【博多豚骨拉麺 一順@博多区美野島】 懐かしくも新しい♪昭和の香りを楽しめる一杯

博多区美野島にある、「博多豚骨拉麺 一順」 をご紹介します。

ラーメンを五感で楽しむ」 をコンセプトとして、2019年12月にオープン。

福岡県産小麦 ”ラー麦” を使用した、とんこつラーメンが味わえます。

 

1 ラーメン(2019年12月)

どこか昔懐かしいベクトルを表現しつつ、確かなブラッシュアップ感ある一杯

既にとんこつラーメンの老舗・人気店が数多くある上に、近年は”非とんこつ” が台頭してきたこともあってか…

既存店の支店などを除くと、とんこつラーメンの新ブランドは中々登場しなくなっている印象があります。

福岡のお客さんは新ブランドに一定の興味を示しつつも、馴染みのお店・長く愛される老舗を推すイメージが^^;。

一方で今まで馴染みの無かった醤油ラーメンなどは、クオリティが高く地元に根差したスタイルでいくと、中心街でなくとも根付いてきている印象です。

そう考えると、とんこつラーメンの新ブランドを立ち上げるのは容易ではないと思います。

 

アクセス

百年橋通り、美野島交差点よりもう少し、那の川寄り。
福銀のある交差点を竹下方面に200メートルほど進むと、左手にお店があります。

目の前にはサニー美野島店が。
駐車場は無いようなので、ここで買い物をしていく手もあるかと思います。

近隣には 「支那そば やっちゃんち」 「ラーメン住吉亭」 「海鳴食堂」 といったラーメン店があります。

 

店舗外観

白を基調とした看板や、幟などが並ぶファサード。

ラーメンのために生まれた ラー麦」 のロゴが打ち出されています。

 

おしながき

こちらは2019年12月時点のラインナップ。

ラーメンはシンプルにとんこつ1本
この時点ではオープン特価で、ラーメンが340円になっていました。

チャーシュー丼ネギポン餃子も気になったけど、この時点ではまだ未提供でした^^;

 

店舗内観

こちらでは、食券を渡す際にオーダーシートを記入する仕組み。

硬さやこってり度は一般的ですが、予め5種の薬味を選ぶという珍しいシステム。

刻みニンニク、刻みショウガ、刻みタマネギ、辛味噌、辛子高菜を、無し~多めまで選べます。

少々悩みましたが、ひとまず全て普通にしてみました^^;

 

卓上調味料

卓上にはコショウゴマが。

先ほどの薬味をテーブル調味料とせず、オーダー時に反映するのは狙いがあってのことかも?
…マーケティングかな(^^ゞ?

 

どこか昔懐かしいベクトルを表現しつつ、確かなブラッシュアップ感ある一杯

まずは小皿で薬味が登場。

しまった…(汗)
勢いに任せて全部普通にしたけど、一杯で使い切るには多すぎました^^;

お目見えしたラーメンはこんな感じ。
大判の円いチャーシューが、インパクト充分ですね^^

それではスープをひと口…うん、ウマいっ♪
ふわりとトンコツフレーバーが立ち上る褐色のスープは、ギュっとトンコツの旨味が。

タレの塩梅もイイ感じ脂っこさ控えめです。

コンセプト通り、どこか昔懐かしいベクトルを表現しつつブラッシュアップ感も。
きちんと個性は立たせつつ、幅広いお客さんが楽しめそうです^^

合わせるのは、ラーメンのために生まれた小麦=ラー麦 を用いた細麺
滑らかな舌触りモチっとヒキのある仕上がり、風味豊かでウマイ麺です。
ラー麦の良さがしっかり現れていると思います (^o^)

具材は大きな円いチャーシュー、キクラゲ、ねぎとシンプル。
しかしそれがイイ (^^ゞ

チャーシューはトロリと柔らかで実にウマイ♪
この感じだと、チャーシューごはんもきっと間違いないでしょうなぁ~

さてさて、問題の薬味ですが(汗)
やり過ぎたなぁ~と思いつつ、「どの順序で投入するのがベストか?」 プレーンに味わいつつ思案します。

そして30%程食べ進めてから、生姜→ニンニク→玉ネギ→辛味噌→辛子高菜 の順でイン。

あまり混ぜずに味わったので、思ったほどカオスにならなかったものの…もう少し絞り込むべきだったかな^^;


 

接客の雰囲気は柔らかですが、どこか硬派な世界観を表現したイメージ^^

既にキチンと仕上がっている印象ですが、ここから更に面白いお店かも?

どちらかと言えば地元密着型で日常にす~っと溶け込むイメージですが、わざわざ訪れるファンも獲得しそう。

しばらくしたら再訪してみようかと思います。

次回は薬味のチョイスに注意するとしよう(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多豚骨拉麺 一順