメージ。

五行で焦がしにハマった方も、未体験の方も。
この冬是非とも、塩原まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

僕の中では長年に渡り、福岡の味噌×不動のNo.1 となっております (^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

7 焦がし味噌【限定】(2017年12月)

塩原本舗冬の風物詩 ”焦がし味噌” が帰還! 今年は五行との食べ比べも?

 

そんな塩原本舗には・・・知る人ぞ知る一杯が。
焦がし味噌” という激レアメニューが冬季限定で登場します!

このメニューを通年提供しているのは、全国の一風堂でも ”代々木上原店” のみ

こちら塩原本舗では 「寒くなってから、暖かくなるまで(笑)」 という期間限定で味わうことができます。

僕らにとっては ”冬の風物詩” と言えるこのメニュー(^^ゞ
今年も12/4(月)~提供開始となりました♪

 

香ばしさに魂を奪われるっ♪ 300度を超える爆炎が生み出す一杯

今年もやってきましたこの一杯!
漆黒のスープに、ナルトピンク水菜の緑玉子の黄唐辛子の赤が映えますね~^^

表面が脂でコーティングされた焦がし味噌は、写真に収めるのが最も難しいメニューのひとつ。
今回もまずまずの写り・・・かな(笑)

丼からもうもうと湯気が立ち上ることはありませんが・・・くれぐれもご注意を。

300度を超える超高温で仕上げられたスープは、恐ろしいほど熱々!
うかつに啜ると、やけど必須でございます(汗)

レンゲですくってそろ~っと、ズズっ・・・熱~~っ!
しかしチカッパ美味~い\(^o^)/

いわゆる味噌ラーメンとは全く異なる香りと味わい。
食欲をいや増す香ばしい香り

味噌ラーメンとは思えないサラリとした口当たり
ビターなのに円やかコクのある味わい♪
コレコレ、これだよね!

洗練の極みともいうべき味噌ラーメン。
こんなメニューを生み出せる方は、紛れもなく天才ですね (^^ゞ

 

極めて滑らかな口当たりと啜り心地♪ 存在感バツグンの平打ち麺

合わせるのはスベスベと滑らかな、平打ちのストレート麺

舌触りが素晴らしく、モチっと心地よい弾力感が楽しめます♪(´ε` )

超個性派スープの中にあっても高い存在感を発揮。
本当に美味い麺ですね!

 

漆黒のスープに潜む3種のアイテムが、この一杯を更に味わい深く!

お馴染みのチャーシューも、このスープと共に味わうとまた格別。

しかし何と言ってもウマいのが、チャーシューの下に隠れたキャベツ♪

歯ごたえ良く仕上げられており、スープのビターな味わいキャベツの甘みが絶妙のコントラストを描きます (о´∀`о)

そしてクライマックスは、スープに隠れたひき肉刻み玉ねぎ

ジューシーなひき肉のコク甘くトロけるような玉ねぎの味わいがたまりません!

少量の唐辛子水菜の存在も、絶妙のアクセントです。


 

今年も最高!!
やっぱりこの一杯を食さずして、決して冬は越せませんなぁ~♪( ´▽`)

毎年欠かさずお世話になっている、塩原本舗の焦がし味噌ですが・・・
今年は背景に変化が。

一風堂のセカンドブランドであり、”焦がし” の代名詞である ”五行” が・・・
実に5年半ぶりに復活!!

11月、福岡空港のラーメン滑走路に ”1年限定” でオープンしました♪
※博多焦がし味噌専門 五行のレビューはコチラ 

五行の焦がし味噌と、塩原本舗の焦がし味噌
一度食べ比べてみて欲しいですね~(^^ゞ

僕らも五行に通いつつ、こちらも必ずやリピしたいと思います。

 

6 焦がし味噌【限定】(2016/12)

立ち上る爆炎が生み出す漆黒の焦がし味噌! この一杯を食べずして冬は越せない

 

5 一風堂からか麺 八辛 & 焦がし味噌 【限定】(2016/2)

一風堂塩原本舗 (1)

これぞ博多辛旨麺の代表! 極細のちぢれ麺で頂く一風堂ならではの一杯♪

 

4 焦がし味噌 【限定】(2015/11)

博多一風堂塩原本舗 (1)

今年は早めの登場!福岡ではココでしか味わえない「焦がし味噌」

 

3 博多つけ麺【限定】(2015/6)

一風堂 塩原本舗 (1)[1]トンコツ×魚介+心地良い酸味が夏にピッタリ♪一風堂のつけ麺

 

2 焦がし味噌ラーメン【限定】(2015/3)

一風堂塩原 (1)これは絶対にもんげ~な旨さ♪リピート必至の焦がし味噌

 

1 焦がし味噌ラーメン【限定】(2015/2)

博多一風堂塩原店 (1)味&薫り共にバツグン!炎が生み出す焦がし味噌ラーメン

 

店舗情報はこちらから

博多 一風堂 塩原本舗