【沖食堂@久留米市篠山町】 久留米×食堂系のシンボル! 味と雰囲気に癒される

久留米市篠山町にある、「沖食堂」 をご紹介します。

昭和30年(1955年)創業。60年以上の歴史を有する老舗中の老舗。

親戚関係にあると言われる 「ひろせ食堂」 と共に、久留米×食堂系のシンボル的存在です。

 

3 ラーメン(2018年11月)

歴史を味わう癒し系とんこつに舌つづみ。 じんわり支那うどんもご賞味あれ♪

沖食堂の営業時間は、10~15時まで
ちょっとした朝ラー気分で訪れることができます。

定休日は日曜&祝日
ゆえに、遠方&平日お勤めの方にとって、チャンスは土曜のみと結構狭き門です(汗)

今回は未食の ”支那うどん” も食べてみようと、張り切って訪問してきました^^

 

アクセス

JR久留米駅 東口から400メートルほど。
明善高等学校の裏側にお店があります。

46号線 昭和通り明善高南の交差点から北側へ200メートルほど路地に入ると右手にお店があります。

お店を通り過ぎて、20メートルほど進むと、右手に駐車場があります。

その数なんと16台分(笑)
安心して停めることができます。

 

店舗外観

極めてシンプルで控えめなファサード。
住宅地にあっても、なんら違和感の無い奥ゆかしさです^^

看板があるのでおそらく正面はこっちかな?
横からも入ることができます。

 

店舗内観

沖食堂 (9)沖食堂 (6)沖食堂 (8)

料理以外?の写真はNGのようなので、今回の写真はラーメンのみで。

その昔訪れた時のものを、参考までに貼らせていただきます^^;

 

卓上調味料

沖食堂 (7)

こちらも引き続き、数年前のものを。
コショウが入った瓶が、その歴史を物語っている感じです^^

 

おしながき

ラーメンはとんこつ1本
普通が500円大盛が600円とお手頃です。

さらにはレアメニューの支那うどん牛丼などがあります。

その昔はやきめしもありましたよね~

 

久留米の伝統を感じさせつつ、今なお現役バリバリ!

いよいよ着丼、こちらがデフォの ラーメン です。

肉肉しさのあるチャーシュー固ゆで玉子海苔という、沖食堂のビジュアル。

素朴なようで、どこか華やかさも感じます^^

実に円やかな口当たりゆったりと奥深い旨味を楽しめるスープ。

ソフトタッチでありながら、確かな満足感が得られる味わいです♪( ´▽`)

麺はモッチリ中太ストレート

この存在感、たおやかな弾力感がスープと実に上手く馴染みます。

伝統的な一杯を味わうと改めて感じますが・・・

スープと麺の一体感がより味わえるのは博多より久留米かも?

なんとな~くですが、
博多=スープ+麺
久留米=スープ×麺
という感じ (^^ゞ

スープをより多く飲むのも、クラシカルな久留米系の特徴かも知れませんね。

しっかり肉感のあるチャーシュー、スープが沁みたゆで玉子しっとりとした海苔も旨し♪

実に心和む一杯です^^

 

2 支那うどん(2018年10月)

啜るほどに心が解れていく♪ 癒し系の一杯に心が和む

こちらは 支那うどん
前から気になっていたものの、いただくのは初めて^^

アッサリ&コクのある和風テイストのスープに、中華麺がたゆたうハイブリッドな一杯。

これが実になんとも・・・啜るほどに心が解れていくような癒し系の味わい (о´∀`о)

正直、もっと 「なんちゃない感じ?」 かと思い込んでおりましたが、想像以上にウマかったです (^^ゞ

紅ショウガをチョイ乗せすると、どこか沖縄のソーキそばを思わせますね。


 

3代、いや4代で通われる方もいらっしゃるかも?

ゆっくりと時間が流れるような店内の雰囲気を含め、沖食堂の世界観ですね(o^^o)

ハイパーなタイプだけに傾倒していた頃は、その魅力をきちんと理解できていなかったなぁ~(汗)

なんて思い出しながら、ホッコリ気分でお店を後にしました。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 ラーメン(2015年7月)

沖食堂 (1)[1]

60年の歴史をじっくりと味わう♪じんわり沁み入るマイルドとんこつ

 

2ヶ月ぶり久留米ツアー、1軒目は沖食堂からスタート^^

親戚関係と言われている「ひろせ食堂」と共に、食堂系ツートップというべき存在です。

前回のひろせ食堂では、12時頃に行って小一時間待ち…とエライことになったので、今回は10:30に訪問です。

ちょっとした朝ラー気分(^^ゞ

60年の歴史をじっくりと味わう♪じんわり沁み入るマイルドとんこつ

沖食堂 (2)変わらぬ出で立ち^^

ひろせ食堂同じく雷紋が入っていますが、こちらはブルーです。
(ひろせ食堂は赤だったかと)

お馴染み固ゆで玉子のスライスがチャームポイントです。

それでは早速、ズズッと・・・う~ん沁みるねぇ~♪

優しめながら、じんわ~りトンコツの旨さが広がるスープ。

決して現代の久留米ラーメンみたいに濃厚ではないのですが、残念なイニシエ系のようにシャバシャバではありません

マイルド豊かな味わいがじっくりと楽しめます^^

キツイ豚骨臭が無いので、誰もが安心して食べられるタイプです。

 

シミジミ旨い♪口当たりの良い中細ストレート麺

沖食堂 (3)麺はやや太めの、中細ストレート麺

スープと同じく、口当たりが良くモッチリ&ツルリとした滑らかな食感です^^

この麺以外は考えられないというほど、スープ&麺がしっかりとマッチ

なんともシミジミ旨いね~♪

 

キレイに盛り込まれた、色とりどりの具材がオン!

沖食堂 (1)チャーシューはモモと思しき赤身系のものが3枚

スープの味を邪魔しない、しっとり優しい味わいです^^

お約束の海苔茹で玉子のスライスも♪

ネギは適度に。
ひろせ食堂は全面にタップリですが、こちらはキレイにまとまったタイプです。

チャーシューの薄茶、玉子の、ネギの、海苔の色とりどり!

せっかくだから、紅ショウガの赤も入れればよかったかも(^^ゞ


 

これこれ♪
エクストリームなラーメンとは対極に位置する、シミジミ旨い一杯です^^

昔は分からなかった、こういったタイプのとんこつの良さがようやく分かるようになりました。

ただし!あくまでこちらの様に”本当にちゃんと旨いお店”に限りますが(^^ゞ

ちゃんと旨くなければ、歴史で舌は満足しませんので(笑)

今後も折々で、ひろせ食堂と交互に楽しんでいきたいです!

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

沖食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.5