【天砲ラーメン@春日市一の谷】 この味でデフォ=500円!?味もコスパも実に秀逸

春日市一の谷にある、「天砲ラーメン」 をご紹介します。

久留米ラーメンの筆頭格 「大砲ラーメン@久留米市」 で修業された店主さんが営むブランド。

大砲の”大”に”一”を足して、”天砲” と名付けられたと聞きます。

福岡市内では数少ない、本格久留米ラーメンを楽しめるお店。

呼び戻しスープ+カリカリが乗る、濃厚とんこつが味わえます。

 

2 久留米屋台 炙りチャーシューメン(2019年7月)

やっぱり炙りチャーシューがイチオシ♪ 手間暇かけた香ばし旨い一杯

前回のレビュー公開から、なんと5年ぶり^^;
何度かお店を訪れたものの、随分と更新できておりませんでした(汗)

最近は 「一骨入魂」 や 「ラーメンきいち」 など、新ブランドが登場している春日市。

エリア全体が活性化するのは良いことですよね~(^^ゞ

 

アクセス

博多駅南駅から1.5キロほど。

一の谷3丁目交差点からちょっと入った辺り、なぎの木通り沿いにお店があります。

 

店舗外観

横に長~~い一軒家風の建物。
”久留米とんこつ” の冠が掲げられた、大きな看板が目を引きます。

店頭には専用の駐車スペースがありますよ~

 

おしながき

こちらは2019年7月時点のお品書き。

ラーメンは基本 ”ラーメン” と、カリカリなどが乗った ”屋台仕込み” の2パターン。

それぞれ大砲でいうところの、”ラーメン””昔ラーメン” という位置づけかと思います。

餃子焼飯など、王道のラインナップ。
お得なセットメニューもあります。

いつも通り、久留米屋台 炙りチャーシューメンをいただきました。
おっと、いつもの炒飯セットで (^^ゞ

 

店舗内観

かなり広い店内。
テーブル席座敷席が多く、家族連れも多いです。

僕は大体一人なんで、いつもカウンター。
カウンターからは調理の風景が見られるので、なかなか楽しいです。

だいたいお客さんが並んで食べているので、内観の写真は撮れたことが有りません^^;

 

卓上調味料

卓上にはコショウ辛味噌?といったアイテムがスタンバイ。

 

やっぱり炙りチャーシューがイチオシ♪ 手間暇かけた香ばし旨い一杯

いよいよ 久留米屋台 炙りチャーシューメン が着丼。

大砲では昔ラーメン清陽軒では屋台仕込み天砲では久留米屋台をいただくのがお約束です^^

キレイに乳化した香り高いスープをひと口…うん、旨い (^o^)

しっかりと濃厚でありながら、妙な重さを感じさせないピュアな味わいです。

ここ数回の印象としては、昔より研ぎ澄まされた味わいになったイメージ。

より落ち着いて熟練のチューンになったという感じでしょうか。

合わせるのはストレートの中麺
思い込みかも知れませんが、大砲より心もちスリムかな~と。

博多系のザクザクではなく、スルスル&モチっとした食感を楽しめます^^

具材はチャーシューキクラゲ、そして海苔という構成。

キクラゲが乗るのが大砲・清陽軒との目立った違いかな。

ここのチャーシューは、しっとり&とろ~っとした絶品!

オーダーを受けてから、七輪で炙るので香ばしさもタマラナイ♪(´ε` )

写真ではわかりづらいのですが、おそらく2種が盛り込まれていたような気がします。

モチロン僕の好物である ”カリカリ=豚脂の揚げ玉” も。

これが無いと、久留米ラーメンを食べた気がしないんですよね~(^^ゞ

 

炒飯セット

こちらもお約束の炒飯セット。
しっとりタイプの食べきりサイズ。

今回の仕上がりはまずまずといった感じでした。


 

正直言いますと、前回・前々回は本領を発揮していなかったイメージでした。

でも今回は、天砲らしさを感じることができたので良かったなぁ~^^

とはいえ本来のポテンシャルは相当なもの。

これだけのクオリティにもかかわらず、
ラーメン=500円!!
久留米屋台ラーメン=530円!!

