【土竜が俺を呼んでいる@中央区大名】 絶品ラーメンと激レア焼酎を一度に堪能できる!

中央区大名にある、「土竜が俺を呼んでいる」 をご紹介します。

焼酎好き垂涎の銘酒がズラリと楽しめる&絶品ラーメンが大人気の隠れ家的お店。

白金にある ”焼酎バー 土竜” の姉妹店です。

 

4 冷しトマトラーメン 桃のせ【限定】(2018年7月)

芳しい桃がトマトスープとピッタリマッチ!? この調和はちょっとした奇跡かも

前回 ラー麦を活かした新メニュー「福岡新麺」企画で、”もぐ俺のまぜ麺” を楽しんだもぐ俺。

今回は前々から気になっていたレアメニュー ”冷しトマトラーメン 桃のせ” をお目当てに行って参りました♪

詳しくはこちらをタップ
アクセス

お店の場所は、大名の路地の中。
華風福寿飯店の所から、大名方面へ80メートルほど進んだ左手あたりです。

めんむすび的に言いますと、「味噌蔵 ふくべえ@大名」 を左手に見つつ・・・

博多屋台 幸龍@大名」 のすぐ先を左手に入る感じです。

 

店舗外観

路地を脇道へ入るとこんな感じ。

チョイ進んで右手を見ると・・・おおっ♪ 久々のもぐ俺。

そして目線を上にやると・・・このステキな看板が!

もはやココだけが新横浜ラーメン博物館の一角みたいですね (^o^)

古き良き、昭和の香りを存分に(笑)

 

店舗内観

店内は ”土足厳禁” なので、入口で靴を脱いで下駄箱へ

店内にはテーブル席カウンター席に加え、ちゃぶ台のお席まで♪

見ているだけで楽しくなる ”昭和の香り” が所狭しと並びます (^o^)

壁面には焼酎がズラリと並びます!

 

卓上調味料

卓上の様子がまたレトロ。

このトーンは、看板の無い人気店 「来来@飯塚」 と呼応する感じです^^

 

おしながき

もぐ俺はラーメン屋さんではなく、ラーメン居酒屋
飲んで、食べて、ラーメンで〆るのが基本です。

サーブに時間が必要だったり、状況によっては提供が難しいメニューも有ったりします。

パパっとラーメンを食べて帰る、シンプルなラーメン店というスタイルではないので、その点はご注意ください。

そんな訳でこだわりのオツマミもアレコレと。
とんこつ肉ドーフ焼きおにぎり等々、バリウマなメニューを楽しめます。

ラーメンはデフォである ”もぐ俺ラーメン
チャーシューメン的な位置づけの 肉ラーメン梅塩とんこつなどがあります。

今回のお目当てがコチラ。
提供状況は日によって異なるので、確実に食べられるとは限らないかも^^;

 

絶品おつまみチャーシュー

まずは飲物と、おつまみをチョイと。

絶品おつまみチャーシューから。
2種のチャーシューを盛り合わせたバリウマな一皿。

ガッツリと肉の旨味を楽しみつつ、モヤシとポン酢でサッパリといただけます(^o^)

やめられない&止まらない♪
うっかり独り占めして、えらいことになるところでした(汗)

 

うまいっ手羽

続いては、うまいっ手羽を。
なんともナイスなネーミング (^^ゞ

手羽をカラリと揚げて、コッテリうまいタレをまとわせた一皿。

名古屋の手羽先を思わせる甘辛テイストで、ビールがグビグビイケちゃうこと請け合いです♪

 

芳しい桃がトマトスープとピッタリマッチ!? この調和はちょっとした奇跡かも

ではでは季節限定メニュー、冷しトマトラーメン 桃のせを。

実に色あざやかなこのビジュアル♪
濃いオレンジ色のスープに白い麺ツヤツヤ&照り照りの桃
そしてバジルの葉がそっと。

桃も気になりますが、まずはやはりスープから。
ズズっと・・・おおっ、とってもスムーズなこの味わい♪

トマト系スープは、トマトが際立ちすぎて一本調子に感じることもありますが・・・
なんとも素直でバランスの良い仕上がりです(^o^)

では思い切って桃を・・・むう?こりゃウマイっ!
桃ならではの芳しい香り、そしてしっかりとした甘みがありつつ・・・違和感はゼロ。

ぶっちゃけ僕は、甘い系のテイストが入った食事が苦手なのですが(汗)
なんだこの自然な一体感は ♪( ´▽`)

甘い桃が、トマトソース&麺と何の違和感も無くマッチしています。

ピンボケしていたので写真は割愛しますが、実は桃の下にマル秘アイテムが。

トマト、バジル、クリームなどを合わせた、つぶつぶ食感ソースが潜んでいます。

おそらく全体を上手く繋いでいるのは、彼ではないかと(笑)

個性派同士がぶつかることなく、丼の中で気持ち良くハーモニーを描いています♪

あぁ。こういう人に、僕はなりたい(^^ゞ

 

肉ラーメン

こちらは、絶品とんこつラーメン・肉増しバージョンの 肉ラーメン です。

優しくも味わい深いとんこつスープが・・・むむっ!?

なんだかこれまでに比べググンとパワフルな味わい (о´∀`о)

優しさはそのままに、力強さがアップした一杯は思わず唸るほど美味♪

極厚&シットリジューシーなチャーシュー、その下にひそんだサックリ&ジュワっと厚切り大根

も、もぐ俺が更に進化しているっ♪(´ε` )


 

念願の一杯にようやくありつけた訳ですが・・・
正直、期待を更に上回る出来栄えに驚きです。

僕たちは年間に800杯以上とご対麺しますが、間違いなく記憶に残る一杯!

出で立ちのインパクトに留まらず、その旨さにシビれました (^^ゞ

是非ともみなさんに味わっていただきたい・・・と思いつつ、僭越ながら少しだけ補足を。

前段でも少し書きましたが、もぐ俺はいわゆるラーメン店ではありません

なので、「ラーメンだけを短時間で食べて帰る」というシーンにはマッチしません。

※補足:ラーメンのお客さんはNGという訳ではないですが、ラーメンだけ/それに近い予約は不可です。
上手くお伝え出来ず、もどかしいのですが・・・スミマセン(/_;)

実は僕たち自身、ラーメン居酒屋という形態のお店への入り方は今も悩んでいるのというのが現状です。

もぐ俺は慣れてきたのでリピートできていますが・・・
リピできないお店、行けないままのお店も少なからずあります。

「ラーメン1杯でもお気軽にどうぞ」というお店もあれば、当然ながらそれは困るお店もあります。
それぞれに事情・背景は異なりますので。

飲んで食べて〆にラーメンを食べればなんら問題ないのでしょうが・・・
車で立ち寄る/仕事中に訪れるといったケースがほとんどなので悩ましいところです(汗)

飲食店では、お客さんにも、お店さんにも選ぶ権利があると思います。
お互いにとって良い形で繋がれると良いですね^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

3 もぐ俺のまぜ麺【限定】(2018年3月)

優しくも味わい深い一杯♪ ムチッとたおやかな麺を思う存分味わうべし

 

ラー麦を活かした新メニュー 「福岡新麺」 企画。

もつ鍋焼麺@ラーメン屋 游
ゴマ薫る 空海ラー麦担々麺@拉麺 空海
元助流 醤油タンメン@博多元助
から揚げ弁当ご飯なし@麺道はなもこし

ラストとなる5杯目を飾るのがこちら。
夜はあまり動けないので実は、はなもこしからのハシゴだったりします (^^ゞ

楽しみだったメニューをイッキに2つも味わえるなんてシアワセ~♪

今回、福岡新麺の一つとして登場している ”もぐ俺のまぜ麺

現在のところ、2018年5月末までの提供予定です。

 

優しくも味わい深い一杯♪ ムチッとたおやかな麺を思う存分味わうべし

いよいよ登場! こちらが、もぐ俺のまぜ麺 です。

モッチリ艶やかな麺のうえに、思わずヨダレが出そうな厚切りチャーシュー
色鮮やかな明太子、辛子高菜などが乗ります。

では早速。
まずは混ぜずにそのまま、麺を底の方から引っ張り出してズルズル・・・うん、旨いっ (^o^)

ラー麦を用いた特注麺は、ちゃんぽん麺
一般的な蒸し麺ではなく、生麺をその都度茹でて供するため、風味豊かでムチッと旨し!

まぜそばの大きなポイント ”食べていて楽しい麺” だと思います。

麺には濃縮された特製のとんこつスープが絡んでおり、具材無しで1玉イケちゃいそうな勢い(笑)

しかし、そこはグッと抑えて具材をよ~くマゼマゼ

再びズルズルと啜れば・・・こりゃ旨い♪(´ε` )

スープのコクに、明太子と辛子高菜の旨味が重なり、さらに重層的な味わいへと変化します。

そして肉好き垂涎!
贅沢にカットされた厚切りチャーシューをガブリ・・・はぁ、シアワセ (о´∀`о)

香ばしくメチャメチャジューシー♪
飲み込むのがモッタイナイくらいの旨さです(笑)

〆は是非とも ”追い飯” まで。
スープを飲み過ぎないように食べ進め、底に残ったスープとごはんをマゼマゼ。

一滴残らず堪能できました(^-^)

 

もぐ俺の焼ラーメン

こちらは初めて頂いた、もぐ俺の焼ラーメン
コシのある麺に、滋味深いとんこつスープの旨味が馴染んでバリウマ^^

しっとりとコクのあるソボロ、歯ごたえ良く仕上がった野菜の食感もマル♪

こんなに上質な焼ラーメンには、なかなかお目にかかれませんよ~


 

麺の旨さと個性を存分に引き出し、スープや具材との見事な一体感を生み出す。

スープオフメニューならではの魅力を打ち出した、絶品メニューだと思います (^^ゞ

またまたラーメンも食べたいし、激レアメニューのとんこつカレーも食べたいっ!

Twitterをチェックしながら、次回訪問のタイミングを虎視眈々を伺うことにします(笑)

これにて 「福岡新麺」 のメニュー5種を全て堪能

人気&実力共に抜きん出たお店の凄みを、改めて感じるものばかりでした!

みなさんも気になったメニューがあれば、是非ともお店に足を運んで楽しんでみてくださいね^^

それぞれのメニューで異なる、”提供の日時など” は充分にご確認ください。

>福岡新麺の詳細はシティリビングにて
http://living.lisa.co.jp/para/city/2018/c2018_0309/files/assets/basic-html/page-4.html
※chromeから見ると崩れますが^^;

 

2 にくラーメン(2017年5月)

圧倒的オリジナリティとクオリティ! 寛ぎに満ちたもぐ俺だけの一杯を心ゆくまで

ずっと再訪したいと思いながらも、夜専門なのでなかなかタイミングが合わず^^;

そうこうしていたら何と!

つい先日 「一風堂 天神西通りスタンド@大名」 に、もぐ俺 × 一風堂 のコラボメニューが登場 \(^o^)/

もちろん早々に訪問してきました。

こうなるとお店でも食べたくなり、ちょうど夜出られるタイミングがきたので、再訪して参りました^^

 

おしながき

様々なオツマミ系メニューがズラリと。

とんこつ” をキーワードにしたメニューがアレコレ提供されているのも特長です。

まずは、とんこつ肉ドーフをいただきつつ。

にくラーメン、そして限定メニューの筍ラーメンを。

〆用の、鉄板焼おにぎり ピリ辛ブタミソ もお願いしました^^

 

とんこつ肉ドーフ

まずは、とんこつ肉ドーフを。

特製のとんこつスープソボロが、柔らかくクリーミーな豆腐と絡み合って旨いっ♪

僕らはこの後も仕事だったのでウーロン茶でしたが、焼酎好きな方ならこれだけで1~2杯イケちゃうかも (^^ゞ

クイクイと、お酒がススム味わいだと思います。

 

圧倒的オリジナリティとクオリティ! 寛ぎに満ちたもぐ俺だけの一杯を心ゆくまで

こちらはデフォである ”もぐ俺ラーメン” のガッツリ版

にくラーメン” です♪

まずは全体をかき混ぜず、スープをズズっと・・・

ほ~っ、しみウマぁ~╰(*´︶`*)╯♡

アッサリと優しい口当たりなのに、驚くほどコクのあるスープ!

ひと口のつもりが思わず飲み過ぎてしまい、麺を食べ始める前に量のバランスが崩壊する波乱のスタートです(笑)

麺はピタリとスープに馴染む、しなやかな細麺

なんとも寛ぎに満ちた味わいです♪

超リッチなシットリ&トロ柔なチャーシューがバツグンの旨さ^^

さらにその下から、もぐ俺のキーアイテムである和出汁で煮た大根がコンニチワ♪

この大根がまたスゴイっ!

箸で難なく切れる柔らかさなのに、シャクっと心地良い歯ざわりを併せ持つ完璧な仕上がり。

ガブっといけば、ジュワ~っとダシの旨味が広がります(^^ゞ

改めてクオリティとオリジナリティの高さに脱帽です!

 

鉄板焼おにぎり ピリ辛ブタミソ

こちらは、鉄板焼おにぎり ピリ辛ブタミソ

香ばしく焼けたおにぎりに、濃厚かつ爽やかなピリ辛の肉みそがオン!

まずは少々、そのまま突き崩していただきます。

香ばし旨い~^^

うっかりそのまま完食しちゃいそうですが、ここは是非とも残ったスープの中へ

丼の中で、スープの旨味・肉みそのコク・焼きおにぎりの香ばしさ渾然一体となります♪

言うなれば、とっても手が込んだ贅沢なごはん割

マストな旨さです (^o^)

 

筍ラーメン【限定】

こちらは限定メニューとして登場していた、筍ラーメン

よりアッサリと滋味溢れる仕上がりのスープに、シャクっと心地良い食感の沁みウマ筍が乗った春満喫の一品です^^

こちらも素晴らしい完成度♪

スープと麺の旨さは言わずもがなですが・・・

ジャストな濃さと食感の筍に加え、肉感溢れるチャーシューの旨さも特筆すべきポイント!

首尾よく巡り合えたら、是非とも味わって欲しい一杯です (^-^)


 

いやはや、改めてスゴイっ♪

クオリティ&オリジナリティ共に脱帽です (^^ゞ

生意気なようですが、あれこれ食べて再訪したら、よりその凄みが分かった気がします。

非常にお薦めのお店なのですが、こちらはラーメン専門店ではありません。

ササっと食べて帰るスタイルではないので、くれぐれも時間にゆとりをもってお出かけください。

チョイチョイとつまみながら、焼酎などゆったりと楽しみ。

〆にラーメンを楽しんで帰る。といったスタイルです。

お好み&スタイルにピンときた方は、きっとハマるハズ♪

どうぞ、のんびりとお試しくださいませ (^o^)

次回はまた、初回にご紹介した”幻のとんこつカレー” 狙いで訪問したいと思います!

 

 

1 肉ラーメン+幻のトンコツカレー【限定】(2014年9月)

土竜が俺を呼んでいる (1)

のんびり待つが吉!あっさりコク旨の和風とんこつが旨い!

臨時休業や営業時間の変更などにより、どうしても縁の無いお店があります。

今回のもぐ俺もそんなお店の一つ。

初めて食べるまでに何度かタイミングを外し、3度目でようやく…というのが数年前。

旨いんだけどタイミングが合わない…そんなイメージでした。

今回は久々の来店。
店主さんのTwitterをチェックしてきたから、今日は大丈夫なハズ^^;

 

 

気づけば完飲…やめ時が見つからない、あっさり&コク旨スープ

土竜が俺を呼んでいる (1)

もぐ俺ラーメン

土竜が俺を呼んでいる (13)

まずはスープをひとくち…すると口の中いっぱいにフワ~ッと優しい旨味が広がります♪

あっさり系の味わいですが、ひとくち目からしっかりと旨味が感じられるタイプです。

 

とんこつのクセやくさみは一切なく、じんわりとした和風の味わいが沁みる~(^o^)

む~っ!ここまで旨かったとは。

結構久しぶりでしたが、改めて感服しました。

食べ終わった後も何だか止められず、気づけば完飲パターンのクセになる味わいです。

 

ある程度食べてから辛味噌を溶かし込むと、これまたオツな味わいに。

スープの味わいを壊すことなく、ほど良い辛味と新たなコクをプラスしてくれます。

 

スープとの絡みも上々♪コシのあるストレート麺

土竜が俺を呼んでいる (3)

麺は細めのストレート

一般的な博多ラーメンに比べると、少~し加水率は高めかな~

ムチッと適度な弾力もあり、スープとの絡みも良い塩梅です^^

ボリュームはほどほど。

飲みの〆でもスルスルと入るかと♪

 

肉感を楽しめる厚切りの極上チャーシューにハマる♪

土竜が俺を呼んでいる (2)

もぐ俺ラーメン

土竜が俺を呼んでいる (14)

もぐ俺ラーメンはあっさりとしたミンチが、肉トンコツには分厚いチャーシューが乗ります。

高級ハムを切り出したような形状のチャーシューは、厚めで食べごたえアリ♪

しっかりと食感は残しつつ、硬さは感じさせない絶妙の仕上がりです。

 

もう一つの個性派具材が大根!

和出汁でほど良く煮込んでおり、大根の柔らかさ&サックリ感と共に出汁の旨味がしみ渡ります。

〆にサラリと頂くならデフォが。

僕の様な肉食系か、ハラ減りさんには肉ラーメンがおススメ^^

 

トンコツカレー

土竜が俺を呼んでいる (5)

今回はもうひとつのお楽しみ、トンコツカレーが♪

ウワサには聞いていましたが、今回はじめて頂きます。

 

出で立ちは丼にご飯、カレーをかけて青ネギをオン!とシンプル

はやる気持ちを抑えてまずはひとくち。

マッタリとした旨味とコクがドワ~ッと押し寄せます!

スパイス先行ではなく、文字通り”とんこつ”のウマさを楽しむカレーです。

ラーメンはもちろん旨いけど、こちらもハマる味わい(^o^)


 

週の始めにも関わらず、オープンから30分ほどでバタバタと7~8割が埋まる盛況ぶり!

お客さんを見ていると、このお店への愛着がすごく感じられました。

お店・店主さんがすっごく好きなんでしょうね~^^

 

この日はワンオペ。
店主さんがひとりで回していらっしゃいました。

なのでサーブタイムはどうしても長め…。

 

いわゆるラーメン店のようにパパっと食べて出る。というのは難しいです(汗)

でも待った分の見返りは充分!

豊富に揃う焼酎を飲みながら、ゆっくり待ってみるのが良いかと(^o^)

時間にゆとりのある日におススメです! 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

土竜が俺を呼んでいる