【恵味うどん@中央区六本松】 50年の歴史を持つ人気うどん店が、薬院→六本松へ

中央区六本松にある、「恵味うどん」 をご紹介します。

1969年(昭和44年)に創業した老舗ブランド。

以前は薬院にありましたが2019年3月、六本松へと移転してリニューアルオープンしました。

多彩なメニューが並びますが、やはり恵味うどんと言えば ”とりおろしうどん” がお約束。

讃岐うどんの流れを汲みつつも、独自性に富んだ味を楽しめます。

 

2 とりおろしうどん(冷)+あげちく(2019年3月)

プルプル&トゥルン♪ 官能的な平打ち麺を、心和む甘辛いツユで味わう

50年の節目に、恵味うどんが移転&リニューアル!

いま福岡市内でも最もアツいエリアと言われる、六本松へと移転しました。

薬院時代に味わったお気に入りメニュー ”とりおろしうどん” を味わうべく、訪問して参りました♪

※うっかりアップが遅れたので、訪問から公開までに時差がございます^^;

 

アクセス

福岡市科学館などを擁する、六本松421の裏手あたり。

202号線 六本松交差点から梅光園方面へ、350メートルほど入った場所にお店があります。

同じブロックの対角線上には、「うどん日和」 があります。

 

店舗外観

壁面、扉、ともにオシャレなファサード。

この時点では無かったものの、現在は立派な暖簾などが付いたようです。

 

店舗内観

コンクリート打ちっぱなしの壁と、明るい木目が調和したモダンな店内。

既にお客さんで賑わっていたので、小上がりの一部を撮らせていただきました。

こちらの店主さんは音楽関係へのつながりが深いようで、店内にはギターなどが飾られています^^

 

おしながき

こちらは2019年3月時点のお品書き。

僕のお目当て、とりおろしうどん を筆頭に、様々なメニューが並びます。
温・冷が選べるメニューもアレコレと^^

定番メニューや、各種トッピング…

定食や丼ものなどを楽しめます。

更には夕方から楽しめる、おつまみ系メニューもありますよ~

 

卓上調味料

卓上には一味唐辛子や、辛子高菜がありました。

 

プルプル&トゥルン♪ 官能的な平打ち麺を、心和む甘辛いツユで味わう

選んだメニューは、モチロンお気に入りの とりおろしうどん を。

毎度のごとく、冷たいタイプでお願いしました。

トッピングアイテムとして、あげちく もセットで^^

艶っツヤに輝く麺は、うどんとしては細めの平打ちタイプ。

柚子の皮があしらわれており、グッと気分が盛り上がります。

それでは早速、鶏の旨味がジュワっと沁みたつけダレに、トゥルルンの麺をくぐらせて…旨いっ (o^^o)

ボディしっかり&甘辛めの味わいが、実に心和むチューニング。

ツユの中には、大根おろし、おろし生姜、旨味が詰まった大ぶりの鶏肉、ゴマや白ネギなどタップリと具材&薬味が潜んでいます♪

そして何と言っても ”プルプル&トゥルン♪” 食感の麺こそ恵味うどんの真骨頂と申せましょう!

ちょっと官能的とさえ言える、個性的で食べていて楽しい麺です^^

揚げたてサクサク、噛むとモチ&プリな ”あげちく” も間違いナシ。

マストで食べておきたいトッピングです(´ε` )


 

やっぱり恵味うどんの とりおろしうどんは間違いナシ\(^o^)/

同じくお気に入りのメニュー、「肉汁釜揚げ@大地のうどん」 にも通ずる僕のツボど真ん中の一杯でございます。

以前が安すぎただけに、お値段はちょっと上がってしまった感がありますが、場所+クオリティを鑑みると納得。

その魅力を大きく損なうものではないと思います。

次回は、からあげ定食や丼ものも味わってみたいです^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 とりおろしうどん(2016年1月)

恵味うどん (3)

プルプル&トゥルンとした個性的な麺を、香り高いとりおろし入りツユで手繰る♪

 

とんこつラーメン店で個性を打ち出すことは容易では無い・・・

しかし、「うどん店で個性を打ち出すのはもっと難しいのでは?」と思います。

博多と、讃岐

柔らかふんわりのタイプと、ガツっとコシのあるタイプ

イニシエ系の佇まいと、カフェの様なオシャレな店内

などなど、もちろん異なる点はあるのですが^^;

 

でも、今回の「恵味うどん@薬院」は、一味違います!

一度食べてすっかりハマった看板メニュー ”とりおろしうどん” というオリジナルメニュー。

そして、麺もまた独特の個性を持っています。

無性に食べたくなったので、再訪して参りました。

 

アクセス

薬院大通から400メートルほど。

高宮通りを平尾方面へ進むと、左手にお店があります。

ちょっと手前には「JON PAN」や「つどい」といった、飲み系のラーメン店が。

すぐ裏手にはうどん居酒屋の元祖、「二○加屋 長介」もあり、飲み&麺のメッカといっても過言では無いエリアです(笑)

 

店舗外観

恵味うどん (14)

一方でこちらの恵味うどんは、古き良きうどん屋さん” といったステキな佇まい^^

ちなみにこちらも ”飲める” お店ですよ~

 

店舗内観

恵味うどん (11)”昔懐かしのうどん屋さん”といった、ホッコリする雰囲気。

手前にはテーブル席カウンター席が、奥にはお座敷があります。

店頭に飾られたギターや、お座敷に見える数多くのギターが印象的。

音楽関係の方も多く来店されるようです。

 

卓上調味料

恵味うどん (12)

卓上には一味唐辛子が。

店員さんにお願いすると、柚子胡椒も頂けるようです。

 

おしながき

恵味うどん (13)恵味うどん (7) 恵味うどん (8)看板メニューは ”とりおろしうどん

ダシで炊いたごぼう「井」の字型に揚げた、ごぼう天うどん

などなど、数多くのメニューが並びます。

恵味うどん (9) 恵味うどん (10)

各種、丼モノからあげ定食などもあります。

カウンターには、各種ツマミ系メニューも貼り出されています。

恵味うどん (15)

今回は看板メニューの「とりおろしうどん」と、店頭に貼りだされていた新メニューと思しき「肉鍋 う○」なるメニューを頂くことにしました(^^ゞ

 

プルプル&トゥルンとした個性的な麺を、香り高いとりおろし入りツユで手繰る♪

恵味うどん (3)こちらのお店では生麺をオーダーごとに茹でて提供してくれます。

麺が薄めの平打ちなので、さほど待たずに登場するのが嬉しいです^^

それでは艶っつやの麺を、香り豊かなツユに潜らせて頂きます。

恵味うどん (5)

旨いっ♪
プルプル&トゥルンとした麺の食感が、まさに恵味うどんの真骨頂!

もはや、うどん麺を超越したようなオリジナリティ溢れる仕上がりです。

博多うどん讃岐うどん、どちらとも全く異なる味わいですが、敢えて言うならば「豊前裏打会」の麺が一番近いかも?

プルルンとした食感は、一度食べると忘れられないかと (^^ゞ

恵味うどん (4)

おツユはハッキリ&クッキリとした、力強い味わい

お椀の中にはおろし生姜、大根おろし、コロコロの鶏肉、白ネギ、ゴマなどがタップリ入っています。

やっぱり旨いねぇ~♪

 

熱々&ふっくら♪ この時期にピッタリ、甘辛テイストの鍋焼きうどん

恵味うどん (1)こちらは ”肉鍋 う○” という摩訶不思議な名前のメニュー。

言わば、柳川鍋ライクな鍋焼きうどんと申しましょうか(^^ゞ

特製麺と共に、柔らかなお肉キノコがドッサリと。

甘辛なテイストは、すき焼きうどんの様なイメージです。

中央にカットレモンが乗っているあたりが、何とも独特

しかしこのレモン、絞ってみると甘辛テイストに慣れた舌をスッキリと引き締めてくれます♪

卓上の一味唐辛子をかけて頂くと、なお良い感じです。


 

初めて食べると、その麺の食感に驚くこと請け合い (^^ゞ

特に女性に喜ばれるタイプだと思います。

次回はレアなタイプである、ダシで炊いたごぼう「井」の字型に揚げた ”ごぼう天うどん” を頂きたいと思います!

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

恵味うどん