【ニシムラ麺@南区平和】 ミシュラン一つ星の名手が描く、次世代のラーメン現る!

南区平和にある、「ニシムラ麺」 をご紹介します。

ミシュランガイドのフュージョン部門で、日本で唯一の1つ星を獲得した”
Nishimura Takahito la Cuisine creativite がランチタイムに
セカンドブランドとして、ラーメン店をスタート!

フランス料理をベースにしたラーメン” という、新時代のアプローチ。

ここに来なければ味わえない、オリジナリティ溢れるメニューが楽しめます。

 

3 ポルチーニラー麺(2020年4月)

一杯の丼に想像される、プロフェッショナルの矜持。改めてラーメンはスゴイっ!!

この数年、専門店以外のお店も続々と参入しているラーメン業界。

その背景には、ラーメンの持つ ”圧倒的な自由度の高さと奥深さ” にあるのではないかと思います。

強いてラーメンの定義を唱えるとするならば…
中華麺(かんすいを用いた小麦麺)を使うこと」くらいでしょうか。

つけ麺まぜそばも、広義のカテゴリでは、ラーメンの仲間と考えると…
並々と注がれるスープさえ、マストとは言えないでしょう。

ゆえに、表現の幅もベクトルも自由自在
令和の時代のラーメンは、まさに百花繚乱の世界です╰(*´︶`*)╯♡

そしていよいよ、福岡にも新たな扉を開けるブランドがお目見えしました。

 

アクセス

平尾駅から700メートルほど。
閑静な平和の住宅街にお店があります。

 

店舗外観

シックな佇まいの一軒家。
その入口には、「ニシムラ麺」の文字が記された暖簾がたなびきます。

ふと横に目をやると、こんな看板も。

奥へ進むと、趣ある入口が迎えてくれます。

 

おしながき

こちらは2020年4月時点のお品書き。

スターティングメンバーはこの3種。
スパイス薫るカレー麺
ポルチーニラー麺
長崎小長井あさりラー麺(季節限定)

上段2種は一旦定番化されるのか?
季節限定と謳われた3つめの部分が変わっていくのか?
気になるところです^^

ストウブで炊きあげるご飯も要チェックですよ~

 

店舗内観

お客さんで満席だったので、内観は割愛。

気にせず動画を撮られる方も居たりして、ちょっとビックリ(汗)

東京のミシュラン掲載店などは、外国からのお客さんも多いので
「お客様同士のトラブルにもなるので」とお店が禁止するケースも。

願わくば…そうなるとありがたいなぁ~(>_<)

 

卓上調味料

卓上のアイテムが、既に個性的。
見事なわっぱに入った、香り高いパルミジャーノチーズ
そして自家製と思しき、辛味ソース

まずはお茶をいただけるのですが…これがとってもおいしい♪( ´▽`)

厨房に背を向けていたので、調理シーンは見えませんでしたが、
ゆったりとイイ気分でサーブを待つことができました^^

 

一杯の丼に想像される、プロフェッショナルの矜持。改めてラーメンはスゴイっ!!

さて、いよいよ登場。
こちらは ポルチーニラー麺 です。

なんとも味のあるトレイに乗ってサーブされます。

着丼と同時に立ち上る、実に芳しき香り
いよいよファーストコンタクト…うは~っ、こりゃ美味いっ(о´∀`о)

コンソメのような典雅な味わいを感じさせるスープは、ひと口、もうひと口とレンゲが止まらないおいしさ。

馴染み深い醤油ラーメンではなく、それでいて洋風に偏ったよそよそしさも無い。
ただひたすらに香り高く&奥深い世界が広がります♪

合わせるのは、蕎麦を思わせるような色合いの麺。
ライ麦を練り込んでいるそうで、噛むほどに甘みと香りが舌と鼻腔をくすぐります。
実に面白いっ^^

具材は2種の鶏チャーシュー
絶妙の火入れがされており、スープをまとうことで旨さが加速するイメージです(^o^)

添えられたポルチーニのソースを合わせながらいただくと…さらなる世界が到来!
香り・食感・味わいのトリプルインパクトで、スープに更なる彩りを与えます。

スープを存分に吸った、パンのおいしさといったらもう(*´∀`)♪

別皿で出していただける ”ニシムラの豚” は第3形態へと導く存在。
スープにより一層の重厚なコクを与えてくれます!

 

2 スパイス薫るカレー麺

続いては、スパイス薫るカレー麺

丼を目の前にすると…うおっ、既にビシッとスパイシーな香り!

ドキドキしながらスープをひと口啜ると…
実に爽やかなスパイシー感が押し寄せます\(^o^)/

ゆるやかなウェーブが掛かった、中太ちぢれ麺とのマッチングもイイ感じ♪

ベッタリと重たいカレーヌードルではなく、サラサラとスムーズな口当たりだけど…
スープが存分に旨味を抱いているので、スパイスだけが先行することもナシ。

ビジュアルと味のイメージは素直にリンクしますが、そのクオリティが更に先を行きます╰(*´︶`*)╯♡

 

1 長崎小長井あさりつけ麺

ラストは、長崎小長井あさりつけ麺

メニューではラー麺となっていますが、この日はつけ麺で供されていました。

その色あい&お椀という器から、思わずアサリのお味噌汁を思わせますが…
さてさてそのお味は?

まずは細めの平打ち&ちぢれ麺を少々。
小麦の風味の良さと、チュルチュル&ムニっと楽しい食感の個性派麺です♪

スープを潜らせていただくと…うん、これも旨いっ (^-^)

ビジュアルからは和を思わせ、口にすると世界のイメージが見え、しかし日本に帰ってくる。

なんというか上手く表現しきれませんが、その奥深さとポイントの見切りが実に素晴らしい
アサリのそのものの旨味の濃さにも驚きました♪

 

炊きたてご飯 小

さて、取り出したるは、ピッカピカに輝くまさに ”銀シャリ

ちょこっとそのまま食べてみましたが、甘みと心地良い粘りに痺れます!

ここに今回は、ポルチーニラー麺のスープを。
そして半分取っておいた、ニシムラの豚もオン。
さらにパルミジャーノをパラリパラリ。

…美味すぎる、タマラナイっ╰(*´︶`*)╯♡

小サイズでは全く収まらない…
けどさすがにココから追加するのは、さすがにハズカシイ^^;

次回は絶対、大でいきます(笑)


 

ラーメンはお恥ずかしいほどアチラコチラで味わってきましたが…
ミシュランガイドの1つ星を受賞するような高級フレンチとは、恥ずかしながら日頃のご縁が無く^^;

アレコレ言うのはおこがましいので、いつも通りのラーメンを楽しむスタンスで申し上げますと…

存分にオリジナリティを発揮しながら、確かに“ラーメン”としてのアイデンティティをしっかりと感じる次世代の一杯。

どれも素晴らしく、まさに美味でございました♪

きっとここでしか味わえない、まさに一期一会の味わいです╰(*´︶`*)╯♡

間違いなく、福岡の ”ご当人ラーメン” となるであろう存在。

ここからコンスタントに追っていきたいと思います!

あ、もう一つだけ。
ミシュラン一つ星を手にした凄腕のシェフが、ここまで精魂を注ぎ込むラーメンという存在。

そこに改めて、惚れ直しました (*´∀`)♪

 

[良かったらいいね!] [イチオシ記事リンク]

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニュー・価格・サービス内容・営業時間・定休日などは、変更されている場合があります。
遠方から来店される際などは、必要に応じて事前に公式HPやお問合せにてご確認ください。
また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
 

店舗情報はこちらから

ニシムラ麺