【元祖ラーメン長浜家@博多区上川端町】 アクセスの良い中洲で”ガンソ”を食べられる幸せ

博多区上川端町にある、「元祖ラーメン長浜家」をご紹介します。

ラーメン好きの方々には、通称 ”家2(ケニ)” という愛称でお馴染みのお店です。

いわゆる”ガンソ”と言えば、「元祖 長浜屋@長浜」と、「元祖ラーメン長浜家@大手門」の2つと並んで、上川端にあるコチラを指すのが一般的です。

2016年の6月に中央区港から移転。
中洲からも近い上川端商店街の中にお店があります。

 

3 ラーメン+替肉(2018年4月)

「家2最強伝説」の幕開けか!? 今日の家2はこれまで以上にキレ○♪

元長屋@今泉や、長浜男@東光がオープンするなど、ガンソ関連が賑わいを見せるなか・・・

 

アクセス

冷泉通りと、上川端商店街交差するポイントにお店があります。

・すぐ近くには、博多長浜ラーメン 風び 中洲川端店が。

・ちょっと櫛田神社寄りに進むと、川端どさんこが。

・ワンブロック先には、金菜亭が。

・川を挟んで反対には、ラーメン海鳴 中洲店があります^^

その他にも、広島乃風はかたや一竜など、ラーメンストリートのような超激戦区です。

 

店舗外観

色合いこそシンプルですが・・・全方位に”これでもか!!” というほど打ちだされた看板(笑)

 

おしながき

 

 

まずは店頭の食券機へ。

ラーメンは550円と、3兄弟の中では最もリッチな価格 (^^ゞ
※2018年4月時点で、=500円、家1=450円。

しかし、中洲で飲んでタクシーに乗って長浜まで行くことを考えると、むしろお手頃と申せましょう(笑)

 

店舗内観

券売機で食券を購入したら店内へ。

満席の場合は、入り口付近でしばしのウェイティングとなります。

うなぎの寝床のような奥行のある店内。

席はカウンターのみとなります。

もちろんありますとも(笑)

むしろ無かったら、寂しくなりますよね (^^ゞ

 

卓上調味料

卓上には定番のアイテムがビシッと。

どのアイテムも真新しいですね~

 

家2のスープが絶好調♪ くさみナシ、厚みアリのハイクオリティなスープ

あっという間に着丼。
いつもの如く、”ベタナマ” でお願いしました。

むっ!? ビシッと決まったビジュアルに感じるものが (^^ゞ
スープをひと口味わうと・・・おお、ウマイ♪

何も足さなくても完食できそうな位、キッチリ決まった仕上がりに膝を打ちます。
むしろ脂を増やしたことが悔やまれるほど(笑)

その後インスタで伺ったお話によると、最近の家2は滅法評判が良いのだそう^^
確かにそれも頷けるチューニングでした。

 

攻守に抜かりなし。 今日は麺も2割増しでウマイ♪

お馴染みのストレート麺

スープが上々だと、どこか麺までキレキレに感じます♪(´ε` )

ゾゾっとニチっと定番の味わいですが、なんだか今日は麺も2割増しでウマイね~

 

ナイスな肉コンディション。 上々でも薬味三役はやっぱりマスト

”肉”のコンディションもバッチリ
適度なしょっぱさシットリ感が、実にスムーズにスープと馴染みます^^

最近のお約束通り、替え肉をプラス(笑)

全然そのままフィニッシュまでイケそうでしたが、やっぱりゴマ・コショウ・紅ショウガの三役を投入。

「物足りないからプラスする」という、消極的理由が無くともやっぱりコレコレですな (^^ゞ


 

充電期間を経て復活した家2。
今日はこれまで以上のキレキレ仕様というイメージでした♪

もしかして 「家2最強伝説」 の幕開けかも (^^ゞ
にしても・・・最近、めんむすび(1号)ガンソ好きやな~(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

2 ラーメン(2017年4月)

”ガンソ”の良さが分かるようになったら、一気に大人になった気分♪
このところ無性に”ガンソ”が食べたい衝動に駆られ、久しぶりに「家2」へ。

 

塩豚骨ライクな味わいは、卓上調味料を駆使して自分好みに♪

早速、登場~♪

こちらは、カタメ

サラッと柔らかなトンコツ感を楽しめるスープ。

タレがほどほどなので、最初の塩梅を確かめたら、豪快に卓上のタレをプラスします。

うんうん、良い感じ~(*´▽`*)

どこか塩豚骨的な味わいのスープは、飲みながら麺を啜るというより、麺を主体に食べるイメージです。

麺は、思ったよりも太めの中細クラス

結構麺量があるので、毎回替玉には行きつきません(>_<)

ニチっとした食感いかにもガンソ

チャーシューの塩気、多めのタレ、コショウ、ゴマ、紅ショウガの味わいで食べ進めるのが、元祖の魅力。

普段は何気ないものが主役級の味わいを演出します。

 

ベタナマ

こちらはベタナマ

表層に5ミリほどの油分が浮いているのがポイント。

脂がある分、ぐっと奥深い味わいで満足度も一気に増します。


 

うんうん、コレコレ♪

ガンソはこうでなくちゃ!といった一杯に、しみじみとした趣きを感じますね。

昔は、まったくと言っていいほど理解できなかったのが正直なところ。

ラーメンの食べ歩きをするようになって、やっとガンソの魅力がわかるようになってきました。

これが分かると、一気に大人になった気分のふくめん2号がお送りしました(^_-)-☆

 

1 ラーメン(2016年6月)

元祖長浜家2 (7)

新天地、上川端町へ! 元祖ラーメン長浜家(通称 家2)が中洲の徒歩圏内に登場

元祖 長浜屋@長浜」と、「元祖ラーメン長浜家@大手門」のハシゴから、気づけば早くも1年^^;

少ししたら、久々に ”家2” にも・・・なんて思っていたハズが(汗)

なんと、元祖ラーメン長浜家@港通称 家2)が、上川端町に移転するとのこと!

驚きましたが、どうやら確かな情報のようで。

5月中~下旬とのウワサでしたが、いよいよ6/1(水)にオープンとなりました。

まさか久しぶりの再訪が移転後とは、思いもよりませんでしたが^^;

行って参りました♪

まずは今日のコンディションを確かめつつ、インスピレーションでチューニングを♪

元祖長浜家2 (7)オーダーは、ベタナマ ネギヤマで。

脂多め、麺バリカタ相当、ネギ多めという呪文です(笑)

うむむ、丼を見る限り、どうやらネギの件はスルーされてしまった模様・・・^^;

元祖長浜家2 (9)

気を取り直しスープをチョコっと・・・うむ、ガンソ♪

ふんわりとした豚骨ダシ感に、脂のパンチが効いてます^^

2割ほど食べてから、チューニングに着手。

タレをチョロがけで強化しつつ、多めのゴマ紅ショウガ、そしてコショウをパラパラと。

我ながらイイ塩梅に決まったな (^^ゞ

ベタでオーダーしたら、考えながらスープを飲まないと、脂ばかりを飲むことに(笑)

レンゲを駆使して、上手いこと頂きましょう。

 

やっぱコレだね~! ボソ&ニチッとしたカタメの仕上がりを楽しむのがお約束

元祖長浜家2 (10)麺は細めストレート

ガンソの麺をカタメの仕上がりで頂くと、スルスル&サクッとではなく、ボソッとニチッとした感じ(^^ゞ

これがなんともガンソ(笑)

他のお店で出てきたら、もしかすると 「アレレ?」 と思うかも知れませんが、ココでは 「コレコレ♪」 になっちゃいます^^

”替玉当たり前” みたいなイメージもありますが、麺量は意外にあったりします。

まずは食べてみてから考えた方が良いかも?

 

スープ&ネギに馴染んだ肉がウマいっ。 ガンソでしか味わえないテイスト

元祖長浜家2 (8)具材はネギ

チャーシューではなく、”” です^^

正直、単体で食べてそれほどウマいとは思わないのですが・・・

スープ、麺、そしてネギ一体になると、何故だかこれがウマいんだよね~(笑)

食べ進めるなかで、絶妙のアクセントとして機能してくれます。


 

いや~何ともイイ感じでした♪

正直なところ昔は、「あぁ・・・ガンソ・・・ね(汗)」

と思っていましたが、このところ時々食べると中々ウマいんですよね(^^ゞ

う~ん、年を取るほどに? 色んなお店を食べ歩くほどに?

より幅広い個性、それぞれに対して 「これもイイかも」 「アリかも」 と思うようになってきました(笑)

個性の違いを認め合う世界

おおっ、Love & Peace ですね♪

僕の場合は、単なる食いしん坊でしょうが^^

 

ともあれ、改めて良い場所に移転したなぁ~と思います。

中洲から歩いてこれる距離だけに、喜んでいるファンの方も多いのではないでしょうか?

これからもそれぞれに繁栄していくと良いですね~

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

元祖ラーメン長浜家