【中華麺キッチン まくり with piano@博多駅東】 食+音楽+健康がテーマのまくり。

博多駅東にある、「中華麺キッチン まくり with piano」 をご紹介します。

2020年2月にオープン。

本店の 「黄金の福ワンタン まくり」 は2005年にオープン。

現行の店舗としては、福岡空港内 「the foodtimes」 の一角にある、「スーラーメン まくり」 に続く3店舗目にあたります。

こちらのキーワードは、食・音楽・健康だそうです。

まくりの特徴はなんといってもその豊富なメニュー
こちらの店舗は本店同様、目移りするような多彩なメニューを楽しめます。

 

2 排骨麺(2020年2月)

頭でイメージするだけでは分からない味もある。 そう、まくりの排骨麺のようにね♪

人気ブランドの ”まくり” は、特に福岡市ウエストエリアでの知名度が高いイメージ。

(現行の)2店舗目が福岡空港内という特殊な立地であるため、博多区や東区側では、なかなか馴染みが薄かったかも知れません。

そんななか今回、アクセスの良い博多駅圏内に新店が登場。
新たなファンを生み出していきそうな予感です^^

 

アクセス

博多駅筑紫口から、300メートルほど。
福岡合同庁舎のそばにお店があります。

近隣には 「博多一双 博多駅東本店」「めんくいや 博多駅東店」「井手ちゃんぽん 博多駅東店」 などがあります。

 

店舗外観

こちらはビルの入口
1人焼肉の ”焼肉久田屋” なども入っている、ハカタベビルという建物の1Fです。

奥に進むと ”まくり” が登場。
可愛らしいロゴが目印です。

 

店舗内観

なかなか人口密度高めの店内。
フードコートライクな雰囲気です。

店内には店名にもなっている無人のピアノが。

アプローチ的には面白いのですが、別途店内BGMも流れているので…
なかなかカオスな感じになってます^^;

もう一つのキーワードである ”健康” 関連として、レジにはサプリが並んでいました。

 

おしながき

こちらは2020年2月時点のお品書き。

20種を超える麺メニューがズラリ。
特に有名なのが、ワンタン麺・酸辣麺ですね。

ちなみに僕は、葱爆麺&排骨麺がお気に入り^^

チャーハン餃子などのサイドメニューも豊富です。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ餃子系アイテムが並びます。

 

頭でイメージするだけでは分からない味もある。 そう、まくりの排骨麺のようにね♪

まずは僕のお気に入り 排骨麺 から。

醤油ベースのオーソドックスなラーメンの上に、スパイシーなカツがのった一杯。

本来の 排骨(パーコー)=骨付き豚肉の唐揚げ なので、まくり的な仕様ですね。

一見すると、ラーメン+トンカツ というちょっとアレなメニューにも見えますが(笑)
これがウマイんだなぁ~(^^ゞ

まずはスープをひと口…うん、タレ加減も上々スッキリうまい定番の味わい。

これぞ日本人にとっての ”中華料理のラーメン” というイメージです。

合わせるのは、モッチリ口当たりスムーズな中華麺。
どのスープ&メニューにも上手いことマッチする、懐の深いタイプです。

さていよいよカツを♪
香ばしく揚がったカツにスープが沁みて、しっとり&ジュワっとな味わいに。

しかしこれがなぜかウマイんだなぁ~♪(´ε` )

ポイントはカツのスパイシー感
香辛料で下味をつけてあり、オリエンタルな風味を楽しめるんです。

このスパイス感が無かったら、きっとこのメニューを繰り返しオーダーすることは無かったかも(笑)
ファーストコンタクトで、思わずノックアウトされましたね^^

 

1  酸辣麺(2020年2月)

こちらはふくめん2号のお気に入り 酸辣麺

この美しく彩られた渦巻き模様こそ、まさに ”まくりの酸辣麺” ですね♪

酸っぱみ辛味という2つのアプローチがインスパイアされた、アグレッシブな味わい。

やや人を選ぶ面もありますが、その分ハマり度も高いメニューでございます (^o^)

ぶっちゃけ僕は基本的に酸っぱい系も辛い系も強くないので、こちらはほぼ2号専用。
逆に2号が興味ナシの排骨麺は、僕専用。

だいたいシェアするのが基本ですが、今回はそれぞれの推しを楽しみました(笑)

でもね…辛酸っぱいスープに、溶き玉子の円やかさタケノコのシャキシャキ感
スイッチが入ると、間違いなくやみつきになる味わいだと思います♪

 

バターしょうゆチャーハン

続いては、バターしょうゆチャーハン を。

チャーハンはこれまで数え切れないほど食べてきましたが…
中華系のお店で、バターしょうゆは初めて。

なるほどバター&しょうゆの風味リッチな味わいを生みだしますが…さすがにチトくどいかな^^;

シンプルに玉子チャーハンとかをチョイスした方が良いかも知れません。

 

餃子

こちらは 餃子

控えめに言って、まくりの餃子かなりの逸品!
食べ応えのある皮と、惜しみなく包まれたリッチな餡がタマラナイです♪( ´▽`)

ひと口餃子では味わえない、満ち足りたおいしさが身上の一皿。

僕らを ”大ぶり餃子派” にしたのはきっと、まくりの餃子&新潟のラーメンで食べた数々の餃子ですね♪

例えばコチラとかです^^


 

ちなみにどうでもいい話ですが…

僕が初めてまくりで排骨麺をオーダーしたのはですね…メッチャお得感が高いと思ったからでして(笑)

お値段の設定こそ当時とは異なりますが、まくりのプライシングは昔から ”均一価格” がお約束でして。

なんと当初は、500円とか550円だったんです!

そもそも、どのメニューも驚くほど安い!

ちょっと信じられないくらいにコスパが高かった訳ですが…

そんな中でも、”550円で排骨麺” というのは僕にとってキラキラなお宝に見えまして(*´∀`)♪

彼とは、それ以来の関係でございます(笑)

結構お値段は上がっちゃいましたが、排骨麺の魅力は変わりません^^;

次回は久しぶりに、本店に行ってみようかなぁ~

 

[良かったらいいね!] [イチオシ記事リンク]

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニュー・価格・サービス内容・営業時間・定休日などは、変更されている場合があります。
遠方から来店される際などは、必要に応じて事前に公式HPやお問合せにてご確認ください。
また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
 

店舗情報はこちらから

中華麺キッチン まくり with piano 博多駅筑紫口店