【火の国 文龍 総本店@熊本市東区】 ”熊本最強激濃豚骨拉麺”の名に異論無し!

熊本市東区にある、「火の国 文龍 総本店」 をご紹介します。

2008年に創業した、濃厚とんこつラーメンの超人気ブランド。

そのルーツは数々の名店を生み出した 「風来軒@宮崎市」 にあると聞きます。

熊本最強濃度”と称される、オリジナリティ溢れる一杯。

コッテリ派は一度食べるとやみつきになると、もっぱらの噂です。

本店同様、「菊陽バイパス店」 も極めて高い人気を誇ります。

 

1 チャーシューメン こってり(2019年4月)

熊本最強激濃豚骨!ビジュアル強烈→意外に紳士?→やっぱり暴君

熊本入りした際には、折々で訪れているのですが…

レビューを更新するのは、かな~りお久しぶりです (^^ゞ

実はここ1年、風来軒系ツアーをゆる~く展開中。

風来軒@宮崎市清武町(2018年8月)
ラーメンマン(拉麺男)@宮崎市村角町(2018年8月)
無鉄砲 本店@京都府木津川市(2019年2月)

でもって、今回は熊本で 火の国 文龍 総本店 へ。

ここに含めるとアレかもしれませんが、福岡県に無鉄砲リスペクトの 「あなたの心を鷲掴み@八女市」 が登場したのも、2018年6月なのでここ1年の話ですね^^

 

アクセス

熊本インターの南東、2キロほどの場所にお店が。

支店である 「菊陽バイパス店」 は、ここから車で15分ほどの場所にあります。 

 

店舗外観

一度見たら忘れられないこの外観(笑)

パープルとオレンジを基調とした壁面+巨大なドラゴンのオブジェ^^;

さらには丼まで加わってます。

その味はモチロン、ビジュアル面でも他の追随を許しませんね!

大きな暖簾には、「熊本最強激濃豚骨拉麺」 の文字が。

おそらく異論を唱える方は居ないと思いまっす (^^ゞ

 

おしながき

食券制なので、店内に入って右手の券売機へ。

こちらは2019年4月時点のラインナップです。

ラーメンは6種から選べます。
こってり、ふつう、あっさり、しょうゆ、しお、みそ

風来軒の系譜は、ラインナップが広いブランドが多いですね^^

各種トッピング、おススメメニューという餃子もあります。

僕は毎回決まって、チャーシューメンこってり

バラエティー豊かなだけに、色々食べ比べてみたい気持ちもあるのですが…

いざ券売機の前に立つと、これ以外のメニューを選べないんですよね (^^ゞ

 

店舗内観

店内は照明を落としており、落ち着いたの印象。

正面に四角形のカウンター席が、左側と奥にはテーブル席があります。
(満席だったので、写真は以前訪問時のものです)

外観のイメージから、厳つい系の雰囲気を醸し出していますが…

店員さんはハキハキと元気で、むしろ雰囲気の良いお店です^^

 

卓上調味料

卓上にはゴマコショウ、そしてペースト状のニンニクが。

これを食べずして帰れない!」破壊力が半端では無いアイテムです(笑)

お店の右奥には辛子高菜紅ショウガが置かれています。

お好みでお皿を持って取りに行きましょう。

ちなみにこちらのお店で使用している丼は、特殊な丼なのだとか。

やはりラーメンは熱々が一番なので、嬉しい仕組みです^^

 

熊本最強激濃豚骨!ビジュアル強烈→意外に紳士?→やっぱり暴君

いよいよ着丼。
ウヒヒ~♪いつもながら凄まじい、このビジュアル (^^ゞ

燕三条系の ”鬼油” や、二郎系の”アブラマシマシ”彷彿させるような背脂の量です。

例の如く、辛子味噌をちょいと横に避難させ、レンゲでズズッと・・・

うんうん、コレコレ♪(´ε` )

濃密なとんこつ感+濃厚な脂の甘味が、真正面からぶつかり・絡み合うスープ。

パワフルでありながら変なくさみやエグ味が目立たず、旨味をズバンと感じる仕上がり。

背脂もクリーミーで甘ウマです♪

厳ついビジュアルですが、むしろキッチリした仕事を感じさせますね (o^^o)

とはいえあくまで、規格外な ”超高濃度” であることは間違いナシ(笑)

濃度耐性の無い方、脂を苦手とする方にはキビシイでしょう。

でもやっぱり…「文龍では、こってり を食べてこそ!
という思いがあります (^^ゞ

 

もっちもち食感が楽しい♪ 濃厚スープが絡み合う中太麺がハマる~

合せるのは、中太サイズのモチモチ麺

かなり加水率が高めで、もっちもち食感がなんとも楽しい麺です^^

こんなに太いのに、ドロリ濃厚なスープが絡む×絡む(笑)

スープだけでなく、麺もしっかり個性的!

特に低加水の細麺を食べ付けている博多モンにとっては、この組み合せがすっごく印象に残ります(^o^)

 

味変で更にカオスな味わいに♪極濃とんこつをトコトン楽しもう

タップリ背脂で見えませんが(笑)

丼の中には、薄切りのチャーシュー、板海苔、キクラゲ、ネギが入っております。

既にデフォのままでも十二分に個性派ですが…

ここから怒涛の味変ラッシュをキメるのが、文龍の醍醐味です(^^ゞ

投入順序は研究中ですが、僕はこのパターン

①まずは添付の辛子味噌を、溶かさず乗せて味わう

②セルフアイテムの辛子高菜を投入して、旨味と辛味をプラス

③いよいよ卓上のニンニク醤油ペーストを投入、脂&ニンニクのケミストリーが炸裂!

後半は、なかなかカオスな味わいに(笑)

重くなってきたら、紅生姜をかじったり、激カラトッピングで辛味を加速するのも良さそうです^^

 

餃子

今回はずっと気になっていた 餃子 もオーダー。

ちょっとサーブに難があったものの、お味の方は上々の出来栄え (^-^)

最初の3コはタレで。

後半3コは、タレにニンニクペーストをチョイ足しして、スパルタンに味わいました。

ちょっと反則な食べ方ですが、ビールと恐ろしく合いそうです(笑)


 

火の国 文龍は、クオリティの安定感もポイント。

本店と菊陽店、どちらで食べてもいつも安定しているイメージがあります。

きっと遠くから、指名買いで訪れるファンも多数いると思われるので…

安定しているのはありがたい限りです\(^o^)/

とかく ”濃厚” を打ち出しがちな とんこつラーメン。

名乗るのは自由ですが、そこには大きなリスクも潜んでいるように思います(汗)

その点 火の国 文龍 は有言実行!!

ここが熊本最強を名乗ることに異論をはさむ方は、おそらく見当たらないのではないでしょうか。

不言実行もカッコいいですが…

プライドを掛けて、最強を名乗っていくのはもっとカッコいいなぁ~と思います♪( ´▽`)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

火の国文龍 総本店