【らーめん工房 龍@八幡西区三ケ森】 北九州の凄さを知りたい? ならば迷わず龍へ

八幡西区三ケ森にある、「らーめん工房 龍」 をご紹介します。

創業は2001~2002年頃と聞く、八幡エリアを代表する人気店。

名店と呼ばれるとんこつラーメン店をいくつも擁する北九州エリアにおいて、必ずその名が挙がるであろう不動の存在です。

長きに渡って行列が絶える事が無く、地元はもちろん遠方からも多数のファンが訪れます。

 

2 チャーシューメン(2018年10月)

スープ・タレ・脂が、極限領域で三”味”一体を描き上げる!

北九州の名店と言えば、

八幡近郊では・・・
らーめん工房 龍@三ケ森、南京ラーメン 黒門@青葉台南ラーメン力@馬場山東 など

小倉近郊では・・・
無法松@神岳一真軒@大畠石田一龍@下石田 など

これらはまだその一部であり、枚挙に暇がありません。

「北九州ラーメン」 というものは存在しないと思いますが、そのレベルの高さは博多や久留米でさえ舌を巻くと思います (^o^)

 

アクセス

筑豊電鉄 三ヶ森駅から徒歩5~6分。

48号線 永犬丸西町2丁目交差点から少し路地へ入るとお店があります。

 

店舗外観

オフホワイトっぽいカラーが印象的なファサード。

テントも、看板も、暖簾も全てシンプルに統一されています。

ラーメン店は打ち出し強めのお店が多いですが・・・こちらは実に奥ゆかしい感じです^^

 

店舗内観

平日のオープン直後でしたが、この日も既にほぼ満席。

カウンター小上がりで構成される店内は、かな~りコンパクトな作りです。

デカい体を出来るだけ小さく縮めて、迷惑にならないようラーメンの登場を待ちます(笑)

※写真は以前に訪問した際のものです

こちらは帰り際に撮った受賞歴の一部です。
ブレブレですが^^;

 

卓上調味料

卓上には辛子高菜や紅ショウガ、コショウなどがスタンバイ。

僕のお気に入り、龍 特製ガーリックもあります^^

 

おしながき

こちらは2018年10月時点のお品書き。

ラーメンはとんこつ1本
バリエーションも、チャーシューメン大盛と極めてシンプルです。

サイドメニューには、やきめしギョーザなどがあります。

 

スープ・タレ・脂が、極限領域で三”味”一体を描き上げる!

行列に慣れた人気店だけあって、こんなに混んでいてもサーブはスムーズ^^

こちらは チャーシューメン です。

この濃い藍色の丼を見ると 「龍に来たなぁ~♪」 と毎回感じます。

今日もコンディションは良さげ。
では早速ズズっと・・・うん、美味いっ\(^o^)/

力強いトンコツ感ピシャリ決まったタレの塩梅ふくらみを与える脂感

その全てが三位一体となって、パワフルに押し寄せます♪

明快でありながら、実に奥深いその味わい。

濃厚好きなら誰もが黙って頷くであろう、極めて頼もしいスープです!

 

スープに馴染む口当たりの良さ+時間差で訪れる絶妙のコシ♪

合わせるのは、オーソドックスな中細ストレート麺

龍は間違いなく、デフォでいただくのがイチ押しでしょう♪(´ε` )

ややトロミのあるスープと馴染む口当たりの良い麺は、その奥に絶妙のコシを併せ持っています。

麺量は110~120gくらいかな?
女性でも食べきりやすいサイズだと思います^^

 

沈めて→サルベージ。惜しみなく盛られたチャーシューを心ゆくまで

バラのチャーシューは、ちょっと甘みの効いた醤油ダレで仕上げたタイプ。

赤身の肉感脂身のトロっと感が、心地良く和音を奏でます♪( ´▽`)

タップリのチャーシューを全てスープに沈めて、お肉をスープの熱でリラックス。

サルベージしながらじっくりと味わっていきます。

後半は特製のガーリックパウダーをプラス。

このスープには、心地良くビターなガーリックが実によく合いますよ~♪

 

