【丸幸ラーメンセンター@佐賀県三養基郡】 これぞ国道系!半世紀を超えて愛され続ける味

佐賀県三養基郡にある、「丸幸ラーメンセンター 基山本店」 をご紹介します。

昭和40年(1965年)に創業、既に半世紀以上の歴史を持つ老舗ブランド。

国道3号線沿いで24時間営業” の ”国道系ラーメン” と呼ばれるツートップが、「丸星ラーメン (丸星中華そばセンター)」 と 今回の 「丸幸ラーメンセンター」 です。

近年は徐々に営業時間が短縮
現在(訪問時点)での営業時間は「9:00~21:30」に変更されました。

24時間営業ではなくなったものの、その存在感は未だ全く色褪せることはありません♪

 

2 特製ラーメン(2019年8月)

ノスタルジックな味わいかと思いきや、ビシッと現役の旨さ。

昔からの深~~い思い入れが無い僕でも、ふと思い出すと食べたくなる丸幸の味。

前回は実にシビれる一杯に遭遇し、改めてその凄さを思い知らされました (^^ゞ

少々ご無沙汰したので、「ムムッ、丸幸食べたくなったかも?」 とスイッチオン。
ノリノリで訪問して参りました。

 

アクセス

お店の場所は、鹿児島本線 けやき台駅から700メートルほど南下したあたり。
基山駅からもおよそ同じくらいの距離です。

国道3号線沿いにド~ンとそびえる大きなお店。
トラックなども立ち寄れる大きな駐車場を備えた、まさに国道系という立地です。

ちなみに丸星ラーメンは、ここから10キロちょい3号線を南下した辺り。
3号線が筑後川を越える少し手前にあります。

 

店舗外観

黄色&赤文字を基調とした派手なファサード。
一度見たら忘れられないインパクトがあります^^

お店の横に大きめの駐車スペース反対車線側にも第2駐車場があり。

いつも多くの車&人で賑わっていますが、特に週末のお昼時はもの凄いお客さんが訪れます。

意外にもポップなキャラクターを採用。
スープがうまい」 というコメント付きです♪(´ε` )

 

おしながき

食券制なので、まずは入って正面の券売機へ。
こちらは2019年8月時点のラインナップです。

基本とんこつラーメン1本!という丸星と違い、丸幸はラーメン以外のメニューもアレコレと。

やきめし餃子はモチロン、チャンポン・中華丼・パリパリ焼そばまであります。

それでも昨今の人手不足の影響でしょうか、以前よりラインナップが絞られてきました。

ラーメンは470円というお値打ち価格。
特製ラーメンでも590円というプライシングが嬉しいですね^^

ちなみにトッピングは、チャーシュー・海苔・生たまごなどを追加することも可能。

ストレートスープ&生麺と、お店の味をそのまま味わえる持帰りラーメンもあります。

いつもの如く、特製ラーメン、焼きめし、餃子を頂くことにしました。

 

店舗内観

初めて来たときは、きっとたまげるほど広い店内。

なんと席数は、150名分もあるそうです(^^ゞ

 

卓上調味料

卓上にはコショウ、紅ショウガがあります。

丸幸名物の ”味はり漬” は、店内のセルフコーナーにあります。

 

ノスタルジックな味わいかと思いきや、ビシッと現役の旨さ。

混んでいるので、ちょい待ってからの着丼。
おお、こりゃ旨そうなビジュアルです♪

ではではスープをズズっと…うん、しみじみウマい^^

メンムスビを始めた当初、改めて食べるまでは昔食べた味のディテールまで覚えていなかったのですが…
想像以上のキッチリ感に驚いたのを思い出します。

かなりノスタルジックなタイプだと思い込んでいたのですが、しっかり押し出しの強いウマスープで驚きました(笑)

角の無い口当たりと、特有のくさみを感じさせない仕上がり。
それでいて物足りなさも無い、誰もがイケる懐の広いチューニングです^^

荒ぶるパンチは持たずとも、キッチリと抑揚のある味わい。
単に無難な味わいではなく、しっかりと個性があります。

 

ツル&モチ&プツンの王道仕様。 スープに馴染むモッチリ麺

合わせるのは、博多・長浜より少し太めのストレート麺

スルスル&サクッとではなく、ツル&モチ&プツンとした食感を楽しめます^^

このスープにしっくりくる硬さは、デフォかな~と思います。

麺の存在感より。スープと良い塩梅で馴染んだ感じこそ醍醐味♪

替玉ならぬ ”替麺” もあるのですが、なんとなく大盛の方がしっくり来るタイプです。

 

イチオシアイテム=生玉子♪ かき混ぜずに味の変化を楽しもう

特製は、チャーシューが4枚、生玉子、メンマが乗ります。

チャーシューは肉質云々を語るというより、懐かしさを楽しむタイプ(笑)
ガッシリ食感で、味付けは控えめです。

メンマは…僕がちょっと苦手なオールドスクールなタイプ^^;
味濃いめで、独特の風味があります。
でもむしろ、好きな人は好きなタイプかも(汗)

特製をチョイスしてなくても、お薦めしたいのが生玉子
佐賀という立地もあり、毎回生玉子入りを選ぶワケですが…これが実に合う♪(´ε` )

コクがありつつ、マイルドなトンコツスープにピッタリ^^
かき混ぜずに味わうと、ランダムに味の変化が楽しめますよ~

こちらも毎回のようにいただく焼きめし
お手頃価格で、結構なボリューム感があります (^o^)

目立ちたがりなピンクのカマボコがキュートな、懐かし系の味わい。
ガッツリ一皿いくのもアリですが、シェアして楽しむのが丁度イイなぁ~と思います。

餃子も8個で340円とお手頃。

シンプルな味わいですが、これまたイイ感じ。
思わずパクパクとイケちゃうタイプです(^-^)

予め、タレを小皿に入れて一緒にサーブする仕組みが独特。
でもきっと、このオペレーションが実はむしろ上手くいくんでしょうね~


 

前回よりおとなしめの印象ではありましたが、懐かしい記憶を裏切らないウマい一杯でした♪

聞くところによると丸幸にも波があるそうで、大当たりを引くこともあるんだそうです。

ガンソやだるまと同じく、その変化さえ楽しめる&愛される要素なのかも知れません(o^^o)

この一杯を食べると、ゴールデンカムイの土方 歳三が放ったセリフ、
いいか小僧ども この時代に老いぼれを見たら ”生き残り” と思え
という言葉を思い出します。

強いから” ”選ばれているから” 生き残っているのだと!

まさに金言。
そこには愛され続ける理由が確実にあるんだなぁ~♪

よし!という訳で近年の恒例。
丸幸を食べたら近々、丸星も再訪せねばっ (^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 特製ラーメン(2016年6月)

丸幸ラーメンセンター (10)

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

丸幸ラーメンセンター 基山本店