【つけ麺 ボンズ@中央区水前寺】 豪快でありながら、微に入り細を穿つような一杯!

中央区水前寺にある、「つけ麺 ボンズ」 をご紹介します。

熊本のつけ麺” を語るうえで、必ずその名が挙げられるであろうブランド。

濃厚なスープ+ゴリゴリの太麺という、パワフルなつけ麺を楽しめます。

創業→移転→休業を経て、2018年の秋に復活を遂げました。

 

2 つけ麺(豚骨魚介)(2018年11月)

”これぞボンズのつけ麺” 極濃スープと極太ゴリゴリ麺の真剣勝負!

うろ覚えなので詳細までは分かりませんが、あの 「大金豚」 をルーツとし、人気のつけ麺店 「魚雷」 はこちらの流れを汲んでいると聞きます。

熊本ラーメン界において、紛れもなく重要な系譜であると申せましょう。

復活を喜ぶ、熊本のファンの方々が続々と訪れている様子。

タイミングよく、僕らも訪問することができました^^

 

アクセス

熊本競輪場のほど近く。
以前、営業しておられた場所での復活です。

水前寺駅から800メートルほどの距離ですね。

 

店舗外観

黒地に白文字という、極めてシックなビジュアル。
外連味のない、男らしさを感じる雰囲気です。

店頭に加え、正面の駐車場にもボンズのスペースがあります。

店頭にはこちらの貼り紙が。
しばらくは昼間のみの営業となるようです。

 

卓上調味料

卓上には、一味唐辛子があります。

 

おしながき

こちらは2018年11月時点のお品書き。

つけ麺まぜそば、それぞれにデフォ辛いタイプが用意されています。

各種トッピングも有り、とってもリーズナブルです^^

 

”これぞボンズのつけ麺” 極濃スープと極太ゴリゴリ麺の真剣勝負!

極太麺ゆえ、茹で時間が8分程必要です。

いよいよ登場、こちらが つけ麺(豚骨魚介) です。

見るからに濃密なスープと、雄々しくスパルタンな出で立ちの極太麺!
この武骨さがたまりませんね (^^ゞ

では早速麺をちょいと。
うほっ、ガッツリハードな弾力感(笑)

食感だけでなく風味の良さも印象的で、噛むほどに小麦感を感じます^^

麺の仕上がりが実に丁寧。好感を持てます。

ではスープに浸してズルズルと・・・ムホ~っ、こりゃスゴイ♪

ひとくち目からガツンとくる豚骨×魚介の濃密なスープが、傾奇者を使用したやんちゃな麺を真正面から受け止めます。

まさにスープと麺のガチンコ勝負 (^o^)

ものすごくハードなんだけど、粗野な感じがしないのもスゴイですね。

これぞ極濃×極太つけ麺” という、外連味のなさがステキです。

一服の清涼感を与えるシャキシャキねぎと、極厚チャーシューもウマイです^^

 

1 まぜそば(2018年11月)

グリグリ&ブリブリの麺の力強さを、余すことなく真正面から受け止める一杯

こちらは、まぜそば。
パッと見は比較的オーソドックスに見えますが、実は大きな違いが。

こちらの麺はつけ麺と同じく、冷水で〆たものを用いたスタイルなんです!

これはなかなかの衝撃(笑)
冷たい麺と、タレ・肉味噌・温玉などのコラボレーションがインパクト大です。

グリグリ&ブリブリの麺の力強さを、余すことなく真正面から受け止める一杯。

結構色々なまぜそばを食べてきましたが、今までにないタイプでした (^^ゞ


 

実に漢らしい!
それでいて、微に入り細を穿つような細やかな仕事ぶりに圧倒されました^^

ここまで振り切ったチューニングのつけ麺は、なかなか食べられないと思います。

男性から圧倒的な支持を受けるブランドと言って良いかも知れません。

思わず大金豚や魚雷もリピートしたくなりました♪
久々に行ってみようかな~(^o^)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。