【麺処 金田家 本店@行橋市大橋】 聖地巡礼!福岡の至宝エスプレッソとんこつを味わう

行橋市大橋にある、「麺処 金田家 本店」 をご紹介します。

2009年3月オープン。
そこから僅か2年後、「北九州ラーメンフェスティバル」 第1回(2011年)&第2回(2012年)を連覇した超実力派

香港・ロンドン・シンガポールといった海外でも人気を博す、行橋発のグローバルブランドです。

以前は福岡市内でも
ラーメンスタジアム」 や
博多店」 で味わえたのですが…
2018年12月末を以て、閉店となりました(涙)

現在、国内で味わえるのは「行橋の本店」と、2019年6月にオープンした「なんばラーメン一座店」のみ。
福岡市民にとってはなかなか遠い存在となりました。

 

2 黒豚らーめん+特製煮玉子(2019年12月)

黒豚の美味しいトコだけ! こだわり&磨き抜かれた絶品のクリーミーとんこつ

博多店の閉店から1年。
夏に一度本店を訪れるも、とてつもない行列に怖れをなしそのまま撤退(汗)

「このままでは2019年、金田家を一度も味わえないままになってしまう…」

そこに年末、北九州行きのチャンス到来♪
「小倉南区まで行くなら、行橋も行けるハズ!」と更に強引にスケジュール組み^^;

久方ぶりの本店を楽しんできました~

 

アクセス

日豊本線 行橋駅から1キロほど。
行橋市役所&警察署のそばにお店があります。

小倉駅から電車30分+α。
車だと35キロほどの場所です。

 

店舗外観

少し色褪せた感はありますが、変わらないファサードを目にして思わず笑みがこぼれます。

お昼の営業が終わる直前の遅い時間帯だったので、待ちは無し。
前回の行列がウソみたいだ (^^ゞ

ちなみにお店の傍には、4台分の駐車スペースがあります。

 

おしながき

こちらは2019年12月時点のお品書き。

ラーメンは基本の黒豚とんこつもやしチャーシューとシンプル。
煮玉子などのトッピングもあります。

今日はお腹いっぱいで食べられませんでしたが、金田家はギョウザも旨いですよ~^^

少し値上がりしましたが、毎日のことでは無いので問題無し。
ここまで足を運ぶモチベーションがあれば、数年前+100円なんてなんちゃないです(笑)

パスタやお蕎麦だと1,000円を超えても問題ないのに、なんでラーメンはこんなに言われるんでしょうね…
…ラーメンというジャンルに対する思い入れと、色んな価値感ゆえ…かな~

 

店舗内観

行列こそ無かったものの、店内には結構お客さんが。
という訳で内観写真は割愛。

でも、店主さんの想い

おいしさの秘密は撮り直すことができました^^

 

卓上調味料

卓上にはコショウ紅生姜に加え、辛子高菜ニンニク醤油もスタンバイ。
これがまた旨いんだなぁ~♪

 

黒豚の美味しいトコだけ! こだわり&磨き抜かれた絶品のクリーミーとんこつ

オーダーから1~2分であっという間に着丼。

おおっ♪ これは良さげなビジュアルです^^
とんこつカプチーノ” と呼ばれるキメ細やかなクレマが目を引きますね。

ん、チャーシューのビジュアルが変わったかな?
とか一瞬思いつつ、まずはスープをズズっと…うん、美味いっ╰(*´︶`*)╯♡

ここまでのハードルが高いだけに、ちょっとコンディションが心配だったのですが杞憂でした。

鹿児島産 黒豚の豚骨だけを炊き上げた” というスープは、実にスムーズな飲み口でありながら驚くほど奥行き有り。

ギュっと押し出すパンチを楽しませつつ、なんとも上品なんですよね♪

こだわりのスープを活かし切る、秘伝のタレも金田家のポイント

こだわり抜いた醤油に、北海道産の板昆布大分産の椎茸をプラス。

実に香り高く角の無い舌触り多層的な旨味が素晴らしいです (o^^o)

合わせるのは、中細のストレート麺
今回はカタでオーダーしました。

しなやかな口当たりでありながら、心地良いハリを楽しめる極上の仕上がり。
歯切れの食感も絶妙なんですよね♪( ´▽`)

こだわり&磨き抜かれた至高のスープと、躊躇なく組みあえる懐の深さ。
麺のクオリティスープとのマッチング共に素晴らしい!

昔と変わらず、北九州の名製麺所 ”安部製麺” 謹製かと。

石田一龍」 や 「おいげん」 などなど、人気&実力を兼ね備えた名店も絶大な信頼を置く製麺所です。

チャーシューは…変わりましたよね?
確か以前は赤身&脂が前にくる、バラ肉だったかと思います。

トッピングで提供されていた肩ロースとも違うかな?

