福岡のラーメン界に新たな風を呼び込む、期待の鶏白湯専門店が登場!

CHICKEN MEN 鶏麺

CHICKEN MEN 鶏麺@中央区渡辺通
味玉鶏白湯ラーメン + 肉増しチャーシュー丼

 

今年の福岡は激アツなお店続々オープン中!!!

春先の5月には、

海鳴食堂@博多駅南
博多無邪気@博多駅前
油そば 七色@舞鶴
支那そば やっちゃんち@清川
ワンズワンズ 博多駅前店@博多駅前

等々のお店が。

 

そして夏以降も、

久屋@大橋
中華そば かなで@東比恵
麺処 極み 大名店@大名
支那そば月や 博多駅デイトス店@博多めん街道
Johnpan(旧 ラーメン元次)@薬院

中華そば&醤油ラーメン系激アツなお店が登場して、歓喜している今日この頃\(^o^)/

 

いわゆる「ごく普通のとんこつ」というお店が無く、どのお店もそれぞれに”際立つ個性”を持ったお店ばかり♪

そんな中、人気の鶏白湯を看板メニューとする「CHICKEN MEN 鶏麺」が渡辺通にオープン!

メニューラインナップを見るだけで、只者では無いオーラを醸し出しており、いやがうえにも期待が膨らみます

入れ込み気味のめんむすび(笑)
オープン初日に行ってきました~

 

アクセス


薬院駅渡辺通駅中間あたり、城南線沿いにある因幡うどんの所から、30メートルほど路地に入ると左手にお店が有ります。

このあたりは数多くの飲食店が鎬を削る激戦区

とりわけラーメン店やうどん店が多く、ちょっとした麺ストリートのようです^^

 

店舗外観

CHICKEN MEN 鶏麺 (7)CHICKEN MEN 鶏麺 (18)駐車場はありませんが、コインパーキングはいくつもあります。

結構、設定価格のバラつきが大きいかも?

 

おしながき

CHICKEN MEN 鶏麺 (8)食券制なのでまずは店内入って左手の券売機へ。

CHICKEN MEN 鶏麺 (10) CHICKEN MEN 鶏麺 (11) CHICKEN MEN 鶏麺 (12) CHICKEN MEN 鶏麺 (13)

麺メニューは実にバラエティ豊かな5種を展開♪

・鶏白湯ラーメン
・濃厚鶏魚介ラーメン
・濃厚鶏魚介つけ麺
・台湾まぜそば
・煮干しそば

※~10/30(金)までは鶏白湯のみ提供。以降、順次メニューを拡大予定とのことです。

CHICKEN MEN 鶏麺 (14)CHICKEN MEN 鶏麺 (15)

その他にチャーシュー丼や、唐揚げなどもあります。

今回は看板メニューである鶏白湯ラーメンを、味玉入りで頂くことにします。

トッピングに ”レアチャーシュー” なる表記が。

ビビッときたので、チャーシュー丼”肉増し” でお願いしました (^^ゞ

 

店舗内観

CHICKEN MEN 鶏麺 (16) CHICKEN MEN 鶏麺 (17)奥行きのある店内。
手前にテーブル席が2つあり、奥は長いカウンター席になっています。

 

卓上調味料

CHICKEN MEN 鶏麺 (9)

卓上調味料は、ブラックペッパー、辛味油、柚子胡椒などの辛味系がイロイロと揃います。

合わせてお漬物と、辛子高菜が。

・・・やっぱりとんこつ王国では、鶏白湯にも辛子高菜が求められるのでしょうか(汗)

さすがに紅ショウガはありませんが… ^^;

 

丁寧な仕事ぶりを感じさせる、クリーミーで円やかな鶏白湯スープ

CHICKEN MEN 鶏麺 (1)いよいよ着丼。
ふわりとした鶏の香りが立ち上ります。

それではスープを・・・うん、ウマい^^

鶏特有のクセがを感じさせないスープは、優しく円やかな仕上がりです。

CHICKEN MEN 鶏麺 (5)

乱暴な表現をするなら、どこかクリームシチューを思わせるような・・・

どちらかと言えば ”洋風” 寄りのチューニングだと思います。

女性にも喜ばれそう (^o^)

適度なトロミ滑らかな飲み口で誰もが食べやすいタイプです。

個人的には、もう少し押し出しが強くても良いかも。

 

福岡で鶏白湯と言えば、

らぁめんシフク@榎田
麺道はなもこし@薬院
つけ麺 海鳴@平尾

といった3店が僕らの中のBIG3ですが、グッとベクトルが異なる印象です。

 

こうなると「濃厚鶏魚介」の方も俄然気になります(^^ゞ
早く公開して欲しいな~♪

 

存在感バツグン!食べ応えある平打中太麺がツル&モチで旨い

CHICKEN MEN 鶏麺 (6)麺は平打ストレート中太麺

一幸舎ブランドである「製麺屋 慶史」謹製です。

ツルツル&モッチリとした食感が、優しい味わいのスープに良く合います^^
さすが旨いねぇ~♪

小麦感が強く、非常に存在感の強い麺だと思います。

食べ応えもバツグンです。

 

国産豚ロースを低温調理した、レアチャーシューが激ウマ♪

CHICKEN MEN 鶏麺 (3)CHICKEN MEN 鶏麺 (4)なんと言ってもレア感を残したチャーシューが目を引きます^^

お店によると ”国産豚ロースを低温調理したもの” とのこと。

キメ細やかシットリとした食感が素晴らしいですね~♪

厚みもあり、しっかり&たっぷり旨さを楽しめます。

CHICKEN MEN 鶏麺 (2)

ちなみに ”叉焼鶏白湯ラーメン” はこんな感じ。

肉好きには堪えられない一杯!

「ラーメンは肉を食べるものじゃない!」なんてツッコミはナシで(笑)

スープ&チャーシュー共に、ブラックペッパーが非常に良く合います。

 

肉増しチャーシュー丼

CHICKEN MEN 鶏麺 (19)こちらが”肉増し”チャーシュー丼

ニューウェーブ感満載なのは決して麺メニューだけではありません^^

イイねぇ~このベクトル♪
Japanese Soba Noodles 蔦@東京」で食べた、”ロース飯”を思い出しました。

 

参考:Japanese Soba Noodles 蔦 ロース飯

Japanese Soba Noodles 蔦 ロース飯

 

もちろん味もバッチリ!
肉質の良い豚ロースは、しっかりとした肉肉しさ&適度な柔らかさのバランスがステキ。

白髪ネギも然ることながら、ごはんの上に敷かれている刻み玉ねぎがバツグンに良く合います。

アッサリとした塩ダレもなかなか。

 

+50円の肉増しはこぼれんばかりのテンコ盛り

おトク感も高いですね~

まさに僕のツボにドンピシャ (^^ゞ

もう少し前に出会っていたら、”ココに行ったらコレも必食! 名物サイドメニューがあるお店” のまとめ(今、福岡で啜るべきラーメン6杯 <2015年10月編>)に入れたかった傑作メニューです!

来るたびに食べると思います。
モチロン、肉増しで(笑)


 

まさに僕達、めんむすび好みのお店です(^^ゞ

”アグレッシブ”なお店は、まさにストライクゾーンど真ん中(笑)

メニューのラインナップ&作り込み等々、アツい要素が目白押しです。

 

オープンから1週間は鶏白湯1本での提供となり、その後順次メニューを拡大するそうです。

しっかりと丁寧な作り込みが感じられ、更なる進化も期待できそうです。

目が離せないお店が登場しました!

まずはメニュー解禁を待って、全制覇したいと思います^^

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

CHICKEN MEN

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA