【閉店】限定なんてもったいない!芳醇な味わいが魅力の鴨醤油そば

ラーメン元次 (1)[1]

ラーメン元次@中央区薬院
寒なごり 鴨醤油そば【限定】

※こちらのお店は残念ながら閉店しております。

 

今月の上旬「MEN-LABO(メンラボ)@西中洲」で初レビューしました”鴨そば”が、いよいよ元次@薬院より登場です!

実はMEN-LABO(メンラボ)を訪問する前段、元次に行った際に開発中と伺っており、ずっと楽しみにしていたメニューです。

まさかその前に他のお店で食べられるとは、思いませんでしたが(^^ゞ

数十杯もの試食を重ね生み出された一杯が、いよいよデビューとのことでモチロン即日行って参りました。

 

メニュー

ラーメン元次 (5)

 

お店への行き方、雰囲気、メニューなどの詳細はこちらから

 

重厚な鴨の風味を更に際立たせる、オレンジの風味が絶妙のアクセント♪

ラーメン元次 (4)

琥珀色のスープからは、既に芳醇な薫りがふわ~っと広がります。

薫りだけでもご馳走レベル(笑)

 

早く啜りたいと待ち切れず、かえって写真を撮るのにワタワタと^^;

 

それではようやくひと口・・・グッと染み入る鴨の旨味

国産鴨の胴がらを100%使用したというスープと、タップリ盛り込まれた鴨肉ダブルで鴨の風味を楽しめます♪

 

馴染み深い鶏とは一味異なる、鴨ならではの重厚な味わいがたまりません(^o^)

始めのうちは鴨ダシと醤油のピュアな味わいが、食べ進む有明産ちぎり海苔の風味が加わり、また新たな味わいを楽しめます。

 

驚いたのがオレンジの風味。

ロースト?した鴨にオレンジなんて、まるでフレンチの世界ですね~

 

「風味を楽しんでください。オレンジ自体は無理に食べなくても」とのことでしたので、そのように。

これがまた素晴らしかった!

 

妙な甘ったるさは無く、後味に軽やかさと華やかさを与えてくれる絶妙の仕掛けです♪

レモンなど酸味の強いかんきつ類では、決して表現できなかったであろうと感じる技ありの仕事でした。

 

久々に言葉を無くして夢中でスープを啜りました(^^ゞ

 

具材までパーフェクト!ビジュアル&味わい共に一分の隙も無し

ラーメン元次 (2)

厚めにカットされた鴨オレンジが重なり合う、美しい盛り付け♪

クレソンの緑も加わり、ビジュアルも完璧。

 

鴨はクセやくさみの欠片も無い仕上がりで、豊かな味わいを存分に楽しませてくれます^^

オプションの白髪ネギをタップリと添えて頂くと、これまたこたえられない美味さ。

 

そして品良く旨味をた~~っぷり吸わせて仕上げられた大根

これがまた一際素晴らしい!

 

これ以上ないほど旨味スープを含んでいるのに、心地よい食感はキッチリ保たれています。

本当に隙の無い組み立てです。

 

後は何と言ってもバラ海苔とタップリの白ネギ

スープの旨さをさらに&最後まで楽しませてくれる、名脇役でした。

 

麺とスープ。互いを引き立て合う、抜群に取り合わせ

ラーメン元次 (3)

中細のストレート麺。

非常に滑らかな舌触りが艶めかしく、適度にスープを纏います。

 

ややソフトタッチの仕上がりが、典雅なスープと素晴らしく合います♪

スープが美味いと麺の味わいもまた、一段と魅力を増すようです。
元次の限定麺は欠かさず食べてきましたが、まさにトップクラスの傑作でした!

これは大いなる期待さえ上回る、素晴らしい逸品です(^^♪

 

惜しむべきは限定であること(汗)

文字通り、寒の名残りとのことで3月の中旬まで約1カ月程度の提供予定とのことです。

 

これは何が何でもリピートしなければ^^

 

それにしてもこれだけ手のかかった、おそらく原価も相当高いと思われる一杯が750円!!

明らかに赤字なのでは…と、例の如く勝手に心配になります(汗)

 

2月は新店や新メニューなどが続々で大豊作でしたが、今月No.1はこの一杯です\(^o^)/

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

過去記事はこちらから

元次の辛麺は、誰もが食べやすいチューニングで復活♪

無類のとんこつ好きに贈る!これこそ博多の魚介豚骨つけ麺

ふくよか&華やかな味わい♪満ち足りた美味さの塩らーめん

大醤との再会!士別れて三日なれば刮目して相待すべし。

日本人の魂を揺さぶる♪滋味溢れる美味さの鯛塩ラーメン

 

店舗情報はこちらから

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA