【福龍軒@大牟田市不知火町】大牟田駅前に君臨する、大牟田ラーメンの二大巨塔

大牟田市不知火町にある、「福龍軒」 をご紹介します。

大牟田のレジェンド店 「東洋軒」で修行されたご主人が、昭和38年(1963年)創業

大牟田駅前に君臨する、大牟田ラーメンの二大巨塔として人気を博しています。

その名は以前から聞き及んでおりましたが、訪問するのは今回が初めて(^^;;

東洋軒からの流れで、しかと味ってまいりました♪

 

アクセス

大牟田駅から400メートルほど。
宝坂町1丁目交差点のそばにお店があります。

徒歩3分ほどの場所には、ルーツである 「東洋軒 本店」 があります。

 

店舗外観

黄色を基調とした大きなビル。
横と裏手駐車スペースがあります。

 

おしながき

こちらは2019年6月時点のお品書き。

ラーメンは基本、とんこつ1本
チャーシュー、やさい、ワンタンなどのバリエーションがあります。

焼き豚、ギョウザといったサイドメニューも。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ紅生姜に加え、ガーリックチップもスタンバイ。

昔懐かしの食卓塩も^^

 

いよいよ着丼、こちらは ワンタン麺 です。

放射状に3枚盛り付けられたチャーシューがなんとも印象的。

早速スープを啜ると…おおっ、なんともスムーズで円やかな飲み口♪

実に品のある上質なスープは、飲み進めるほどに舌へと旨味が広がります(o^^o)

例によっての表現になりますが(笑)

ルーツである東洋軒ヘビーでパワフルな「男味」とするなら…

こちらは実にしなやかで優しくその中に強さをたたえた「女味」という感じ

例えるなら良妻賢母といったイメージです(о´∀`о)

合わせるのは結構太めのストレート麺

確かな食べ応えがありながらスープとしなやかに寄り添う、バランス感に長けたコンビネーション。
ベストマッチですね^ ^

チャーシューは脂身控えめのしっかり弾力感があるタイプ。

ワンタンはなんと、小籠包を思わせるようなこんな形!

結構ワンタン麺好きの僕は、あちらこちらでいただいてきましたが、この形状は激レアです(^-^)

形が変わると食感まで変化するのが面白いところ。

ピロンピロンのたおやかさではなく、ギュッと旨味が凝縮したような…

敢えて例えるなら、焼売を食べた時に感じるような詰まった旨味が始める感じかな?

あんまり上手い例えではないかも(笑)

 

ギョーザ

思わず一緒にオーダーしたギョウザ

おおっ、この焼き上がりは♪
福岡では数少ない、厚手でしっかり系の皮を用いたタイプ。

しっかり目に付いた焼きの香ばしさがなんともタマラナイっ!

重たそうに見えてこのタイプは、餡が野菜中心であることが多くてむしろペロっとイケちゃいます(^^)

博多一口餃子にはない、ふくよかさ頼もしさがありますね。


 

正直申しますと…ルーツである東洋軒とこんなに違うとは驚きました♪(´ε` )

いや確かに、そのビジュアルからして全く異なるイメージではあるのですが…

それぞれにハッキリと異なる色のファンが付いていそうです(笑)

遠征で訪れたなら、マストで食べ比べてみて欲しいですね〜

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

福龍軒