やきめし

久しぶりの龍なので、欲張ってやきめしもオーダーしてみました (^^ゞ

ホックリ&ホコホコな懐かしめのタイプ。
まさに「チャーハンではなく、やきめし」というイメージです。

チャーシュー・カマボコ・ネギ・玉子が、彩りよく全体に行き渡り・・・

結構なボリュームですが、レンゲが止まらなくなる旨さです^^

改めて食べると、ウマイなぁ~♪
前食べた時はそんなに記憶に残らなかったんですが・・・こりゃ毎回オーダーしたくなるなります。


 

龍のラーメンは一切奇をてらわない、極めてオーソドックスな一杯

しかしその次元の高さと、バランスの良さ桁違い

めんむすび的には、これこそ 「北九州のラーメン」 というイメージです!

上手く説明できませんが、そのルーツである久留米とも少し異なりつつ・・・

北九州の名店に通ずるトーンというものがあるように感じます。

そして龍はその中でも最もニュートラルな位置にいるという感じ。

これをスムーズにお伝えするには・・・僕らはまだ、修行が足りないようです^^;

「コッテリ系は一切無理」という方以外なら、どなたにも安心してお薦めできる名店。

14時過ぎには売り切れてしまうことが少なくないので、早めの時間がおススメです。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 チャーシューメン(2014年9月)

らーめん工房 龍 (1)

極上チャーシューがクセになる♪コク旨スープの超人気店

 

八幡西区の筆頭と言うべき超人気店

長きに渡って行列が絶える事が無く、地元はもちろん遠方からも多数のファンが訪れる名店です。

日曜の12時台とあって、もちろん行列覚悟で行ってきました。

タイミングが無かったこともあり、結構久々の訪問です。

 

サラリとした舌触りが心地良い極上豚骨スープ

らーめん工房 龍 (1)

とんこつらしいワイルドさをホンノリと残したスープは、グッとくる旨味とサラリとした舌触りが特長。

誰もが食べやすく。

でも豚骨らしさは失わない、見事なバランス感です^^

 

昔に比べると、ここ1~2回は少しコッテリ度合いが控えめかな~?と思ってたら、そんな意見もチラホラ。

真実のほどは分かりませんが、より万人向けのチューニングになったイメージがあります。

もちろんその旨さが、今でもハイレベルなとんこつラーメンがひしめく北九州エリアに於いて、別格の一軒である事は変わりません。

 

今回は後半に、龍 特製ガーリックを初めて投入

ちょっと熊本こむらさきを思い出させる濃い茶褐色のガーリックは、ステキな変化をもたらしてくれます♪

もったいないと言ってしまえばそれまでですが、僕的にはこれはアリ^^

生のニンニクより、絶対こっちが好みです!

 

スープの旨さを活かしきる、啜り心地と食べごたえのストレート麺

らーめん工房 龍 (3)

適度にスープを持ち上げ、スルスルと箸がすすむ。

啜り心地と食べごたえを両立した麺。

良い塩梅で適度にスープを持ち上げてくれます。

コクウマなスープとのバランス感がとっても秀逸です^^

 

この太っ腹な盛り付け♪このチャーシューは龍のもうひとつの魅力

らーめん工房 龍 (2)

じっくり炊きあげられ、タレの旨味を浸みこませ余分な脂を落としたチャーシュー

甘辛い味わいがステキです♪

チャーシューメンでは、惜しげも無くスープ全体にタップリとトッピング!

スープ+麺+チャーシューを三位一体で頂くと、シアワセなキモチになれます(^^ゞ

 

やきめし

らーめん工房 龍 (10)

ガッチガチの本格仕様というより、家庭的な雰囲気もあるやきめし。

スープと共に頂くと、これまた良い感じです。

 


 

「らーめん工房 龍」「ラーメン力(リキ)」「無法松」「金田家」「黒門」など、挙げれば枚挙に暇が無いほど、北九州のとんこつラーメンは層が厚い!!

さらにこれらに続く、ハイレベルなお店がまだまだ他にも…恐るべし北九州という感じ(^^ゞ

博多や久留米に比べ、知名度こそ高くありませんが、その奥深さには毎回驚かされます♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから