【Soudori 善@中央区渡辺通】 いよいよ濃厚鶏白湯が復活!提供時間は要チェック

中央区渡辺通にある、「Soudori 善」 をご紹介します。

2017年9月に 「双鶏」 としてオープン。その後、現在の名称に変更されました。

オープン当初はラーメンやまぜそばなどを提供していましたが、途中からは焼鳥のみの提供に。

その後、現在の 「Soudori 善」 になって、鶏白湯ラーメンも復活しました。

 

5 濃厚鶏白湯ラーメン+煮卵(2019年5月)

バランスよしの濃厚鶏白湯。 サラダから入り、スープ茶漬けで〆るべし

訪問時点でのラーメン提供状況は…
平日のランチタイム
21~24時限定での提供

※訪問時のものなので変更となっている可能性もあります^^;

せっかく復活したのなら、まずは一度味わいたいとランチタイムに訪問して参りました。

 

アクセス

渡辺通 電気ビルやBiVi福岡の裏手あたり。
薬院駅と渡辺通駅の中間にお店があります。

数多くの飲食店が軒を連ねる、超激戦区。

近隣には「Chinese Kitchen 真心」 や 「麺や 菜」 があります。

 

店舗外観

看板には 「とりかわ焼鳥」 「鶏白湯ラーメン」 の文字が。
シックな雰囲気のファサードです。

こちらは以前、博多牛スジラーメン 歩があった場所ですね。

照 TERRA 渡辺通店」 には行ったものの、こちらは行こう・行こうと思っているうちに(汗)

ランチ復活を示す幟、貼り紙を見てホッとしながら店内へ。

 

店舗内観

ごはん&キャベツはセルフで。

ラーメンを待つ間、キャベツを食べておくと少しヘルシーかも (^^ゞ

 

卓上調味料

卓上には粗挽きコショウ唐辛子などが。

 

おしながき

こちらは2019年5月時点のお品書き。

ランチメニューは、濃厚鶏白湯(ごはん・キャベツ食べ放題付き)のみ

ごはんと一緒に味わいたいラーメンなので、嬉しいですね。

玉子やチャーシューを追加することもできます。

 

バランスよしの濃厚鶏白湯。 サラダから入り、スープ茶漬けで〆るべし

いよいよ登場、こちらが 濃厚鶏白湯ラーメンです。

鶏白湯には欠かせない、煮卵はトッピングで追加しました。

鶏の旨味をグッと引き出したスープは、なかなかの濃度

初期の頃は極めてパワフル&タレもギュっと強めのイメージでしたが…

濃厚ながらもグッと円やかでバランス寄りのチューンになった印象です。

バランス重視のトーンと言えども、濃厚の文字に偽りはなし。

それでいて人は選ばない、間口の広さがあると思います^^

合わせるのは全粒粉を練り込んだ中太ストレート麺

トロリとしたスープに包まれても、その存在感を失わないモチモチと楽しい食感です♪

しっとりとした鶏チャーシューは、粗挽きブラックペッパーが良いアクセントに。

どちらかと言えば ”和より洋” というテイストと感じるので、柚子胡椒というよりペッパーが合いますね (^^ゞ

玉子はちょっと火が入りすぎていたのが残念。

トロっと感が楽しめたら、もっと良かったと思います。

〆はもちろん鶏スープ茶漬けでキマリ♪(´ε` )

お腹の具合に合わせて楽しめるのがイイですね~


 

福岡ではレアメニュー、鶏白湯ラーメンを楽しめるお店が復活したのは喜ばしい限り^^

ただし、提供時間については事前に確認されることをおススメします。

今回の訪問時は、平日ランチ&21~24時の提供でしたが、提供時間は伸びるかも知れませんし、もしかすると短くなることも無いとは言えないかも?

遠方からの場合はご注意ください。

メインは焼鳥だと思われますので、なかなか現実的には難しいかも知れませんが…

台湾まぜそばや醤油ラーメンも、復活してくれたら嬉しいなぁ~と思います。 

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

4 台湾まぜそば(2018年2月)

麺屋棣鄂のウイング麺を使用! 麺の旨さ+全体の一体感共に秀逸な一杯

 

2度目の訪問で醤油や、辛いバージョンの鶏白湯を食べ 「次回は夜訪問して、台湾まぜそば&つけ麺だ♪」 と目論んでいたら・・・

台湾まぜそばは登場したものの、つけ麺は待てども待てども登場せず^^;

「少なくとも一時はつけ麺出ないんだろうな~」と思い、まずは台湾まぜそばを食べに訪問してきました。

 

 

まぜそばの醍醐味は、麺の旨さ+全体の一体感にアリ!

