【元祖ラーメン長浜家@中央区大手門】 一番ウマいのは家1?その噂は本当か確かめてきた

中央区大手門にある、「元祖ラーメン長浜家」 をご紹介します。

福岡のラーメン好きな方々には、通称=家1(ケイチ)と呼ばれるお店。

元祖長浜屋から発生した、2つめのガンソです。

 

 「(ガンソの中で)一番ウマイのは家1!」 と推す方も多数。大手門のガンソがコチラ

福岡には 「元祖」「長浜」 というキーワードを持つラーメン店がいくつもある訳ですが^^

中でも、3軒がその代表であると思われます。

 

元祖 長浜屋@中央区長浜

通称 ”
いわゆる元祖 of 元祖
こちらが起源となるお店です。

元祖ラーメン長浜家@中央区大手門

通称 ”家1(ケイチ)
2番目にオープンしたといわれるお店。
今回ご紹介するのはコチラです

元祖ラーメン長浜家@博多区上川端町

通称 ”家2(ケニ)
オープン時は、屋 や 家1 のすぐそばに有りましたが、2016年春 上川端町商店街へ移転

 

めんむすびではある時期から、これらのTOP3を不定期でローテーション中。

やっぱりルーツ=屋が最強なのか?」
一番ウマイのは家1!なのか?」
「川端に移転して安定感激増の家2なのか?」

その真相に迫るべく、修業中でございます (^^ゞ

 

アクセス

長浜鮮魚市場からほど近く。
那の津通り沿い、浜の町公園前と港1丁目交差点の間にお店があります。

 

店舗外観

存在感バツグンの大きく明るい看板。

深夜ともなると、お店の前にはタクシーで乗り付けるお客さんが続々と現れます。

今回は昼の写真に変えてみました♪

長浜地区 → 川端地区へと変化したお知らせ。
家2とは違うよ!」ということです^^

確かに一言一句同じ名称なので、普通は同じブランドだと思いますよね^^;
てな訳で、ガンソの戦いはまだまだ続きます(笑)

ちなみにこちらは基本的に24時間営業ですが・・・
週1回・2時間は、準備中となりますのでご注意ください。

 

店舗内観

お客さんが多かったので、内観は割愛。

クラシカルな朱色を基調とした、ガンソのフォーマルな仕様です(笑)

モチロン、チビッコへの注意喚起は怠りません。

伝説の看板は健在です^^

 

卓上調味料

卓上には定番のアイテムが。

ちなみに小さなヤカンはお茶ではなく ”ラーメンのタレ” が入っています。

ウッカリ間違うと、色々と悲惨な感じになるのでご注意ください^^;

 

おしながき

メニューはラーメンのみ!

替玉と替肉はそれぞれ100円となっております。

2018年8月時点の価格はこちら。

屋@長浜=500円
家1@大手門=450円
家2@上川端町=550円

引続き、家1が最もリーズナブルな設定ということに♪

券売機を使わないスタイルも、家1だけの特徴です。

しかし中洲からタクで移動すると・・・
値段だけでは割り切れない・・・かも知れませんね(^^ゞ

店内に入ると店員さんから 「かたさは~?」 と聞かれます。
麺の硬さ、脂の量、ネギの追加をオーダーする場合は、このタイミングで伝えましょう。

☆オーダーについて詳しくはこちらの中段あたりをご覧ください (^^ゞ

 

チョイおとなしめながらバランス良し♪ 好みのチューンで自分好みに

あっという間に着丼。
スープのルックスは・・・ニュートラルなイメージ。

では早速、丼からズズっと・・・うん、チョイ軽めだけどバランスの良い感じ♪(´ε` )

タレちょい足しでピシャリといったところです。

ブーストアップの調味料

「食べ始めてすぐ手が出るか?」
「しばし食べて手を伸ばすか?」

という動きの違いが、その日のコンディションの差かな~(^^ゞ

この日はチョイ早くらい(笑)

とは言え薬味は単なるフォロー役という訳でもなく・・・
コショウ・ゴマ・紅ショウガをプラスすることで ”らしさ”が完成するというイメージです^^

タレはコンディションを補う位置づけ。

ぶっちゃけ申しますと・・・
脂多め(ベタ)でオーダーして
・スープの塩梅に応じてタレ追加すると

確実に”コレコレ”には浸れます♪( ´θ`)ノ

それを言っちゃオシマイダヨのび太くん(笑)

ちなみにガンソではちょっと濃いめに味付けして、麺メインでズルズルいっちゃいます。

 

ピシャリとベストに仕上がったストレート麺。この食感がまさにガンソ

麺はお馴染みのストレート麺
実は一般的な博多のラーメンより、グッとボリューミー

噂によると150gとも、160gとも聞きます。

今回はカタでオーダー。
軽いニチっと感も楽しみつつ、ベストな仕上がりの麺を堪能しました。

なんとなく家1の麺の塩梅が、個人的にはベストなんだよなぁ~(^o^)
気分の問題かも知れませんが(笑)

 

替肉を替えずに初っ端なら楽しむのも自由! チョイしょっぱめの味がイイ♪

チャーシュー・・・もとい ”肉” は、しっとり薄切りカット
これがねぇ~ウマイんだよなぁ~(^^ゞ

今回も替肉をプラスして、チャーシューメン的に楽しみました(笑)

本来は替玉とセットで楽しむモノでしょうが、好きに味わうが吉でしょう^^;

肉を増やすと、タレの追加は控えめでOK。
チョイしょっぱめの味がイインダヨ~♪

 


 

ちなみについ先日、Yahoo!JAPANに
福岡市内に「元祖長浜ラーメン」が濫立している異常事態

という山路さんの記事が公開されていましたが、まさに今の福岡市は ”ガンソフィーバー” という状況。

ここ1年で6軒もの ”ガンソインスパイア” な新店がオープンしています。

元祖ラーメン 元長家@早良区昭代
2018年7月オープン

ザ・ナガハマラーメンⅡ@博多区神屋町
2018年5月オープン

元祖ラーメン 元長屋@中央区今泉
2018年3月オープン

元祖ラーメン 長浜男 東光店@博多区東光
2018年2月オープン

ザ・ナガハマラーメン@南区大橋
2017年9月オープン

はかたやExpress@東区箱崎
2018年7月オープン

改めて見ると・・・スゴイね^^;

そろそろ僕が心待ちにしている、”ニューウェーブなガンソ” も登場して欲しいなぁ~

理想のお店が登場したら通い詰めるね、間違いなく (^^ゞ

今後も登場するであろう新店も交えつつ。
ガンソ ”不” 定点観測は、今後も続けていきたいと思います!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

元祖ラーメン長浜家