コッテリ派も2度、3度食べればすっかりハマる♪優しく奥深いこの味わい

黒門 (1)[1]

南京ラーメン 黒門@遠賀郡遠賀町
ラーメン + バラ干し(生海苔)

遠賀方面を訪れたら確実に訪れる南京ラーメン 黒門

生粋のコッテリ派だった僕が「アッサリのとんこつも美味いんだ♪」と気づいたのは、こちらの黒門名島亭に出会ってからです (^^ゞ

 

な~んて言いつつも、初めて来たときはどちらもその美味さが分からず(笑)

※黒門を食べて、スゴイな!とは思いましたが…

 

当時はパンチの効いたエクストリームな一杯ばかりを追いかけていたので…^^;

もっと言うなら、昔は一言で”とんこつラーメン”と言っても、モノスゴイ多様性があるなんて全く知らなかったですね~

そこにある魅力に気づいたからこそ、より深くハマってしまったのかもしれません^^

 

ともあれ久しぶりの黒門にウッキウキ♪

寝坊して到着が12時近くなったので、どれだけ行列しているのかドキドキ…

なんと日曜&正午前にも拘らず、1人しか待っていないというラッキーな状況でした。

 

アッサリ系という言葉では伝わらない!禅味さえ感じる極上スープ

黒門 (1)

着丼して驚き!
チャーシューが変わってる^^;

前回僕が啜った時そして、前回ふくめん2号が啜った時までは、昔からのモモ&バラが1まいずつでした。

そういえば春先に、チャーシューが変わったという話をお聞きしたような(汗)

 

気になりつつも、いつも通りスープから。
いつもながら美味いねぇ~♪

とんこつ独特の荒々しさは皆無
それでいてその個性を全て取り払うことなく、豊かな旨味と奥深い味わい

 

突き詰め、研ぎ澄ましたような、それでいて何ともゆったりとした優しい味わい

もはや禅味さえ感じさせます (^o^)

紛れも無く唯一無二ここでしか味わえない、特別な一杯です!

 

ゆったりと優しい口当たりが特長のストレート麺

黒門 (3)

この上なくスープの味わいと馴染む、バランス感&一体感に溢れた仕上がりです。

つるり滑らか優しくもっちりとした食感。

食べ進める程に、スープ・麺の旨さが押し寄せてきます^^

 

赤身と脂身。それぞれの良さを楽しめるチャーシュー

黒門 (2)さて、リニューアルされたチャーシューは?

うんうん♪
スープの味を壊さない控えめな味付け肉感をしっかり楽しめる適度な歯ごたえ

なるほど流石というべき仕上がりです^^

 

前とは明らかに異なるものの、1枚は赤身メインで、もう1枚は脂身アリ

肩ロースっぽい気もしますが、一方は違う部位にも見えるような…?

 

仕様なのか?たまたまなのか?
そこまでは分かりませんが、赤身の旨さと脂身の旨さをそれぞれしっかりと楽しめました (^^ゞ

 

スープの味を壊さず、適度な清涼感美しいビジュアルシブレット

丁寧に根をとったモヤシ旨さだけを楽しめる雑味の無いメンマ

変わらず、全てがあるべきところに。そんなイメージです^^

 

バラ干し(生海苔)&おにぎり

黒門 (4)こちらはバラ干し
風味と舌触りが素晴らしい、佐賀県産の生海苔です。

後半スープに投入すると、また新たな味わいを楽しめます^^

 

そしてこの海苔と一体になったスープが、シビれるほどおにぎりと合うんです。
あぁ、至福の美味さ♪


 

美味しかったぁ!

場所的な事情もあり、僕が黒門に訪れるのは年に1~2度ほど。

それでもこれからも、ずっと通い続けたい
唯一無二の逸品です!

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
特に遠方から来店される際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

[button color=”#3d58b4″ title=”お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから” icon=”icon-right-bold” url=”https://menmusubi.com/nankin-kuromon000″]

 

実食メニュー

ラーメン 焼海苔+バラ干し生海苔(2015/2/8)南京ラーメン黒門 (1)ここまで足を運ぶ価値は十分!あっさり系豚骨の真骨頂

 

ラーメン+バラ干し(生海苔)(2014/9/14)南京ラーメン黒門 (1)アッサリ系とんこつの完成形!一部の隙もない至高の一杯

 

店舗情報はこちらから
昼総合点★★★★☆ 4.5