愛され続けてきたものには理由がある。 ホッコリと心が和む♪老舗の中華屋さん

春陽軒 (6)

春陽軒@東区箱崎
皿うどん

 

歳をとるごとに。訪問する店舗が増えるほどに。

それまでは目もくれなかったものが、実は魅力的であったと気付くことがあります。

いわゆる ”老舗の中華屋さん” もそのひとつ。

ニューウェーブなラーメンだけを追っていた頃は、全く興味を持てませんでした(汗)

しかし近頃は、それらとはまた異なる魅力があることに気づき、折々でお邪魔してます(^^ゞ

今回は東区箱崎にある、気になるお店「春陽軒」へ。

 

アクセス

筥崎宮の近くにお店があります。

3号線 東区役所前の交差点から路地の中へ。

箱崎小前の交差点を左折して、200メートル強進むと右手にお店が見えます。

 

店舗外観

春陽軒 (10)

イイ感じに色落ちした赤が、歴史を感じさせますね~

「きっと地元の人々に愛されてきたんだろうな~」という雰囲気が出てます^^

 

店舗内観

春陽軒 (8)入ってみると想像通り。
常連さんと思しきお客さんでギュウギュウの状態。

入れ替わり立ち代わり、満員状態だったので写真はこれが限界でした^^;

厨房を囲むL字型のカウンターと、小さなテーブルがひとつ。

いかにも ”懐かしの中華屋さん” といった雰囲気です。

 

卓上調味料

春陽軒 (7)

卓上にはコショウ一味などが。

醤油はジョーキュウ醤油というのが博多らしくてイイですね^^

 

おしながき

春陽軒 (9)

※クリックすると拡大します。

ラーメンはとんこつ1本!
チャーシューワンタンメンなどもあります。

そして、皿うどん・ちゃんぽん・焼めし・餃子といった王道&定番メニューがズラリと。

ホルモン野菜いためもあります。

僕らめんむすびのお約束である、皿うどん(太麺)+焼めし+ラーメンの3点セットをシェアすることにしました。

 

食べればホッコリ♪ 食感良し&食べ応え満点の皿うどん

春陽軒 (6)いよいよ皿うどんが登場です。

タップリの具材と共に炒め上げられており、食べ応え満点です♪

太めの中華麺中華スープ醤油ダレ?が良い塩梅で絡んでウマいっ (^o^)

一見すると薄味に見えますが、なかなかどうしてコッテリとした味わいです(笑)

具材は歯ごたえよく仕上げられ、麺はモッチリと適度な弾力感を楽しめる。

決して派手さはありませんが、心安らぐ味わいです^^

 

思わず笑顔に♪頷きながら頬張る、ああ懐かしの焼めしがウマい

春陽軒 (5)コレが無くては始まらない♪
いよいよ焼めしが登場です。

この楕円形のお皿ノスタルジックな雰囲気を更に加速!

微かに見える、ピンクのカマボコがキュートですね(^^ゞ

シットリ&ホクホクとした、街の中華屋さん鉄板の仕上がり

塩気油っ気も、そして福神漬け多めという頼もしい仕上がり(笑)

思わず頷きながら頬張ってしまう、納得のウマさです。

 

デフォでもチャーシュー3枚とおトク感あり。ちょいワイルドな王道の一杯

春陽軒 (1)春陽軒 (2)こちらはラーメン。
適度にワイルドエアを感じさせる、王道の一杯です。

薄め&シャバめのタイプが少なく無いなか、こちらは結構力強い味わい

春陽軒 (3)

まさにコレコレ。という安定感溢れる一杯です。

春陽軒 (4)

麺はお約束の細麺ストレート

かなり細めでプツンとした歯切れを楽しめます。

具材はチャーシュー、ネギ、キクラゲ、海苔と比較的シンプル。

でもデフォでチャーシューが3枚乗るなんて、太っ腹ですね^^


 

 

味も然ることながら、笑顔で料理を頬張る見知らぬお客さんの顔、お店の方とのやり取りなどなど・・・

一言では語りつくせない、何とも良い雰囲気にホッコリしました(^^ゞ

長きに渡り、愛され続けてきたものには理由があるんだなぁ~と、改めてシミジミ♪

本当に良いお店ですよ^^

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

春陽軒

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA