【モヒカンらーめん エアポート店@ラーメン滑走路】 世界のモヒカン in 福岡エアポート♪

福岡空港国内線ターミナル ラーメン滑走路にある、「モヒカンらーめん エアポート店」 をご紹介します。

久留米の人気店 「モヒカンらーめん 味壱家@久留米市」 が、「モヒカンラーメンセンター@東区蒲田 」 に続く、福岡市に2店舗目をオープン。

酒田ラーメン 花鳥風月」 が出店していた、期間限定のスペースに登場しました。

 

1 淡麗トンコツ檸檬らーめん(2020年3月)

スッキリ&スムーズなとんこつスープに、爽やかレモンがバッチリマッチする一杯。

2019年11月の 「ヌードルラボラトリー 金斗雲」 に続いてラーメン滑走路に登場したのはなんとモヒカンらーめん!

東区蒲田のラーメンセンターとは結構距離が近いので、驚きました (^^ゞ

 

アクセス

福岡空港国内線ターミナル3F。
ラーメン滑走路の一角にお店があります。

 

店舗外観

インパクト強めの暖簾には、「創業200X年 世界のモヒカン」 との文字が(笑)
あれれ?正式名称は、エアポート店なんですね~^^

入口の看板にも、モヒカンワールドが炸裂。
「おお!ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ!」(原文ママ)

※あ、夜中にレビュー書いてま~す(笑)

 

おしながき

こちらは2020年3月時点のラインナップ。

まずは入って右手の券売機で、食券を購入しましょう。

ラーメンはとんこつに加え、この時点では未提供でしたがまぜそばも。

おっと、焼き替え玉もあるじゃないですか♪

 

店舗内観

うっかり内観を撮り忘れました^^;

某牛丼屋さんの懐かしいフレーズ(汗)

サービス満点!
なんとお冷は無料で飲み放題です(笑)

 

卓上調味料

卓上にはシンプルに、コショウ替玉のタレが。

 

スッキリ&スムーズなとんこつスープに、爽やかレモンがバッチリマッチする一杯。

まずは 淡麗トンコツ檸檬らーめん を。

厚切りのレモンがガッツリのった、新感覚のレモンとんこつです。

モヒカンは久留米の人気ブランドですが、そのルーツは小郡系

ゆえに濃厚&ヘビーなアプローチではなく、アッサリとスムーズな味わい。

重くないスープはレモンの爽やかさが、上手いことマッチします^^

合わせるのは、シャッキリとコシのある細麺ストレート

「久留米はデフォで」 が一応僕らのお約束ですが、モヒカンではお好みで。

カタメンもバッチリ合いますよ~

レモンは長く入れておくと、ちょっとクセが強くなるので、ある程度したら取り出すと丁度イイ塩梅かも?

「いやいや、俺はレモンがメチャメチャ好きやねん!」
という方はラストまで。

むしろ、かじっちゃうにもアリかも知れません (^^ゞ

 

1 特製こぼれチャーシュー麺

こちらは 特製こぼれチャーシュー麺

お値段=1,250円!
なんとなくノリでいってみました。
左上ボタンだったので(爆)

券売機の写真ほどではありませんが、なかなかのこぼれっぷり。

モヒカンのチャーシューは、赤身でアッサリなんですがコクのあるウマさ♪
スープとの相性も実にイイ感じですね^^

 

焼き替え玉

こちらは知る人ぞ知る ”焼き替え玉”
香ばしく焼き上げた麺に、残ったスープをかけてジュワジュワッ~っと味わう名物です。

なんなら普通の替玉よりスムーズなサーブにビックリ(笑)

Amazonばりに、先読みで手配しているのかも知れません (^^ゞ

焼き替え玉、ちょっとお値段は張りますが、ナイスアイディアのメニューなので一度お試しあれ。

 

こちらは 明太高菜めし
ごく普通です(笑)


少し前までは、久留米まで行かなければ食べられなかったモヒカンが福岡市内で。

ファンの方々には嬉しい限りですね^^

未体験の方は、一度味わってみてはいかがでしょうか?

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

モヒカンらーめん 福岡空港店