今回は赤身主体でより上品な味わいに。
スープのベクトルを鑑みると、むしろこの方が合うのかも♪(´ε` )

しっとり&柔らかコクのある味わいが好みでした。

博多店で僕のお約束だった、デフォ+チャーシュートッピングでバラ&肩ロースというアプローチが本店ではできませんが(笑)
充分楽しめました(^^ゞ

数量限定なので、見つけたら味わっておきたい煮玉子
旨味がガッツリ沁み込んだ、ネットリ濃密な黄身がシビれるおいしさです (^-^)

後半 or 替玉したら、辛子高菜ニンニク醤油をチョイと味わうのもお薦め。
最初はモッタイナイかと思っていたのですが、一度使うとやめられなくなりました(笑)


 

遠かったけど、やっぱり来て良かったぁ~╰(*´︶`*)╯♡

改めてシンプルに 「金田家の味が好き!」 それだけで充分です。

重ね重ね、福岡市内で食べられなくなったのが悔やまれますが…
2020年もチャンスを見つけて、本店を訪れたいと思います♪

そうだ、機会を見つけて大阪の 「なんばラーメン一座店」 にも行ってみなければ!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 黒豚らーめん 煮玉子入り(2015年8月)

金田家 (1)[1]

久々の聖地巡礼!福岡の至宝というべき、極上の黒豚とんこつらーめん

 

折々でご紹介して参りました、北九州エリア超ハイレベルとんこつラーメン。

ラーメン力@春の町ぎょらん亭@三郎丸無法松@神岳らーめん工房 龍@三ヶ森黒門@遠賀郡など。

唯一、今回の「金田家@行橋」だけが、めんむすびで紹介できておらず…(汗)

行橋は…かなり遠いので、なかなか行く機会が ^^;

更に3月には、な、なんとラーメンスタジアムに出店

そちらには、ほぼ毎月のペースで食べに行っておりました(^^ゞ

今回は久しぶりに本店へ。

ほんの1ヶ月前にラースタで食べたばかりなのに、ちょっとウキウキです♪

 

コクとキレが極限まで磨かれた、極上のクリーミーとんこつ!

金田家 (1)スムーズに着丼。
この日も見事な”とんこつカプチーノ”です ♪

ではでは早速スープから・・・美味いっ\(^o^)/

クリーミー口当たりの良いスープ。

メニュー名が示す通り、黒豚からとったスープ椎茸や昆布を合わせることで、この奥深い味わいが出来上がるそうです!

いつ食べても、本当に美味いねぇ~(^o^)

ひと口啜れば力強く旨味が押し寄せるのに、いつまでも残らずスッと軽やかな後味

モチロン、とんこつならではのクセやくさみなどは微塵もありません。

コクとキレが極限まで磨かれた、驚異的な一杯

金田家でしか味わえない、唯一無二の味わいです。

 

啜り心地・コシ・歯切れ・ノド越し。全てが揃った極上の細ストレート麺

金田家 (3)麺は中細のストレート
石田一龍@石田でも使用されている”安部製麺”の謹製です。

非常にしなやかコシのある極上の麺 (^o^)

これだけ存在感が際立つスープと組み合える麺は、そうそう見つからないでしょうね♪

スルスルと滑らかな啜り心地心地良い弾力感と適度にプツンと切れる歯切れの良さ

これ以上の組み合せは、想像がつかないというほど素晴らしいマッチングです!

 

具材も一切の抜かりナシ!レアなチャーシューめんも見逃すべからず(笑)

金田家 (2)ラースタ同様、デフォバラチャーシューを使用。

しっとりほぐれる赤身の旨さと、トロリとした脂身のバランスがステキです^^

是非モノなのがこの煮玉子♪
グッと味が浸みた白身トロリと濃厚な黄身の味わいがやみつきの旨さですよ~

ちなみにチャーシューめんは、肩ロースになります。

チャーシュー好きの方は、見つけたら食べておきたいレアものです (^^ゞ

辛子高菜はラーメンにもアリですが、やや勿体ない気もするのでごはんとの組合わせがおススメ

さすがは金田家が選んだ辛子高菜だけあって、ピリ辛で旨いですよ~


 

久しぶりの本店でしたが、さすがの説得力&満足感!

スタッフの方々は昔のアットホームなメンバーから、若い方中心の新たなメンバーになっていました。
なんだか新鮮な感じ^^

一方で改めてラースタの安定感も再確認!!

「本店じゃないとあの味を楽しめない?いえいえ一切そんなことはありませんぞ~」

もちろん今後も引き続きラースタで、定点観測して参ります(笑)

博多の地でも、気軽に食べられる今の環境に感謝♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

金田家