【博多麺処 ぶたや@博多区博多駅東】 極細麺とワイルドとんこつスープがベストマッチ

博多区博多駅東にある、「博多麺処 ぶたや」 をご紹介します。

博多随一!?の極細麺濃厚なスープで味わう、とんこつラーメンの専門店。
10年以上前は、西新にあったそうです。

 

2 チャーシュー麺(2017年10月)

ワイルドでパンチの効いた一杯! 博多の伝統を紡ぐ、頼もしい旨さが魅力

筑紫口そばの事務所で働いていた頃は、ちょいちょい通っていたお店。

徒歩圏内に 「元祖博多だるま 博多デイトス店」 がオープンして嬉しくて通いまくりつつも、「今日はぶたやにしようかな~」 という感じで。

当時の仲間と頻繁に訪れたのを思い出します (^^ゞ

めんむすびでご紹介するのは約3年ぶり。
懐かしさもあり、訪れてみました。

 

アクセス

筑紫口にある、博多スターレーンの目の前
駅前から250メートルほど、東比恵方面へ進むと左手にお店があります。

 

店舗外観

ビルの1Fということもあり、正面から見るとちょっと地味目のファサード。

しかしサイドにはこんな看板が。
お気づきでしょうか?

雷紋にも見えるこの模様、「BUTAYA」 の文字をデザインしたものになっています。
シャレてますね~^^

 

おしながき

食券制なので、まずは入って右手の券売機へ。

ラーメンはトンコツ1本
小チャーハン、ギョーザ、チャーシュー丼などが付く、セットメニューもあります。

夜はチョイ飲みできるメニュー構成です。

せっかくなので、いつも食べていたチャーシュー麺をいただきます^^

 

店舗内観

お客さんが多かったので、店内の写真は撮れず^^;
L字型のカウンターに加え、テーブル席もあります。

うん、変わらないこの雰囲気。
イメージ的にはもう少し明るい方がいいかも知れません(笑)

壁面には ”当店自慢” という口上が掲げられています。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ紅ショウガなどが。

それはそうと、アレは無くなったのかな・・・おっ、あった^^
ぶたや名物のゆで玉子サービスは今も継続されていました♪

オーダーしたら、ゆで玉子のカラをむきながら待つのが定番のスタイル。

サーブがバリ早なので、もたもたしてたらラーメンが登場してしまいます(笑)

 

ワイルドでパンチの効いた一杯! 博多の伝統を紡ぐ、頼もしい旨さ

混んでいましたがそれでもサーブはかなり早め。
こちらが僕の定番、チャーシュー麺です。

オマケのゆで玉子はそのまま食べず、ラーメンに入れるのがお気に入り^^

ではお久しぶりのスープをズズっと・・・おおっ、この感じ♪

ドロドロではなく、シャバくも無い、でもパンチの効いたこの味わい

タレもガツンと前に出ていて、まさに ”ぶたや” というイメージは健在です!

聞くところによると・・・
そのルーツは2枚看板を持つ、博多を代表する有名ブランドにあるとか。

イイ感じにワイルドで ”パンチの効いた味わい” は、まさにそのイメージにピタリです (^o^)

 

博多最細ストレート麺!? 啜り心地&歯切れの良さバツグン

ぶたやと言えば、なんと言ってもこの極細麺が特長!

細麺=博多というのは定番ですが、感覚的にココより細いお店は思いつきません。

僕の中では博多最細麺という位置づけです (^^ゞ

カウンターに座ると分かるのですが、バリカタでオーダーすると茹で時間は3~4秒くらい。

テボへオン → グルグル~っと → チャッチャッ =3.5秒といったところ。

初めて見たときは衝撃を受けると共に、そのサーブの早さに納得でした^^;
※感覚です(笑)

しかしこの麺が旨いっ♪
シャキッとハリのある啜り心地、コリっとした歯切れの良い食感。

思わずイッキに食べてしまう旨さです。

 

固ゆで玉子+トンコツスープの組み合わせが懐かしウマイ♪

チャーシューは適度に脂がのったバラチャーシュー
結構厚みもあるので、食べ応え充分です♪

柔らかく、控えめな味付けで、スープにも良く馴染みます。

今日は一杯でご馳走さまでしたが、替玉まで込みでチャーシュー麺というのが昔からのパターンでしたね^^

トロっとウマイ味玉が全盛の時代だけに。
シンプルなゆで玉子+トンコツスープの組み合わせ が、逆に懐かしくてイイですね~

 

 

良かったらいいね!お願いします♪

1 チャーシュー麺(2014年9月)

ぶたや (1)

濃厚豚骨スープ&極細ストレート麺。筑紫口の隠れた名店

博多駅の筑紫口は、数年前「博多めん街道」が登場して一気に激戦区へと発展しました。

だるま、一幸舎、新風、長浜ナンバーワン、ShinShinなどなど、地元の名店・人気店がズラリ!

駅から1分、セントラーザホテル地下にONOグループの博多うまかんもん小野もオープンしました。

そんななか筑紫口から徒歩4~5分のところにも、隠れた人気店があります。

極細麺が特長のぶたやを久々の再訪です。

 

店舗外観

ぶたや (4)

博多駅 筑紫口中央通りを250mほど直進し、つきあたりを左手に曲がると直ぐお店があります。

博多スターレーンの目の前にある、三角形のビル1Fです。

博多駅からもほど近いですが、スターレーン周辺には数多くのコインパーキングもあります。

場所によって結構、価格設定が異なるのでご注意ください。

 

食券機&メニュー

ぶたや (5)ぶたや (6) ぶたや (7)

お店に入ってすぐ右手に食券機があります。

僕はそこで食券機を買いましたが、夜はもしかするとおつまみ系オーダーと同じく、テーブル注文OKかも(汗)

基本ラーメンはとんこつ1種
チャーシュー麺、角煮ラーメン、豚トロラーメンと、肉系ラーメンが3パターンあるのは珍しいですね^^

角煮ラーメンは以前無かったような気がします。
新メニューかな?

小チャーハン、ギョーザ、チャーシュー丼など、セットメニューも充実。

夜はツマミ系メニューも豊富なので、チョイ飲み&そのまま〆にも良さそうです。

 

卓上調味料など

ぶたや (9) ぶたや (10) ぶたや (8)

ウッディな店内。
カウンターとテーブル席があります。

今日はひとりなのでカウンターへ。
お昼はランチで、夜はチョイ飲み、どちらもビジネスマン系のお客さんが多いイメージです。

こちらのお店はゆで玉子が1個サービス♪

注文したら入り口横のワゴンから頂いて、殻を剥きながらラーメンを待つのがお約束^^

もちろん塩でそのまま…もアリですが、せっかくなんでラーメンにインがおススメです。

卓上調味料はゴマや紅ショウガなど、定番のものが揃います。
(辛子高菜はゆで玉子と同じワゴンに)

 

のど越し&歯切れの良さを楽しめる極細麺

ぶたや (3)

ぶたやの特長と言えば、何と言っても極細の麺にあり。

その細さは博多No.1と言っても過言ではないかと。

替え玉を頼むと特によく分かるんですが、極細だけに驚くほどのサーブタイムなんです。

麺をお湯に入れて、5~6秒ぐらいかな~?

「ええっ!もう??」という位、一瞬で茹であがり^^;

しかも驚くことに意外と伸びにくく、直ぐにダレることがありません

シャッキリとしたストレート麺で、のど越しの良さ&コリン♪とした歯切れの良さが魅力です^^

極細麺だけに”カタ”がベストかと。
以前バリカタでお願いしたら、さすがに生っぽいアガリでした(汗)

 

スープ&元ダレともにしっかり主張!ハイレベルなコッテリ感

ぶたや (1)

口当たりはクリーミーですが、適度にとんこつ感を残したちょいワイルド仕様のスープ。

なかなかの濃度です。
色は茶色くありませんが、元ダレもしっかり主張するタイプ。

極細麺ゆえにスープの持ち上げも強いので、スープは飲むというより麺にまとって啜るイメージかな?

この濃厚スープの起源は、あの名店というウワサを聞いたことがありますが…事実のほどは不明です^^;

 

食べごたえのあるチャーシューが旨い

ぶたや (2)具材はチャーシュー、キクラゲ、青ネギとシンプル。

チャーシューはいわゆる出がらしでは無く、良いトコを使ってしっかり作られているイメージです。

豚の旨味がしっかり感じられ、単なるボリューム感以上に食べごたえを感じます^^

味の加減も良い塩梅です。

いつも通り一杯目はそのまま替玉してからゴマ・コショウ・紅ショウガ・高菜を投入

王道系のとんこつはこのパターンがベストです♪

 

決して派手なお店ではありませんが、隠れた名店と言っても過言では無いかと。

コッテリスープに極細麺が絶妙に絡み、”これぞ博多ラーメン!”といった味わいです。

この麺は一度試すとクセになるかも!?

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

ぶたや