こちらが夜の限定メニュー、台湾まぜそば
肉みその周囲を、様々な薬味が彩る定番のビジュアルです。

肉みそ、炙りチャーシュー、魚粉、ネギ、ニラ、玉ネギ、刻みのり。
そして中央にはプリっと卵黄が^^

双鶏の台湾まぜそば、最大の特長はこちらのウイング麺!
全国の人気店御用達、京都 「麺屋棣鄂」 が手掛けるオリジナルの逸品です。

一般的に麺の断面は ”丸” か ”四角” ですが、なんとこちらは ”T字” 型!

食感の楽しさに加え、スープの絡みも増すというスグレモノでございます^^

全体をよ~くマゼマゼしてズズっと・・・お~っ、こりゃウマいっ (о´∀`о)

しっとり&たっぷりの辛みそが麺にガッツリと絡みまくり、思わずニンマリ♪

まぜそばの醍醐味は麺の旨さ+全体の一体感にあると思うのですが、まさにそれらをあわせ持った一杯であると申せましょう。

旨味強め辛シビ感は適度なので食べやすいチューニングかと思います。

後半は添えられた昆布酢を少しかけると、円やかな酸味がプラスされてこれまたイイ感じですよ~

食べ終えたら店員さんにお願いして、割めしをいただきましょう。

丼に残ったミンチとタレにゴハンを入れて、これまたよ~くマゼマゼ。

コレコレ♪
これを食べなきゃ、台湾まぜそばを味わい尽くしたとは言えませんよ~(^^ゞ

 

双鶏白湯ラーメン

こちらはデフォの双鶏白湯ラーメン
今回はお薦めの焼き鳥つくねをトッピングしてみました。

鶏のポッタリ感はしっかりと楽しませつつ、前回食べた時よりグッとマイルドで食べやすいイメージに。

初回から旨かったものの、「流石に超高濃度なんで人を選ぶかも?」 という感じも(笑)

高濃度という特長は失わず、より幅広い方が楽しめるようになったと思います^^

 

ゆず塩炙り焼豚丼

欲張ってゴハンものも一つずつ。

こちらは、ゆず塩炙り焼豚丼
甘ったるさがなくキレの良い味わい♪

ゴハンごと炙りが入るあたりに、海鳴丼に通ずるものを感じます^^

 

肉みそT・K・G

こちらは肉みそT・K・G
玉子かけゴハンに、台湾まぜそばの肉みそ的なものを乗っけた一品。

そりゃ~もう間違いないウマさです (^^ゞ


 

ようやく気になっていた台湾まぜそばにありつけました♪

福岡ではその存在自体がレアなメニュー
双鶏バージョンは、クオリティ&オリジナリティ共に素晴らしいと思います。

願わくばつけ麺の登場にも期待したいところ。
次回はもう一度、醤油を食べてみようかな~

 

3 双鶏醤油ラーメン(2017年9月)

いよいよランチ営業もスタート♪ 醤油やピリ辛鶏白湯など新メニューも登場

オープン時は夜のみの営業でしたが、ふらりと訪れてみると・・・おおっ、昼もやってる♪

さてメニューは・・・流石に台湾まぜそばやつけ麺はないみたい^^;

しかしよく見ると、醤油辛い鶏白湯など新登場のメニューが!
これは気になるね~

 

鶏ダシに醤油ダレがギュっと効いた、明快で頼もしい一杯♪

いよいよ登場。こちらは、双鶏醤油ラーメンです。

2種のチャーシュー、ミツバ、白ネギが美しく盛り込まれた一杯。

盛り込みの丁寧さは、味にも繋がると思いますね^^

ではではスープからズズっと・・・お~っ、こりゃ旨い♪

鶏のダシにギュっと効いた醤油ダレ香ばしさ&コクが、明快で頼もしいイメージ。

醤油は醤油らしく” という言葉が浮かびます。
こりゃイイねっ♪(´ε` )

麺は麺屋棣鄂謹製エッジの効いた中太ストレート麺

全粒粉を練り込むことで、より一層香りが際立つイメージです。

極濃の鶏白湯スープ以上に麺の存在感を楽しめる一杯。

より麺を味わうタイプは醤油かも (^^ゞ

具材はしっとり鶏チャーシュー香ばしい豚チャーシュー

それぞれの旨さを味わえる欲張りな構成です。

ミツバ&白ネギの清涼感もイイ仕事してます。

添えられた柚子胡椒レモンで味変するのも楽しいですよ~

 

2 辛双鶏白湯ラーメン

極濃鶏白湯スープ+ガッンと辛味。ガッツリ+スパイシー好きなあなたへ

こちらは、辛双鶏白湯ラーメン

デフォの鶏白湯をベースとしつつ、スパイシーなパウダーが表層を覆うハードな一杯。

はて、辛味と共に感じる風味は・・・

オレンジのパウダー、香味油、どちらかに由来するものかな?

いきなり混ぜずに味わうべきだったなぁ^^;

極濃のスープにガッツリ辛味

「スープの量をぐ~っと少なめにして、まぜそばライクに味わえるかも?」 と感じるほどパンチの効いた味わいです。

辛味は結構しっかりなので、濃厚+スパイシー好きな方におススメですね。

 

ランチセット

こちらはランチセットの、かしわご飯日替りの小鉢

かしわご飯は結構濃いめの味付け。
サービスで大盛にも対応してくれます。

卓上の粗挽きコショウをパラリと振って楽しみました。

小鉢ってなんとなくオマケ的で ”まぁ、有ったらあったで・・・” というものも少なくないですが(汗)

こちらの小鉢は味&食べ応えともに十分でした^^

これで+150円は非常にお得感ありますね♪


 

どちらも個性派の一杯でしたが、僕はズバッと明快で頼もしい醤油が好みでした (^o^)

登場予定のものを含めランチ+ディナーを合わせると、既に6種ものメニューが。

バラエティ豊かな構成で楽しませてくれるお店です!

次回は、つけ麺が登場した際に。
台湾まぜそばとセットで味わってみたいと思います。

 

1 双鶏白湯ラーメン 味玉入り(2017年9月)

重厚鶏白湯スープに合わせるのは・・・あの、京都 麺屋棣鄂 謹製の中太麺!

オープン当初は夜のみの営業」との情報を、イナッキーさんのツイートで確認。

僕らは基本的に昼の活動なので、事前に知ることができて助かりました (^^ゞ

 

おしながき

こちらは焼鳥などのおしながき。
110円/1本の品が圧倒的に多く、お手頃な構成です。

気になる麺メニューがこちら。

鶏白湯ラーメン鶏白湯ベースの担々鶏魚介のつけ麺台湾まぜそばという4種をラインナップ!

福岡ではレアなメニューばかりですね^^

この時点では、鶏白湯ラーメンのみの提供。
追って他のメニューも登場するそうです。

ちなみに麺は噂通り、京都 「麺屋棣鄂」 の謹製♪

つけ麺&まぜそばは、あの特製ウイング麺を用いるようです。

今回は、串ものを6本ほど食べ、双鶏白湯ラーメン 味玉入りをいただきました。

 

鶏皮

まずは鶏皮を、タレで2本ずつ。
写真を撮り忘れましたが、豚バラも2本いただきました。

お手頃価格で気軽に楽しめるのが嬉しいですね^^

 

博多モンも驚く! ガツンとパンチの効いた重厚鶏白湯スープ

いよいよ登場、こちらは 双鶏白湯ラーメン 味玉入り です。

見るからに頼もしい、重厚感ある鶏白湯スープ。

それでは早速、ズズっと・・・お~っ、こりゃスゴイ♪

まるで鶏にガブリと食らいついたような、ほとばしる旨味!

ガツンとパンチが効いた味わいに驚きです。

タレの効き方もピシャリ。
ビシッと輪郭を描く、パワフルな仕上がりです。

コッテリとんこつラーメンに慣れた博多の人も物足りなさは皆無だと思います^^

後半は、添えられた柚子胡椒レモンで味変を楽しみましょう。

柚子胡椒も鉄板ですが、おススメはレモン

重厚ゆえ、やや舌が重くなった頃にギュッと絞ると、グッと軽やかな後味に。

柚子胡椒と混ぜない方が、メリハリが効いて良いかも知れません。

 

京都 麺屋棣鄂 謹製! 重厚スープに飲まれない中太麺

麺は京都発の人気製麺所 ”麺屋棣鄂” 謹製!

7月、高宮駅そばにオープンし大人気を博している 「地鶏らーめん はや川」 も、棣鄂(テイガク)の麺を使用しています。

モッチリと口当たりの良い中太ストレート麺

重厚トロトロなスープだけに、麺のスープリフト力が半端ではありません(笑)

こんなにガッツリ! 麺がスープを連れてきます (^o^)

スープが超強力なので、すっかり麺が埋もれてしまいそうですが・・・

そこは流石の存在感控えめながらキッチリと主張しています。

 

デフォで鶏&豚の2種盛り♪ 具材もキッチリ抜かりなし

チャーシューは、しっとりながらコクのある鶏チャーシューと、

炙りを入れて香ばしく仕上げた豚チャーシューの2種を合わせ盛り。

どちらも間違いないクオリティでしたね♪

ちなみに添えられた柚子胡椒は、レモンと混ぜないために、鶏チャーシューのうえにチョイと乗せて味わってみました。

我ながら上手い使い方だったかも (^^ゞ


 

これまた面白いお店が登場しました^^

いずれスタートすると思われるランチ営業。
担々麺、つけ麺、まぜそばの登場も楽しみです♪

それにしても・・・少し先の 「CHICKEN MEN 鶏麺」 とは、メニュー構成が極めて近く・・・
かなり驚きました^^;

鶏白湯ラーメンは大好きなので、アツいお店が登場するのはウェルカムです!

最近の新店は、醤油・辛い系が圧倒的に多かったので、こうして別ジャンルが登場するのは嬉しいですね。

新メニューが登場したら、早々にリピしたいと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

Soudori 善