【ShinShin 博多デイトス店@博多区博多駅中央街】 これが噂の博多純情らーめん

博多めん街道にある、「博多純情らーめん ShinShin 博多デイトス店」をご紹介します。

シンシンと言えば、天神に本店を構える博多人気ラーメンブランドのひとつ。

天神店」 「住吉店」 「KITTE博多店」 そしてこちらの博多デイトス店を展開しています。

平日でも頻繁に長蛇の列ができている本店と、こちらのデイトス店の人気が凄まじいイメージ。

おそらく博多めん街道で一番行列ができているブランドだと思われます。

円やかで非常に食べやすく、どなたにでも安心して薦めやすい味わいです。

 

2 煮玉子らーめん(2018年12月)

こんなにも人を選ばない、誰にも安心して薦められる一杯は他に思いあたらないっ。

博多発の人気ブランドが一同に集う ”博多めん街道” は実に利便性の高い存在。

とんこつの名店がズラリと並ぶこちらに来れば、手軽に博多の味をアレコレと楽しむことができます^^

「集積型施設のスープは云々・・・」というのはひと昔前の話。

今はキッチリクオリティを担保した施設、ブランドも数多く存在します。

「地元民はあんまり行かない」なんて言われることもありますが、僕はチョイチョイ利用します(笑)

本店信仰も当然ながらあるのですが、やっぱり利便性も大きなポイントですよね~(^^ゞ

 

アクセス

博多駅 筑紫口サイドにある、博多デイトス2F ”博多めん街道” の一角にお店があります。

海鳴、だるま、ナンバーワン、一幸舎などなど。

博多を代表するブランドがズラリ並ぶので、目移りしちゃいますよ~(^o^)

こちらの ”博多めん街道” に 「ラーメン滑走路@福岡空港国内線ターミナル」 「ラーメンスタジアム@キャナルシティ博多」 を加えた3施設が、博多におけるラーメン店集積型施設の ”BIG3” です^^

 

店舗外観

シンシンのイメージカラーである、青を基調とした看板や暖簾が彩るファサード。

昔から気になっているのが、ロゴの中心に居るコックさん

なんとも印象的なビジュアルです^^

 

卓上調味料

卓上にはコショウゴマなどの、定番アイテムが並びます。

 

おしながき

ほとんどの店舗が券売機を採用するなか、シンシンは食後のお会計を採用

席に座ってメニューを選ぶことができます。

こちらは2018年12月時点のお品書き。

基本となるラーメンに加え・・・

ちゃんぽん(博多・もつ・みそ・激辛・とまと・すき焼き)
焼きらーめん
博多皿うどん
油そば

などなど、豊富なラインナップも特長です。

皿にはやきめしや、各種ツマミ系のアレコレなど。

屋台をルーツとするブランドだけあって、飲みもガッツリいけちゃいます^^

平日11~15時はオトクなランチメニューもあります。

 

女子にもお薦めの円やかテイスト♪ 豚骨×鶏が見事に織りあうコクマロスープ

ちゃんと、焼きめし→ラーメンの順で登場するのがありがたい♪

こちらは毎回いただいている、煮玉子らーめん半焼きめしセットです。

それではスープからいただきます・・・あ~っ、やっぱり旨いねぇ\(^o^)/

めんむすびにおいても、ジャンル上は当然 ”とんこつ” としていますが・・・

シンシンのスープは、トンコツに鶏(佐賀名産 ありたどり)の旨味を重ねた、独自性の高い一杯。

香り高く円やかな味わいは、一度味わうとクセになります♪

なんとも言えないこの ”まろ味” がステキ。

女性など 「とんこつはチョット苦手・・・」 という方にも、きっと喜んで貰える味わいだと思います。

 

スープとの相性バツグン! 口当たりの良さとヒキを楽しめる極細麺

合わせるのは、かなり細めストレート麺

僕はいつもカタメでいただきますが、スープとの馴染みを考えると普通も良いかも知れません。

実に口当たりが良く、しなやかなヒキを楽しめる麺は、スープとの相性もバツグンです^^

麺量は控えめなので、イケる方は替玉・焼きめしセットをぜひとも。

 

イチオシは煮玉子トッピング♪ シビれるくらい、このスープとあう~

チャーシューは、赤身と脂身のバランスが良いバラロールタイプ。
こちらもバッチリ旨いのですが・・・

”チャーシューメンがデフォ” の僕も見逃せないのが、煮玉子入りラーメン

ビジュアルの美しさも然ることながら、このスープに玉子の味がピタッとハマります♪

”鶏白湯ラーメンには玉子トッピングが欠かせない” というパターンだと思っとります(^^ゞ

 

半焼きめし

毎回のようにいただく半やきめし

シットリとパラリの中間的、バランスの良い仕上がり。

コンディションはその時でやや異なりますが、基本的にシンシンのやきめしは好みです^^

フンワリ&ホワっと♪
シンプルながらやみつきの旨さです。


 

博多トンコツの人気ブランドの中でも、独自のラインを進んでいるイメージ。

屋台をルーツとする庶民的なイメージと、洗練された味わいが上手く融合していると感じます。

「ガツンと、パンチの効いたトンコツを!」
という方よりも、

どちらかと言えば、トンコツが好みではないかも
という方にこそ、お薦めしたい一杯。

「こんなトンコツラーメンがあったなんて♪」と、博多ラーメンファンの裾野を広げてくれる存在だと思います。

それにしても・・・
改めて 豚骨×鶏のスープは、僕らのツボにズバンなのでございます (^o^)

トリトン系、もっともっと増えて欲しいなぁ~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 鷹の赤ラーメン【限定】(2014年6月)

ShinShin博多デイトス (1)

赤の三重奏が織りなす、鮮烈なビジュアルとコクウマな辛さ

 

鷹の祭典コラボ企画、2軒目はShinShinデイトス店。

ミュージシャン御用達とも言われる、天神の人気店の支店
です。

豚骨をメインに少し鶏を加えて作られた、クセの無い食べやすいコクウマスープが特長。

しかし今回の限定麺はマイルドうま~♪では終わりそうにありません^^;

 

鷹の祭典イベントチラシ

ShinShin博多デイトス (13) ShinShin博多デイトス (14)

店内は結構広く、テーブル席とカウンターがあります。

置いてあった鷹の祭典イベントのチラシ。博多の有名店が名を連ねてますね~。

結構、参加店舗は広範囲なので、全店回るのは大変そう^^;

 

豆板醤+赤マー油が織りなす、コクと辛みのハーモニー

いつものマイルドスープを覆うのは…豆板醤と赤マー油の赤!

単に辛いだけでは無く、新たな旨味が加わった奥深い辛さなんだけど…やっぱり辛い><;

とは言え、かなり辛いものの嫌な辛さではありません。いわゆる辛ウマ~です。

豆板醤の奥深い辛さと、赤マー油の爽やかな辛さの共演は、辛党にはたまらない味わいだと思います。

 

スープから現れたのは、な、何と赤色のストレートの細麺!

ShinShin博多デイトス (3)こんなにも鮮やかな赤い麺を見たのは、何年か前に今は無き元桜で春の限定麺を食べた時以来^^;

赤い丼に、赤い麺、赤いタレ…何とも衝撃的なビジュアル
です(笑)

青ネギの緑のコントラストがメッチャ良い感じ♪

のど越し&歯切れの良い味わいです。


 

チラシを見た時点で「ヤバいかな…」と思いましたが、イイ感じに的中^^;

ヒトよりちょっとだけ大きくて、辛いものに弱い僕は、ハンカチタオル持参・用意周到で来たハズが…追いつきませんでした(汗)

でもソコソコ辛さがイケる人なら、この暑い時期だからこそ食べたくなる爽快な辛麺だと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店