【博多豚骨 麺屋蓮々@宗像市宮田】 懐深し! 麺好きがこぞって訪れる人気店

宗像市宮田にある、「博多豚骨 麺屋蓮々」 をご紹介します。

その名が示す通り、とんこつラーメンもモチロンありますが…

豚骨清湯、鶏塩、味噌、醤油などなど、バラエティ豊かなメニューを楽しめます。
夜限定・数量限定・期間限定などもあり)

知る人ぞ知る実力店といったイメージで、麺好きの方々の話題にもちょいちょい上るお店です。

 

2 鶏塩ラーメン(2019年4月)

なんとも粋な鶏塩ラーメン♪ ビジュアルも味わいも素晴らしい

リピしたいな~と思っていたのですが、前回の訪問から早くも2年^^;

この数年は、1年が半年くらいの感覚で過ぎていくようです(汗)

今回のお目当ては、SNSで見かけて気になっていた ”鶏塩

以前の鶏白湯がウマかっただけに、今回も期待できそう^^

 

アクセス

赤間駅と3号線の中間あたり。

527号線沿いにお店があります。

 

店舗外観

ダークグレーのシックな外観。

店頭の看板には 「店主一人で全力営業中」 の文字が。

店頭には専用の駐車スペースがあります。

 

おしながき

こちらは2019年4月時点のお品書き。

メニュー表に記されているのは、とんこつラーメン

各種トッピングバリエーションに加え…

スープは、あっさり、ふつう、こってり から。

麺の硬さは、バリカタ、カタ、普通、ヤワ から選べるようです。

更には、鶏塩、味噌、醤油(夜限定)といったメニューも。

かなりバリエーションが豊富です。

餃子カレーなどのサイドメニューや、お得なセットもあります。

 

卓上調味料

卓上には定番アイテムが並びます。

 

なんとも粋な鶏塩ラーメン♪ ビジュアルも味わいも素晴らしい

やってきました 鶏塩ラーメン

澄んだスープの中にたゆたう細麺が実に美しく、なんとも印象的なビジュアルです。

まずはスープをひとくち…うん、こりゃ旨いっ♪( ´▽`)

さらりとスマートな口当たりのスープには、しっかりと鶏のコクと旨味が詰まっています!

その中に、かすかに香るレモンの香りと、炭焼きのように散りばめられた粗びき黒コショウの風味

穏やかなスープ味わいに、絶妙のアクセントを与えています。

合わせるのはコリっと歯ごたえが気持ちイイ、ストレートの細麺

キレの良い鶏塩スープに、低加水の細麺という組み合わせに、アイデンティティと個性を感じますね。

この組み合わせ、かなり好きかも♪(´ε` )

具材は鶏チャーシュー&青ネギと極めてシンプル。

シンプル構成で600円というお手頃価格。
むしろ粋な感じで好感が持てます^^

しっとり柔らか上質な鶏チャーシューは、意外にもなかなかのボリューム感。

後半になるとスープの熱で馴染んでくる、ネギとのコラボレーションが実にステキです。


 

いやはや、改めてその確かなクオリティに感服

こうなると、醤油や味噌も気になるね…って、そういえばトンコツが未食でした^^;

なかなか気軽に行けない場所ではありますが、これは全制覇したくなってきたなぁ~♪

帰り際に店主さんから、「何かで見られたんですか?」と聞かれたので、SNSでメニューをで知ったことを伝えると…

「最近、そういって来てくれるお客さんが多いんですよね~♪」 と嬉しそうに話す店主さん。

その笑顔が実にステキでした。

良いもの&興味を引くものは、マスメディアを介さなくても、お店やお客さん同士でつながれる今の時代

そこには課題もあるとは言え、ネットって素晴らしいなぁ~と改めて思います (o^^o)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1  鶏白湯ラーメン(2017年3月)

ピュアでクリーミーな鶏白湯スープに、シュルっと系の細麺がピタっと♪

 

今日は一人で遠征なので、とんこつと両方食べられないのがモッタイナイ(汗)

でもどうしても気になる~ということで、ふくめん2号不在のなか、訪問してきました (^^ゞ

 

店舗外観

なんとも風情溢れるこの外観^^

一見すると人の気配を感じないのですが、駐車場は満車

不思議に思いつつ入ってみると・・・

店内は席の7~8割ほどが埋まる盛況ぶり!

賑わっていますなぁ~^^

お客さんが多かったので内観は割愛^^;

右手にはカウンター席が、左手には広めのテーブル席があります。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ、ゴマなど定番アイテムが。

撮り忘れていまいましたが、フロアの中央にちょっとしたお総菜コーナーがあります。

 

おしながき

店名に ”博多豚骨” の名を冠する通り、お品書きを見ると、とんこつのバリエーションがずらり。

デフォ550円と結構リーズナブルな設定です。

あれ、もしかするとお目当ての鶏白湯は終わっちゃったかな?

とおそるおそる店主さんに聞いてみると・・・ありました^^

 

別のところに貼り紙も掲示。

遠くてよく見えなかったのですが、牛テールラーメン的なメニューも有るようです。

鶏白湯は800円テールは1,000円とチョイお値段が張りますが、むしろ気になります♪

 

ピュアでクリーミー! 鶏の香りと旨味を真っすぐ引き出した鶏白湯スープ

結構混んでいたので、少々待って着丼。

おおっ、ポッテリとキュートなビジュアル♪

多目のネギと、デフォでパラリとふられたブラックペッパーが目を引きます。

良い香りに胸を焦がしつつ、早速スープをズズっと・・・うん、こりゃ旨い^^

トロリと円やかでクリーミースープは、鶏の旨味がギュッと

鶏の旨味だけ、真っすぐに引き出した雑味の無い味わいです。

これは鶏好き喜ぶ系の、ストレートな旨さですね!

 

博多テイストを感じる、中細ストレート麺が啜り心地バツグン♪

合わせるのは、中細のストレート麺

シュルシュルと素直に口の中へ収まっていく、啜り心地の良さが魅力です^^

鶏白湯と言えば、太めで口当たりの良いタイプがメジャーですが・・・

個人的にこの組み合わせは中々のツボ♪

博多豚骨を看板メニューとする、こちらのお店にピタっとくるコンビネーションです。

 

スープ&麺とバッチリ馴染む、甘味と食感の白ネギが旨いっ

具材は豚バラのチャーシュー多目のネギと極めてシンプル。

チャーシューしっかりめの味付けで、ごはんが進みそうな味わい。

おそらくトンコツと共通ではないかと思われます。

ネギは白ネギを薄くカットしたものと、輪切りの青ネギの合わせ技。

スープの熱で少ししんなりしてくると、より真価を発揮しますね^^


 

来て良かったぁ♪

こうなると看板メニューである、豚骨も俄然気になるところ。

次回は豚骨をいただいてみたいですね。

むっ?でも、牛テールラーメン的なメニューも気になる(汗)

やはり、ふくめん2号と一緒に来なければ。

鶏白湯は見つけたら是非とも啜っておきたい、レアなジャンル

みなさんにも是非、鶏白湯アレコレをお試しいただきたいです (^^ゞ

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多豚骨 麵屋蓮々