【長浜ラーメン 福重家@西区福重】 そのルーツは伝説の屋台に!?激戦区の人気店

西区福重にある、「長浜ラーメン 福重家」 をご紹介します。

昭和51年(1976年)創業。そのルーツは伝説の屋台 「長浜一番」 に。

クイッターズ福岡 元木さんの記事によると、以前は 「長浜三番」 その前は 「長浜一番」 という名称だったそうです。

 

2 ラーメン(2019年10月)

スムーズで潔いウマさ♪ 日常にす~っと溶け込む、穏やかで馴染みやすい一杯

このエリアは 「しばらく 福重店」 「長崎亭」 「横綱ラーメン」 更には、大砲ラーメン 福岡小田部店などなど…無数のラーメン店が軒を連ねるラーメン店のメッカ

こちらの 「福重家」 もその中で存在感を放つ存在です。

少し前に、「元祖糸島ラーメン銅鑼 福重店」 がオープン。

訪れた際に 「あ、福重家もご無沙汰だな~」 と思い出し、リピって参りました。

どこか一つに通い詰める方も多いでしょうが…
僕の場合このエリアを訪れると、「次はあそこを、今度はここを…」
しばらく周辺へのリピートが続きます (^^ゞ

 

アクセス

福重ジャンクションからほど近く。
202号線と環状線が交差する、青果市場入口交差点から少し小田部寄りにお店があります。

 

店舗外観

赤地に白文字の看板が目印。

真向いには 「横綱ラーメン」 が。
店頭には専用の駐車スペースがありますが、ピークタイムは争奪戦というイメージです^^

 

おしながき

おっと、いつの間にか福重家も食券制になったんですね (^^ゞ

これだけ人手不足の世の中。
お値段を頑張って維持するためにも、券売機は必須だろうと思います。

それでいて価格に厳しい層が多い老舗ほど、券売機への抵抗が強いイメージも(汗)
しかしながら、もはや食券制の好き嫌いを語るのは…アレなのかも知れません。

こちらは2019年10月時点のラインナップです。

ラーメンはとんこつ1本
ワンタン・キクラゲ・モヤシなどトッピングバリエーションが並びます。

以前は提供されていたコーンやワカメは無くなったみたいですね (^^ゞ

ちなみに替玉・替肉に加え、こちらには”替スープ”というレアな選択肢も。
もはや丸ごとおかわりで良いかも知れませんが(笑)

その他に、焼めし、おでん、餃子なども。
おでんは有るけど、アルコールは置かないというのは珍しいですね~

 

店舗内観

実にシブ~い佇まい^^
何とこちらのお店はテーブル席お座敷席があるけど、カウンターが無いんです。

なので1人でもテーブルへ。
お客さんは多いので、1人客は相席が普通かと思われます。

この日は閉店間際だったので空いていたものの、日頃は家族連れやグループのお客さんが多いものと思われます。

 

卓上調味料

卓上調味料は、ゴマ・コショウ・紅ショウガ・タレと定番が揃います。

ちなみに辛子高菜は60円のオプションとして楽しめます。

 

スムーズで潔いウマさ♪ 日常にす~っと溶け込む、穏やかで馴染みやすい一杯

スムーズに着丼。
おおっ、前回とはスープの感じが結構違います。
※ちなみに紅生姜は後乗せの彩りです (^^ゞ

スープをひと口啜ると…うん、ウマい。
とんこつくささは控えめ適度なコクがありつつも、スムーズで食べやすい仕上がり。
※スープリフトがボケボケ…恐縮です(汗)

脂は比較的控えめで、タレの効き方も程よい塩梅。
…あれ?前回のレビューとはかな~り違いますね^^;

写真の写り、色の出方の違いと解釈するというには、かなり飛び幅があるかも。
しかし改めて他の方のコメントとかを見てみると、うむむ…今回のタイプが福重家の本来の味わいっぽいですね。

「圧倒的な一杯の説得力!」 というより、いつ食べても・何度食べてもスムーズに楽しめそうなタイプ。
むしろ、これぞ 「普段着のおいしさ」 というアプローチだと思います。

合わせるのはシュルリとスムーズな、細いストレート麺
カタ麺でいただきました。

ザクザク・ボソボソではなく、心地良いヒキを持ったスムーズなチューン。
食べやすくて誰もが楽しめるタイプだと思います^^

チャーシューも…同じく前回とはかなり異なるイメージ (^^ゞ

適度な脂が入った薄手のタイプで、単体で主張するというよりスープと馴染んで旨さを感じるタイプ。

具材はチャーシュー&青ネギのみとシンプル。
530円とお手頃な価格、潔いパッケージに好感が持てますね♪(´ε` )

 

焼めし

こちらは焼めし。
「あれっ!?福重家って焼めしあったんだ~」
「おっ、しかも280円というお手頃価格♪」
思わず衝動的にポチってしまいました^^;

写真では分かりにくいのですが…ボリューム感もかなりのもの。

というのも価格的に ”半チャーハン” だと思ったものの、メニュー名にはどこにも ”半” はナシ(笑)
大きなお茶碗的な器に、タップリと入っております (^^ゞ

ラーメンの味わいを引き立てる、シンプルな味わいがイイですね~


 

僕の中では 「男性的で、ちょっと荒々しさがチャームポイント」 というインプットだったのですが…
ちょっと違っていたのかも^^;

どちらがタイプかと言われたら、なかなか難しい所ですが…今回の一杯かな?

こういう事があるのも食べ歩きの面白いところ (^^ゞ
改めて折々で色々とリピしていかなきゃと思いました。

次はどこをリピしようかな~♪

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 チャーシューメン(2015年3月)

長浜ラーメン 福重家 (1)

コク・脂・元ダレがビシっと際立つ、男性的な豚骨ラーメン

 

 
博多ラーメンしばらく 福重店@石丸」を出て、そのまま近くの福重家へ。

こちらもまた、西区における老舗&人気店として有名です。

それにしても原あたりからしばらく周辺まではものすごくラーメン屋さんが多いです。

ららららーめん、長崎亭、横綱ラーメン、大砲ラーメン、来来亭、風靡などなど…。

ちょっとしたラーメンストリートですね^^;

個人的に西区は、シブ~~いイニシエ系のお店が充実している印象♪

安全食堂などは象徴的な存在かと。

それだけ長きに渡って愛され続けるお店が多いということは、昔から地元の方々のラーメン熱が熱いという証でしょうね!

 

店舗外観

長浜ラーメン 福重家 (5)

赤地に白文字の看板が目印です。

お店の前が専用の駐車スペースになっていますが、土曜の午後ということもありギッシリ(汗)

暫し待っての入店となりました。

 

店舗内観

長浜ラーメン 福重家 (9)長浜ラーメン 福重家 (11)

何ともシブ~い佇まい

何とこちらのお店はテーブル席とお座敷席があるけど、カウンターが無いんです。

なので1人でもテーブルへ。

お客さんは多いので、1人客は相席が普通かと思われます。

この日もそうでしたが、家族連れなどグループのお客さんが多いのでしょうね~

 

卓上調味料

長浜ラーメン 福重家 (10)

卓上調味料は、ゴマ・コショウ・紅ショウガ・タレと定番が揃います。

HPによるとニンニクや辛子高菜もあるようですが、見当たりませんでした。

 

メニュー

長浜ラーメン 福重家 (7)長浜ラーメン 福重家 (6)

ラーメンはとんこつ1本!

しかしトッピングの種類はかなり豊富です。

チャーシューワンタンに加え、メンマ、キクラゲ、もやし、コーンまで。

麺は大盛と替玉の両方があります。

ちなみに替玉、替肉まではありますが、替スープはこちらで初めて見ました。

もはや丸ごとおかわりで良いかも(笑)

その他には、おでん、餃子などもあります。

おでんは有るけど、アルコールは置かないというのは珍しいですね~

 

ダシ感・脂・元ダレ。全てがビシっと際立つ、男性的な豚骨スープ

長浜ラーメン 福重家 (3)

結構混んでいましたが、比較的スムーズに着丼。

やや豚骨アロマが強めですが、よほど苦手な方でなければ問題ない範囲かと。

ひと口スープを啜れば、グッと押し出しの強い豚骨の旨味が押し寄せます。

元ダレもハッキリと主張するタイプで、醤油豚骨ライクでもあります。

昔は「とんこつラーメン=白っぽいスープ」というイメージが強かったのですが、特にイニシエ系の博多ラーメン元ダレが立った、輪郭ハッキリ仕様の茶色いスープも少なくないですね。

脂の溶け込みは多めで、表層にガッツリ脂が浮かないタイプ。

スープ&タレ共に際立つパンチのある味わいは、男性的でワイルドな仕上がりです。

 

啜り心地の良し♪長浜系の極細ストレート麺

長浜ラーメン 福重家 (4)

麺はかなり細めのストレート

長浜を冠するだけあって、細めで啜り心地の良いタイプです。

適度なコシがあり、プツンとした歯切れの良さもイイ感じ♪

ボリュームも結構あるように感じます。

 

スープの強さも相まって、チャーシューメンは塩気が強めの仕上がり

長浜ラーメン 福重家 (2)

チャーシューは厚みのあるものがタップリ

味がしっかりと浸みているタイプなので、スープの味わいと相まって塩気が強めに感じました。

これはデフォがチャーシューメンゆえの躓きかと^^;

脂の入りが少なめガッシリとした食感の、懐かしい味わいだな~。

後は青ネギのみ極めてシンプルな構成です。

 


 

前段で食べた「しばらく」とは対照的なチューニング。

敢えてシンプルに表現するなら、こちらは男性的しばらくは女性的かな?

それぞれで好みによって、ご贔屓のお店が変わるかも知れませんね。

こういうところがまたラーメンの楽しさだったりします^^

この調子で、西区&早良区方面のお店を再訪してみようかな~

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

長浜ラーメン 福重家