【ラーメン小金太@鹿児島市樋之口町】 天文館での飲みの〆。ガツンといく日は小金太で♪

鹿児島市樋之口町にある、「ラーメン小金太」 をご紹介します。

1990年創業
天文館エリアで 「飲みの〆と言えば小金太!」 と言われる定番の人気店。
王道の鹿児島ラーメンを楽しめます。

 

1 セット(SSラーメン+Sチャーハン)(2019年11月)

SSラーメンなら、Sチャーハンもイケるよね♪ 夜更けに楽しむ背徳のコンビネーション

鹿児島で長く愛されているラーメンを楽しみたい
となれば、やはり押さえておきたい重要ブランドのひとつ。

キモチ良く酔ったお客さん達を30年に渡ってもてなしてきた、定番&王道のお店です。
もちろんお味の方もピシャっと間違いなし♪

シラフで訪れてもバッチリ楽しめる、本格派の一軒です。

 

アクセス

市電 天文館通りから徒歩5分ほど。
天文館公園のそばにお店があります。

ここから5分ほど歩くと、これまた定番の人気店 「のり一」 があります。

 

店舗外観

ライトアップによって中々パンチの効いたファサード^^

大きな暖簾も見事です。

 

おしながき

こちらは2019年11月のお品書き。

デフォのラーメンに加えて、味噌醤油などもラインナップ、
夏場は冷やし中華もあるようです。

小金太の特徴は、
Sサイズ(100円引)SSサイズ(200円引)ミニサイズラーメン。

お腹は減ってないけど、〆にはラーメンが食べたいっ!」 というニーズに応える嬉しいシステム♪

さらに、SSラーメン+Sチャーハンを組み合わせた、その名も ”セット” も人気。

ガッツリ両方いく余裕はないけど、やっぱりチャーハンも食べたい!」 という食いしん坊万歳なメニュー。

という訳で、「セットお願いしま~す(笑)」

 

卓上調味料

卓上にはコショウニンニクに加えて、青いフタのアジシオが。

うちは味玉じゃなくて、ゆで玉子!」 という古式ゆかしいお店にしっくりハマる、いぶし銀のアイテムです^^

 

SSラーメンなら、Sチャーハンもイケるよね♪ 夜更けに楽しむ背徳のコンビネーション

少々待っていよいよ着丼、こちらが SSラーメンです。

時々見かける ”お子さまラーメン” 位のコンパクトな丼に仕立てた一杯。
まさにジャストサイズですなぁ~(^^ゞ

早速スープをズズっと…うん、ウマイっ♪
豚骨+鶏ガラに、”鰹” をプラスしたと思しき、オーセンティックな鹿児島アプローチです。

日頃、博多では中々味わえない、”鰹” の旨味が加わった一杯は、歳を取るほどハマり気味♪

多角的な旨味アプローチがありながら、重すぎず味わい深いチューンがイイね^^

小金太のスープは心地よいダシ感をベースに、脂がビシっと&タレがギュっと
明快で淀みのないアプローチが印象的。

多くの人が飲みの〆に欲するのも納得の味わいですね~

合わせるのは、モッチリたおやかな中太ストレート麺
鹿児島ラーメンの定番である、イシマル食品の麺だそうです。

スープのノリは適度なので、クイクイっとレンゲで追っかけつつ。
食べ慣れた硬め&低加水の細麺とはグッと趣が異なる、この麺もまたハマり度高いんだよなぁ~^^

SSと言えども具材キッチリ
小ぶりながらしっかり存在感のあるチャーシューが2枚

それぞれの食感がアクセントになる、モヤシキクラゲも入っています。

スープのチューン&具材&太麺のコンボが、どこかチャンポンを思わせるようでもあり…
コンパクトサイズなのに、充実感のある一杯です♪

 

Sチャーハン

こちらはセットの、Sチャーハン
中々オイリーで、しっとりアプローチパンチが効いたチューンです。

この味わいを夜中の〆に食べる背徳感も魅力のひとつかも(笑)
濃いめの味付けスープのコンボは、実にヒキが強いです (^^ゞ


 

よし、〆は小金太行こう!
そう思わせる、個性とパンチを兼ね備えた一杯。

でもって食いしん坊さんなら、
小金太なら、セットでチャーハンもいっとくか♪」 と(笑)

ズバッと打ち出しを楽しみたい日は、小金太で。

じんわりシミジミを味わいたい日は、のり一で。

そんな使い分けも良さそうですね~(o^^o)

改めて食べ歩くたびに、切に思います。

なんというか、鹿児島ラーメンって懐が深いんですよねぇ~♪( ´▽`)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

ラーメン小金太