【博多一双 博多駅東本店@博多区博多駅東】 漢らしく頼もしい!人気の博多泡系とんこつ

博多区博多駅東にある、「博多一双 博多駅東本店」 をご紹介します。

地元客・来福客が揃って押し寄せる、博多を代表する人気ブランドのひとつ。

博多を代表するグローバルブランド ”博多一幸舎” で研鑽を積まれた店主さん(ご兄弟!)が、2012年にオープンしました。

現在はこちらの博多駅東本店に加え、
中洲店
祇園店
3店舗を展開しています。

 

5 チャーシューメン(2020年4月)


とんこつの頼もしさをガッツリと味わえる! これが一双流の泡系とんこつ

元々は、「一双に行く=本店へ」 だったものの…
近年は行列に怖れをなし、中洲店や祇園店に行くことも多くなりました (^^ゞ

今回の訪問の数週間前 「インバウンドが落ち着いた今なら?」 と行ってみるも…
やっぱりスゴイ行列! おそるべし本店^^;

でもって今回、「近くまで来たのであわよくば」 と見てみると…良し、イケる♪

並びなし&店内にもお客さんがほぼ居らずだったので、この時とばかり味わってきました。

 

アクセス

博多駅 筑紫口から600メートルほど。
中比恵公園から近い場所に本店があります。

近隣には
中華麺キッチン まくり with piano 
井手ちゃんぽん 博多駅東店 
めんくいや 博多駅東店 
などの麺のお店があります。

 

店舗外観

ラーメン店では珍しいガラス張りのファサード。
確か一双になる前は、焼肉屋さんだったように記憶しています。

今回はちょっと特殊な状況なのでスムーズに入れましたが、
平時のピークタイムや、観光のお客さんが多く押し寄せる時期ともなると…
店頭にはかなりの行列が。

遠くからでも 「うわ~メッチャ並んでる^^;」 という光景が見られます(汗)

通し営業+24時までのロングラン営業なので…
ピークを外すと随分スムーズかも知れませんね(^^ゞ

 

おしながき

店頭には 「先に食券を購入してから並んでください」 という案内が。
まずは扉を入って右手の券売機へと向かいましょう。

こちらは2020年4月時点のラインナップです。
…というか、この写真じゃ分かりにくいですね^^;

ラーメン 680円
味玉ラーメン 780円
チャーシューメン 830円
ワンタンメン 880円 など

Aランチおかわり無料のゴハン+50円で付くオトクなメニュー
Bランチまかない丼のセット

売切になっているチャーハンは…夜限定のメニューなのかも?

これだけの超人気店でありながら、デフォ=680円、替玉=100円という設定は良心的ですね^^

 

店舗内観

「良し♪ 久々に内観が撮れる」 と思っていたら、次第にお客さんが^^;
今回も写真の更新はムリでした(笑)

(こちらは、かな~~り前の写真です)
モダンな店内には、L字型のカウンター席といくつかのテーブル席があります。

 

卓上調味料

卓上にはコショウゴマに加え、”激辛”の辛子高菜白ショウガがスタンバイ。

激辛と表していても 「いやいや、そうでもないよね」 というお店もありますが…
一双のは結構ガチで辛めです (^^ゞ

 

とんこつの頼もしさをガッツリと味わえる! これが一双流の泡系とんこつ

まずは僕の定番、チャーシューメンから。

ルーツである一幸舎の系譜を紡ぐ、ブクブク&カプチーノ状のスープが印象的。
イマドキのカテゴライズで言うところの ”泡系” ですね。

では早速スープをズズっと…うん、ウマいっ (^o^)

ガツっとパンチの効いた、ワイルドで力強い仕上がり。
とんこつらしさをガッツリと堪能させてくれます♪

ジャンルとしては修行先である博多一幸舎と同じく、泡系と表されることが多いですが
一双の味わいは、より漢らしさに溢れた武骨で頼もしい味わいです。

 

モッチリ&しなやかな口当たり♪ 温故知新の平打ちストレート麺

合わせるのは、一幸舎グループが擁する ”製麺屋慶史” 謹製の平打ちストレート麺

ザクザク系のシンプルな歯切れでは無く、モッチリ絶妙な弾力感を楽しめるタイプです。

デフォは啜り心地がスムーズで、風味の良さ口当たりの良さを併せ持つイメージ。

「デフォも良いだろうなぁ~」 と思いつつ、どうしても僕はトンコツの麺に硬さを求めてしまうので…
いつもカタ~バリカタでいただきます (^^ゞ

今となって考えてみると、一幸舎や一双を食べ始めた頃は…
”博多ラーメンの源流が平打ち麺” ということもよく分かってなかったなぁ~(笑)

 

素材の良さ&調理の良さが光る、シットリ&コクのあるバラチャーシュー

具材は、チャーシュー・青ネギ・キクラゲ・海苔の4種。

スープの旨さを活かす、控えめな味付けバラチャーシュー
赤身と脂味のバランスが素晴らしいですねぇ~(о´∀`о)

普段はあまり替玉をしない方ですが、一双では毎回替玉を♪

1杯目そのままシンプルに。
替玉後は、辛子高菜・ゴマ・コショウをプラスして楽しむのがパターンです(*´∀`)

 

ワンタンメン(2020年4月)

こちらは ワンタンメン

僕がとんこつのお店を訪れた際は、
基本=チャーシューメン
コクマロ系&滋味系タイプ=ワンタンメン
というのが定番のパターン。

今回の一双のように ”パンチの効いたワイルド系” のとんこつスープには、ワンタンよりチャーシュー
そう思い込んできたのですが、このタイプにワンタンも一周まわって今はアリですね (^^ゞ

何事も先入観や固定概念にとらわれ続けると、モッタイナイんだな~と思うようになりました。

 

まかない丼

お気に入りのサイドメニュー まかない丼

ゴハンのうえに、スライス&刻みチャーシュー+辛子高菜+玉子などがのった、食いしん坊御用達の欲張りメニューです♪(´ε` )

チョイと添えられたマヨは、刻みチャーシューに絡ませるとイイ感じ。
一双では、替玉+まかない丼の満腹コースがパターンです(笑)

 

餃子

こちらは 餃子
皮はパリッと香ばしく餡はとってもジューシーで旨し^^

ひと口餃子のお手本のような、実にハイクオリティな一皿です♪


 

濃厚とんこつに親しんだお客さんは 「お~っ、流石は博多の人気店。頼もしいねぇ♪

県外からのお客さんは 「うひゃ~、やっぱり本場のとんこつはスゴイねぇ!

といった感じでしょうか?

地元客と観光客両方から愛されているお店だと思います (o^^o)

いつになってもオープン当初に味わった時の衝撃は、今も忘れられません。

「これは相当な人気店になるだろうなぁ~」と思っていたら…
高き想定の更に上をいく、もの凄い行列店になりました (^^ゞ

博多に来なければ味わえない一杯!

博多口に本店を構える、「博多一幸舎 総本店」 と食べ比べてみるのも楽しいですよ~^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

4 ラーメン(2017年12月)

人気&実力を兼ね備えた、博多泡系を代表する一杯!

 

一双の本店はオープンから1~2年くらいは仕事場が近かったこともあり、かな~りのハイペースで通っておりました (^^ゞ

最近は3か月くらいのスパンで訪問していたものの、レビューを投稿するのは実に1年半ぶり。

スムーズに楽しむために、平日遅めの時間帯を狙って行ってきました~

 

3 チャーシューメン(2016/3)

博多一双 (6)

気鋭のセカンドブランドOPENを控え、本店は優等生的なチューニングに?

 

2 ワンタンメン+チャーシューメン(2015/3)

博多一双 (1)[1]

改めて美味しさに納得♪女子にもおススメのとんこつ人気店

 

1 チャーシューメン(2014/11)

一双 (1)

名店、一幸舎のDNAを引継ぎつつ更なる進化を遂げた一杯

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから