【魁龍 小倉本店@小倉北区東篠崎】 ”どトンコツ=魁龍” 発祥の地がこちら!

小倉北区東篠崎にある、「魁龍 小倉本店」 をご紹介します。

”どトンコツ” という言葉は魁龍のためにある!」 といっても過言ではない。

福岡を代表する超濃厚久留米ラーメンのブランドです。

魁龍ブランドは1992年に誕生。
2001年には 「博多本店」 も登場しました。

こちらの小倉本店がいわゆる ”創業店”
オープンから間もなく30年。超濃厚とんこつのファンが日々訪れる聖地です(笑)

 

2 魁龍ラーメン&焼き飯セット(2019年6月)

これぞ小倉の超ヘビー級! 濃厚好きが思わず膝を打つ熟練の一杯

レビューの更新は結構お久しぶり (^^ゞ
ロケーション的な部分もあり、博多本店2:小倉本店1 くらいの比率で訪問しております。

今回は小倉本店にしかない、焼き飯セットを食べてみようという目論見で行って参りました。

 

アクセス

お店の場所は、紫側インターの近く

篠崎大橋東交差点のすぐそばです。

 

店舗外観

まず目に飛び込んでくるのは、年季の入った大きな看板。

歴史を感じる渋い雰囲気のファサード。

緑の暖簾と、お馴染みのキャラがお出迎えです^^
次回は記念撮影してみようかな(笑)

店頭と裏手に、専用の駐車スペースがあります。

 

店舗内観

店内は昔ながらのラーメン屋さんという雰囲気。

中央には大きなテーブル席、窓側には小上がり、厨房前にはカウンター席があります。

壁面には麺の硬さの種類が。

小倉本店のおススメは ”当店の普通” ですが、固めん・一番固いめんも選べます。

※ちなみに博多本店のおススメは ”ずんだれ” で、こそっとカタメまでのオーダーだったと思います^^;

端っこにある 「結構やわめんも、おすすめです」 に毎回キュンときます(笑)

 

卓上調味料

卓上にはコショウなどの定番調味料に加え、名物である ”魁獣みそ”特製ニンニクなどのアイテムがずらりと並びます。

 

おしながき

コチラは2019年6月時点のお品書き。

ラーメンはとんこつ1本!
魁龍ラーメンをはじめ、様々なトッピングバリエーションがあります。

名物=魁獣みそ を付けて味わう、おにぎりのセット焼き飯のセットも。
5個=180円の餃子もあります。

 

これぞ小倉の超ヘビー級! 濃厚好きが思わず膝を打つ熟練の一杯

スムーズに着丼、こちらが 魁龍ラーメン です。

今日もしっかりワイルドなとんこつフレーバー(^^ゞ

早速スープを啜ると…魁龍にしては少しおとなしめにも感じますが、それでもしっかり濃厚です。

ひと口ごとの打ち出しがグイグイと押し寄せる、とんこつポタージュの様なスープ。

”らしさ” はグイっと楽しませながら、単なる粗野ではないチューンに痺れるね~♪

麺の硬さは ”当店の普通” で。
ダラっとしない、でも硬すぎない。

ちゃんと茹でであるけど適度に食感を楽しめる、ジャストな仕上がり。
スープとの相性もイイ感じです^^

チャーシューはバラロール
ウマいけど極薄&柔らかなので箸で持つとトロッと崩れます。

コンパクトなメンマ、プリっとウマいワンタン久留米らしく海苔も乗ってます。

デフォのラーメン(670円)と、魁龍ラーメン(820円)の差額は+150円

チャーシュー×2、ワンタン×2がプラスされてこの価格はお値打ちだと思います (^o^)

 

焼き飯セット

いつもは、おにぎり+魁獣みそ をセットで味わうのがお約束。
そこで今回は小倉本店だけのメニュー、焼き飯セットを試してみました。

出来立てアツアツ、ホックホクのウマイ焼き飯。
奇をてらわない、昔ながら&王道の味わい。

ボリューム感もなかなかなので、セットで味わうと満足度マシマシです♪(´ε` )

ヨシ! これからは、…
博多本店はおにぎり、小倉本店では焼き飯にしようかな~(笑)


 

僕はトンコツ好きのくせに、基本的にくさみが苦手なタイプ^^;

