噂に違わぬこの旨さ! 激レアな清湯系とんこつを味わえるノスタルジックな名店

来々軒 (4)

来々軒@宮若市福丸
ラーメン

 

以前からその名は知っていながら、場所的に未訪だった有名店シリーズ^^;

今回は宮若市のラーメンの代名詞とも言える、「来々軒」へ。

極めて稀少なカテゴリである ”清湯系とんこつ” のお店です。

福岡にとんこつラーメン店が数あれど、澄んだタイプは非常にレアな存在。

 

この数年でも

飯塚の超人気店 「来来@飯塚
熊本の超実力店 「心生 麺商人@熊本市

おそらく2度しかお目にかかっていない・・・ハズ (^^ゞ

期待に胸を膨らませて、初訪問です♪

 

アクセス

若宮ICから2.5キロ程の距離。

宮若市役所の向かいにお店があります。

駐車場は・・・どうやら無さそう(汗)

止むを得ずふくめん2号にお店の前で落として貰い、暫しさすらって頂くことに^^;

 

店舗外観

来々軒 (1)

お店の外観はこんな感じ。

屋根といい、看板といい、なんともノスタルジックな出で立ちです。

 

店舗内観

外観同様、非常に歴史を感じる店内。

丁度お客さんが多かったので、今回は内観の写真は撮れませんでした(汗)

入ってスグがカウンター席、右側には小上がりの席が幾つかあります。

厨房前のカウンター席に向かうと、昭和のスナック風のイスが(笑)

さらになぜかカウンターには、お鮨屋さん的なネタケースがあります。

 

卓上調味料

来々軒 (3)

卓上調味料はゴマ一味などがあります。

写真には写っていませんが、紅ショウガもあり。

 

おしながき

来々軒 (2)

※クリックすると拡大します。

麺メニューはラーメンチャンポンの2種。

ラーメンは大盛替玉の両方があり。

その他に餃子唐揚といったサイドメニュー。

おでん鶏の炭火焼きといったおつまみ系メニューがあります。

今回はシンプルにラーメンを頂きました。

 

噂に違わぬこの旨さ! 見た目からは想像できない、力強くも滋味溢れる味わい

来々軒 (4)それほど待たず、スムーズに着丼。

おおっ! 確かに澄み切ったクリアなスープです。

いわゆるトンコツラーメンとは全く異なるタイプの、なんとも良い香りが。

では早速スープを頂きます。
こりゃ旨いっ(^o^)

来々軒 (6)

くさみや酸味などは一切感じさせない、非常に洗練された味わい。

されど物足りなさは微塵も無く、ゆったりと奥深い旨味が存分に楽しめます♪

見た目からは想像もつかない力強さを持ち、塩味の塩梅も抜群ですな^^

どこか、上質なコンソメスープを思わせるような雰囲気も。

庶民的で和める雰囲気でありながら、気品さえ漂う味わいです。

 

食べ進めるほどにスープの旨さ際立つ♪ ツル&ムチ食感の中細ストレート麺

来々軒 (7)合せるのは中細のストレート麺

やや柔らかめながら、ダレた感じは全くナシ!

スープの味わいにピタリと馴染む、ベストな仕上がりです^^

ツルリ&ムチッとした食感で、麺を食べ進めるほどにスープの旨さも際立ちます。

 

スープとしっかり馴染む。個性派のスライスメンマが、めっちゃウマいっ

来々軒 (5)具材の中で、最も印象的なのがメンマ

薄めにスライスされたものが、結構タップリと乗ってます♪

スープの旨味がじっくりと行き渡り、得もいわれぬ旨さです^^

チャーシューは、赤身系のタイプがタップリと3枚

適量のキクラゲ青ネギも乗ります。


 

噂に違わない、シビれる旨さでした^^

わざわざ足を運ぶだけの価値が十分にある一杯だと思います。

ローカルの人気店は、期待外れと感じるケースも少なくないもの^^;

しかし来々軒は、紛れも無く本物だと思います。

 

こうなると冒頭の「来来@飯塚」や 「心生 麺商人@熊本市」も、再訪したくなるなぁ~(^^ゞ

いつものトンコツとはひと味違う魅力を持つ、清湯系とんこつ

今後ものんびりと追っていきたいと思います♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

来々軒

昼総合点★★★☆☆ 3.7

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 青い稲妻

    三十数年前、若宮で仕事してた時…餃子が美味しくて良く飲みに行きました!その後、スナックへと行ってたので…ラーメンが美味しいのは知りませんでした( ̄▽ ̄)