【麺酒場 朱拉@博多区神屋町】 名物の酸辣湯麵&中華そばどちらもウマし。

博多区神屋町にある、「麺酒場 朱拉」 をご紹介します。

2019年5月にオープンした中華系×麺酒場

酸辣湯麺中華そばに加え、夜はチョイ飲みメニューも楽しめます。

 

2 酸辣湯麺(2019年6月)

餡かための 酸辣湯麵 を上手く食べる方法を考えながら味わう

例年通り、春先はコンスタントに新店・新ブランドが登場する時期。

これまでにご紹介した 「麺やおの食堂@舞鶴」 「やひろ屋@祇園町」 「麺屋 二極@粕屋町」 に続いてこちらの新店へ。

酸辣湯麵を主軸としたお店と言えば 「スーラーメン まくり@福岡空港」 が思い出されますが、なかなかレアなカテゴリですね^^

 

アクセス

福岡国際センターの前にある吉野家から、西町筋を2ブロックほど蔵本方面へ。

右手にお店があります。

大博通りを挟んで逆側になりますが、近隣には 「博多 元気一杯‼@下呉服町」 や 「家系ラーメン 壱壱家@大博町」 があります。

 

店舗外観

大きな提灯が目印。

思わず球団ロゴを彷彿とさせるような、オリジナルロゴが目を引きます。

 

おしながき

こちらは2019年6月時点のお品書き。

看板メニューは、酸辣湯麺
デフォに加え、激辛バージョン、辛くないバージョン、ハーフサイズ麺抜きという選択肢があります。

更には中華そば(醤油ラーメン)や、塩ラーメンもラインナップ。

餃子ゴハンものも提供されています。

裏側には夜限定のメニューも。
各種つまみ系メニューが楽しめます。

チャーハンもありますが、残念ながら夜限定のようです^^; 

 

卓上調味料

卓上には餃子のタレお酢などがあります。

 

餡かための 酸辣湯麺を上手く食べる方法を考えながら味わう

まずは 酸辣湯麺 から。
ふわふわ玉子の上に、ラー油が幾重にも円を描く美しい出で立ち。

酸辣湯ならではの香りが、鼻腔をくすぐります。

まずはスープをズズっと…アチチっ、しかし旨い♪(´ε` )

ベーススープの旨味、角の無い円やかな酸味適度にピリっと辛いラー油の塩梅。

しっかり酸辣湯麺らしさがあり、それでいて誰もが食べやすいバランス重視のチューニングですね。

合わせるのは結構細めのストレート麺

トロミ強めのスープなので、麺を持ち上げるのがちょっと大変^^;

慣れるまではちょっと食べづらいかも知れません(笑)

スムーズに食べるにはコツが必要ですが、麺自体は口当たりが良くなかなかのウマさです。

柔らか玉子でふんわりととじたスープの中には、豚肉モヤシなどの具材が隠れています。

スープをある程度大きなレンゲにすくって、食べ切れる量の麺を乗っけて。

スープ+麺+具材をレンゲから、三位一体で味わうスタイルが個人的にイイ感じです (^^ゞ

 

1 中華そば(2019年6月)

続いてこちらは 中華そば

鶏ガラと豚骨から旨味をキッチリと引き出し、和の旨味を感じるタレで仕上げた一杯。

派手さは無いものの、じっくり&ゆったりとした味わいは思わず頬がゆるむ仕上がりです♪( ´▽`)

製麺屋慶史謹製の麺は、チュル&プリ感を存分に楽しめます。

酸辣湯麵がタイプでない方は、中華そば狙いで訪れるのもアリかと。

柚子の香りが実に印象的で、ホッコリ和み系でありながら、どこか華やかさも感じさせます^^


 

酸辣湯麵自体がそれほど好きな訳ではないものの…

アタリのお店で食べると 「おっ、イイね♪」 ってなります (^^ゞ

なかなかバランス取りが難しそうなメニューというイメージもありますが、こちらの一杯は誰もが食べやすい味わいだな~と思います。

麺は食べるのが難しいですが(笑)

こうなると塩ラーメンも気になるところ。
また折を見て伺いたいと思います^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

麺酒場 朱拉