しかし大砲ラーメン然り、最近はお店もラーメンも以前の様なハードルの高さを感じなくなりました。

魁龍が入りやすく、食べやすいと感じるようになったのは、慣れによるものなのか?」

確かにそれもあると思いますが、決してそれだけではないような気がします。

”どトンコツ”の存在感ゆえ、「無理・・・」と仰せの方も少なくないですが…
実は意外とイケちゃうかもしれませんよ (^o^)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 魁龍ラーメン(2017年1月)

kairyu-kokura-7

ここが”魁龍”発祥の地! ”どトンコツ”ラーメンの魅力を小倉本店で存分に味わう

 

”小倉のラーメン” というフレーズで最初に思い出すのは、「東洋軒@黄金町

次に思い出すのがこちら、「魁龍」 です!

小倉には

無法松」 「ぎょらん亭」 「石田一龍」 「一真軒」 といった数多くのトンコツラーメンの人気店がありますが、やはりこの2店舗は特別な存在だと思います。

魁龍 博多本店」はこれまでに2回ご紹介したものの、発祥の地である小倉本店は今回がまさかの初公開でございます (^^ゞ

今回はイチオシである、魁龍ラーメンおにぎりを1ついただきました。

 

ここが”魁龍”発祥の地! ”どトンコツ”ラーメンの魅力を小倉本店で存分に味わう

kairyu-kokura-9常にお客さんが多い人気店だけあって、満席でもサーブはスムーズ

あっという間に着丼です。

前回の博多本店に比べると優しめですが、やはり濃度はかなり高め(笑)

トンコツらしさ満点のフレーバーが印象的です。

kairyu-kokura-11

ではではスープをズズっと・・・うん、ウマい^^

やや元ダレ控えめなチューニングで、トンコツの旨味がダイレクトに押し寄せます。

なんとも武骨!

この男らしさに溢れた味わいこそ、魁龍の真骨頂ですね。

 

ノド越しと心地よい弾力感を楽しめる、中細ストレート麺が旨い♪

kairyu-kokura-12麺はやや太めストレート麺

”久留米ラーメン”の名を冠するだけに、博多&長浜ほどの低加水ではなく、啜り心地と共にモッチリ感を楽しめる仕上がりです。

kairyu-kokura-5

ちなみに麺の硬さはこの中から選べます。

今回は普通でいただきましたが、普通~かためん位までがおススメですね。

文末の「結構やわめんも、おすすめです」という文字がなんだかキュートだなぁ^^

 

スープ&麺の旨さを引き立てる豪華な具材。 後半は特製ニンニクで味変も

kairyu-kokura-10魁龍ラーメンは、チャーシュータップリワンタンも乗る豪華版。

チャーシューはスープに馴染む適度な厚さ

味付けは控えめで、赤身と脂身のバランス感が絶妙です^^

薄手でトゥルンと滑らかな食感がステキなワンタンも旨いね~

半分ほど食べたら、特製ニンニクを投入するのもおススメ!

コッテリスープに更なるパンチが加わり、やみつき感のある味わいになります♪

 

おにぎり

kairyu-kokura-8魁龍に来て、名物の”魁獣みそ”を食べずには帰れない!

というわけで、おにぎりも1個オーダーしました。

魁獣みそは、適度な辛さ濃い旨味爽やかな香りが特長。

聞くところによると、もろみ・ちりめん・唐辛子・柚子などから出来ているそうです。

これがゴハンの甘みと絶妙に合うんですよね~♪

みそを塗ったおにぎりを食べつつ、スープを飲むのが旨いっ^^


 

僕は、トンコツ好きのくせに、くさみは苦手なタイプ^^;

しかし大砲ラーメン然り、最近はお店もラーメンも以前の様なハードルを感じなくなりました。

魁龍が入りやすく、食べやすいと感じるようになったのは、慣れによるものなのか?

確かにそれもあると思いますが、それだけではないような気がします。

”どトンコツ”の存在感ゆえ、「無理・・・」と仰せの方も少なくないですが、昔のイメージに比べ意外とイケちゃうかもしれませんよ (^o^)

魁獣みそを塗ったおにぎりと共に、是非とも一度お試しあれ。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

魁龍 小倉本店