驚異的なコストパフォーマンスです♪( ´▽`)

久留米ラーメン好きの方は、まず一度試してみて欲しいです。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 久留米屋台 炙りチャーシューメン(2014年6月)

天砲 春日 (5)

これが本物の久留米豚骨。王道を紡ぐケレンミの無い旨さ!

 

その名が表す通り、久留米ラーメンの筆頭”大砲ラーメン”をルーツに持つお店

修行を重ね、お墨付を得たうえで数年前にオープンしました。

いや~初めて行った時は本当に驚きました。

確かに大砲ベースの味なんですが、好みによってはそれさえ凌ぐのではないかと。

大砲の”大”に”一”を足して、天砲

この味は大砲の系譜に新たな流れを生み出す、ひとつの進化系と言える名店です。

 

店舗外観

天砲 春日 (1)

井尻六ツ角から春日小/中学校方面に入った通り、なぎの木通り沿いにあります。

位置的には、いけいけ通りと交差する一の谷3丁目交差点の少し手前(左側)になります。

お店の前に駐車スペースがあります。

 

卓上調味料

天砲 春日 (3)

かなり広い店内。テーブル席や座敷席が多く、家族連れの多さを伺わせます。

僕はここでは毎回一人なんで、いつもカウンター(汗)

カウンターからは調理の風景が見られるので、なかなか楽しいです。

 

メニュー 

天砲 春日 (2) 天砲 春日 (4)

 ラーメンは基本の「ラーメン」カリカリなどが乗った「屋台仕込み」2パターン

餃子
焼飯など、王道のラインナップです。

ワンタンメンがあるところが久留米らしいですね^^

いつも通り、屋台 炙りチャーシューを頂きます。

 

このブクブクが旨さの証!名店仕込みの確かな味わい

天砲 春日 (6)

ひとくちスープを啜れば、誰もが納得するでしょう。

名店、大砲の味を彷彿とさせるコッテリと濃厚な呼び戻しの豚骨スープ

何のケレンミも無く、飾る必要など微塵もない、絶対的な王道の味わい…シビれます♪

「ラーメン」と「屋台仕込み~」の違いはおそらくカリカリの有無とコッテリ度の違い…かな?

僕は大砲でも昔ラーメンばかりなので、その流れでこちらでも屋台仕込み一本です。

単にカリカリが好きなだけという噂も^^;

ちなみにカリカリは背脂を揚げたもので、豚の揚げ玉みたいな感じです♪

 

コッテリ度で表すなら”こっさり”な麺?イメージは久留米と博多の良いトコ取り?

天砲 春日 (7)

ちょっと大げさですが勝手なイメージです^^;

大砲ラーメンと比べると少~し細め
で、少~し加水率も低い様な…イメージです(汗)

太さも硬さや弾力も良い感じ。

ま、僕の記憶はアテになりませんが、スープとのマッチングも含め素晴らしい麺です!

 

とろけるような旨さ+炙りまで入る、隙の無いチャーシュー

天砲 春日 (5)

毎回必ず、チャーシューメンでオーダーします。

やや薄めに切ったチャーシューはトロリ&シットリの旨さ♪

それに都度都度、炙りを入れて仕上げてくれるのだからたまりません(^o^)

カリカリの香ばしさ、ちょいキクラゲネギ。なぜか定番のノリもある意味欠かせません。

言うことなし!のカンペキな布陣です。

今まで何度か味わったなかで僕の勝手な解釈としては、大砲のクセを少し抑えて「誰もが食べやすいチューニング」に仕上げたというイメージ。

「大人しくなった」と感じるか、「こっちの方が食べやすくて好き」と感じるかは好みの部分かな?

僕は大砲本店は更に上を行く美味さだけど、支店によっては天砲の方が旨い!かな?

どちらにしても高いレベルでの違いなんで、ココがメチャ旨なことだけは間違いナシ!!

しかも…「ラーメン¥480」「屋台仕込み¥500」という安さ!

本当に美味さと値段は別物ですね!頭の下がる想いです(^^ゞ

ちなみに天砲は焼飯もメチャウマです。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから