【博多鶏つけそば とりの時@中央区春吉】 チョイのみ+鶏つけ麺という新たなアプローチ

中央区春吉にある、「博多鶏つけそば とりの時」 をご紹介します。

2019年4月にオープンした、鶏つけ麺をフィーチャーした麺酒場

鶏をキーワードとしたおツマミメニューもアレコレ提供されています。

 

2019年4月 鶏つけそば

岩のり&レモンの味変が秀逸。 サラリな鶏ダシでコリっと歯ごたえある細麺を手繰る

近年、次々にオープンしている ”ラーメン居酒屋” 形態の新店舗。

むしろ先輩格の!? ”うどん居酒屋” と共に、福岡で広まっています。

ラーメン居酒屋となると、やはりトンコツか、醤油系というパターンが多い中…

こちらは ”福岡産銘柄鶏×低加水細麺のつけ麺” を主軸に据えた新しい展開。

「まずは一度食べてみよう」 ということで、行ってきました。

 

アクセス

国体道路 春吉交差点からチョイと奥へ。

202号線沿いにある吉野家の、裏の裏あたり(分かりづらい^^;?)にお店があります。

プロスペリタ天神という建物の2F。
近隣には 「らーめん屋 鳳凛 春吉店」 や 「弥太郎うどん」 があります。

 

店舗外観

階段を上って2Fへ。
なんちゃない様で、階段を上るとフラリ立ち寄る感じではなくなる所もありますね (^^ゞ

入口は極めてシンプルなつくりです。

 

おしながき

こちらは2019年4月時点のお品書き。

ごまどり、とり海苔わさなどの鶏系つまみその他おつまみ、そしてドリンクも。

全体的にお値段は抑え目な設定ですね。

麺は 鶏つけそば 1本
大盛やテイクアウト、各種トッピングもあります。

 

店舗内観

オールスタンディングの店内。

どこかで見覚えのあるタッチの絵が、店内のあちらこちらで見られます。

 

卓上調味料

卓上にはブラックペッパー岩塩のミルがスタンバイ。

 

まずはチョイチョイとおつまみを。

こちらは、ごまどり

博多名物ゴマサバを鶏に変えて作った、有りそうでなかったメニュー。

黒ゴマを使っているところが面白いですね。

続いては、ささみのみりん干し

ソフトなジャーキーの様な食感で、身が詰んでいるのでコクを楽しめます。

あたりめ風のマヨ七味もモチロンぴったり。

もう一品は、スパイシーポテサラ

カレー粉、クミンシード、ピンクペッパーなどをあしらった、アッパーな味わいポテサラ。

添えられた玉子を崩しながら混ぜると、より味わい深くなります。

 

岩のり&レモンが秀逸。 サラリな鶏ダシでコリっと歯ごたえある細麺を手繰る

それではいよいよ、鶏つけそば を。

スープは適度に白濁し、麺は博多らしさを感じるストレートの細麺を使用。

岩のりレモンなどの薬味が添えられます。

まずは麺を少し。

コリっと食感良く茹で上げで〆た麺は、ぬめりなども無く歯ごたえがイイ感じ。

プラスチックの敷物は、ちょっとチープに見えちゃうかも(汗)

鶏と和ダシの香りが立ち上る、柔らかな白濁スープに潜らせると…うん、なかなかイケますね^^

鶏スープの塩梅は、サラリとスムーズなタイプ。

おそらく細麺仕様ありきの組み立てだと思われるので、これ以上の濃度になるとバランスが崩れると思います。

〆メニューとしてのポジションなので、尚更でしょうね。

ある程度食べたら、スープに岩のりをプラス

磯の香り鶏の旨味がマッチして、グッと風味豊かになります♪

レモンは麺にちょいと絞って。
スープの塩味に慣れてきたところで、良いアクセントとなります。

鶏チャーシューは結構厚手

具としてはそれほどマストな印象ではないので、柚子胡椒を添えてアテにしちゃうのもイイかも知れません^^


 

アプローチとしては結構好きなタイプ。

今後の進化で、グイっと伸びてくる可能性は少なくないでしょう♪

ちょうど入ったタイミングはお客さんが少なかったので…

僕ら2人に対して、フロアに店員さんが3人。

ちょっと食べづらい感があったのは残念でしたが^^;

新たな試みだけあって、まだまだ新たな引き出しが見込めそう。

これからの展開にも期待したいと思います。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから