旨いラーメン屋に旨いちゃんぽんアリ!自信に裏打ちされた確かな一杯

ホウテン食堂 奉天本家 (1)[1]

ホウテン食堂 奉天本家@博多区中洲
昭和のちゃんぽん

 
中洲のド真ん中第5ラインビルの一角にお店を構える”ホウテン食堂 奉天本家”は、創業60年を越える超老舗

数年前に一風堂を営む“力の源カンパニー”をパートナーにリニューアルを果たしました。

 

そしていよいよ今年の春には「ラーメンスタジアム」にも進出。

“黒” 名代 博多ブラック

”赤” 博多 辛レッド

黒&赤を看板メニューとして展開しています。

 

今回は中洲の本店にしかないちゃんぽん」を食べに訪問♪
少し前に一度訪問してみたら、ラースタの兼ね合いか?「ランチはしばらくお休み」とのオチ…(/_;)

そこでわざわざ夜に出直したら、「6/1~からランチ再開しました」とのこと(汗)

 

若干、間の悪さに苦笑いしつつ、僕は「昭和のちゃんぽん」を。
ふくめん2号は「博多もつニラソバ」を頂きます^^;

 

[button color=”#3d58b4″ title=”お店への行き方、雰囲気、メニューなどの詳細はこちらから” icon=”icon-right-bold” url=”https://menmusubi.com/houtenshokudou000″]

 

旨いラーメン屋に旨いちゃんぽんアリ!自信に裏打ちされた確かな一杯

ホウテン食堂 奉天本家 (2)

それほど待たずに着丼。
旨そうなスープに、こんもり盛られた具材にテンションUP♪

まずはやっぱりスープから・・・旨いっ^^
コクのあるスープは、グッと染み入る旨味の濃さと、後味の軽やかさが魅力です。

旨いトンコツスープに、肉や野菜などの具材の旨味が溶けだし、より奥深い味わいに仕上がっています!

 

”旨いラーメン屋には、旨いちゃんぽんアリ”とはお店の弁。

確かにメニューに謳われている通り、福岡ではちゃんぽんは中華料理屋さんで食べるというより、ラーメン屋さんで食べるもの…という傾向があるかも?

今でこそ“ちゃんぽん専門店”もありますが、昔はそれこそ”リンガーハット”くらいだったような(^^ゞ

ヨシ!
ラーメン屋さんのちゃんぽんを、随時追ってみようかな^^

 

適度にシャッキリ♪絶妙の炒め&煮込んだタップリ具材

ホウテン食堂 奉天本家 (1)

具材タップリ!
やっぱりちゃんぽんはこうでなきゃ♪

豚肉、ピンクのカマボコ、キクラゲ、キャベツ、モヤシなどなど・・・多彩な具材がタップリと使用されています。

歯ごたえを残しつつ、スープや麺と上手~く馴染んだ仕上がり。

炒め&煮込みすぎは論外だけど、あまり食感を重視しすぎるあまり、馴染んでいないのもアレですよね?
その点こちらの一杯は良い塩梅です^^

 

食べ応えのある中太麺が、具材と馴染んでメッチャウマ♪

ホウテン食堂 奉天本家 (3)

モッチリとした中太ストレートちゃんぽん麺

食べ応えのある麺が、具材と馴染んでメッチャウマです^^

スープはモチロンですが、ちゃんぽんの場合は具材との一体感も重要!

それぞれの旨さに留まらず、相乗効果を引き出せてこその旨いちゃんぽんですね♪


 

メニュー名の“昭和のちゃんぽん”がそれを示すのか?は分かりませんが、決して特殊な一杯ではありません。

一見どこにでもあるよう…それでいてこの完成度はレア
そういうイメージかな(^^ゞ

 

いや~旨かった♪
ラーメン屋さんのチャンポン、やはりじっくりと追ってみなければ!
ホウテン食堂では、近くもう一度「博多黒つけソバ」を味わいたいです。

お隣さんが食べていて、むしょ~にまた食べたくなりました^^

 
掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。
 

ホウテン食堂 奉天本家のメニュー

ホウテン食堂 (8)博多黒つけソバ(2014/8/7)
甘辛酸っぱいつけ汁+プリプリ縮れ麺が好相性なつけソバ

 

 

ホウテン食堂 (1)奉天中華ソバ(2014/8/7)
博多に中洲ブラック在り!甘辛仕立ての個性派醤油ラーメン

 

 

店舗情報はこちらから

ホウテン食堂 奉天本家

昼総合点★★★★☆ 4.0