【ぎょらん亭 本店@小倉北区三郎丸】 数多くの人気店を生み出した、ぎょらん系の総本山

小倉北区三郎丸にある、「ぎょらん亭 本店」 をご紹介します。

北九州を代表するメジャーブランドであり、数多くの暖簾分け(便宜上の表現です)を生み出したぎょらん亭一門。

その総本山的位置づけがこちらの本店です。

以前貼られていたPOPによると、その始まりは昭和21年(1964年)とのこと。

ちなみにぎょらん亭の前身は貴龍@西本町であるとも伝え聞きます。

創業者である大将はこちらの本店を譲り ”沼店” を営んでいらっしゃいましたが、現在については不明です。

ただ間違いなく言えることは、北九州のラーメンを語るうえで ”ぎょらん亭” が最も重要なキーワードのひとつであること。

そして ”これぞぎょらん亭” という極上の味を生み出されたことであると思います。

 

4 豚骨十割(2018年12月)

めんむすび始まりの一杯。 スマートで洗練されたぎょらん亭の味に舌つづみ

こんなとんこつラーメンがあったのか!?

ぎょらん亭との出会いは、僕のラーメン店巡りの始まり

あの衝撃が無ければ、めんむすびは無かったかも知れません (^^ゞ

昔からラーメンは好きだったものの、”気に入ったお店にひたすら通うスタイル” だった僕が 「もっと色んな味を知りたい!」 と思うようになったのは、ぎょらんの一杯がきっかけでした。

訪問のスパンは以前に比べ長くなったものの、原点回帰という意味でも定期的に訪れておきたい存在です。

 

アクセス

お店の場所は、北九州メディアドーム・市民球場の近く。

小倉北区体育館入口前の交差点を、足立方面へ入ってスグにあります。

この辺りは、「無法松」 「一真軒」 「一番星」 「珍竜軒」 といった名店が集う、北九州でも最大のラーメン激戦区です!

本当にそうそうたるブランドばかりです (^^ゞ

 

店舗外観

なんとも味のあるファサード。
暖簾やパネルは新しくなりましたが、この看板は変わらぬまま。

なんともホッコリします^^

この ”グリーン” がぎょらん亭のテーマカラー

ラーメン力@八幡西区馬場山東」 や 「ラーメンまむし@田川郡福智町」 といった名店へと、そのカラーが受け継がれています。

お店の前には広い駐車スペースがあるので訪問しやすい点もポイント。

そこから見えるスープ工房。ぎょらんのスープはココで生まれるんですね♪

店頭にはこんなお知らせが。
100杯売切れ時点で閉店という形になったようです。

 

おしながき

食券制なので、まずは入って左手の券売機へ。

こちらは2018年12月時点のラインナップです。

十割豚骨100%(こってり)
二八鶏20%豚骨80%(ややあっさり)
どろ独自製法で生み出されたニュータイプのとんこつ

以前は、中華そば・担々麺・味噌・塩などもありましたが、現在はこの3種で固まっているようです。

 

店舗内観

入って正面には広いお座敷席が、右手にはカウンター席があります。

以前に比べ、随分キレイになりました^^

 

卓上調味料

テーブルにはコショウと・・・替玉のタレかな?

 

同じ十割でもグッと食べやすく♪ 高濃度だけど重すぎないバランス感

いよいよ登場、こちらが 豚骨十割 です。

とろ~り&ぽてっとしたビジュアルが、ぎょらんらしさを物語っています。

早速スープをズズっと・・・うん、旨いっ♪(´ε` )

全くと言って良いほど脂は浮かず、ガッツリ乳化したスープはポッテリ豊かな味わい。

しっかりとしたボディがあり、とんこつらしさを楽しめる力強い味わいが特徴です。

ぎょらん=ワイルド&ハードというイメージがありますが、最近はグッと円やかで食べやすくなったイメージがありますね。

タレの塩梅も適度にピシャっと。
先行することも、輪郭がぼんやりすることも無く、絶妙の仕上がりです (^o^)

 

カタさは普通がお気に入り。 濃厚スープに馴染むストレート麺も旨し

合わせるのは、博多に比べ太めのストレート麺

久留米ラーメンがベースとなる北九州では、概ね標準的なサイズかな。

硬さのオーダーも受けてくれますが、ここはやっぱりデフォがお気に入り

硬すぎない方がこのスープに馴染んでイイ感じだと思います♪( ´▽`)

 

ぎょらんは肉もウマイ♪ 大ぶりのお値打ちチャーシューがオン

アップの写真は、ネギ&キクラゲにピントが合ったものばかり(汗)

ぎょらんはチャーシューも重要なポイントなのに~^^;

この日は大きめ&薄めのものが2枚入っていました。

しっとり&とろ~り、以前に比べると甘さも控えめな印象です。

デフォでこのチャーシューはお値打ちだと思います♪

チャーシューひとつをとっても、グッと洗練されたイメージ。

むしろバランス的には今の方が良いのではないかと思いますが、初期のレビューでご紹介した圧巻のチャーシュー麺 ”肉デラ” も懐かしいですね (^^ゞ


 

少々ご無沙汰していましたが、今回は全体的にスマートで洗練された印象がありました。

といっても、ぎょらん亭の軸をブラしたものではなく、中核はそのままに磨き上げられたというイメージ。

より幅広い層に受け入れられそうな仕上がりだと感じました^^

「ぎょらん亭はバリバリ旨いけど、かなりハードなんで食べ手を選ぶね!」

なんて言っていた頃が懐かしいかも(笑)

コンディションの部分もありますし一概には何とも言えませんが、この日の一杯も実に感慨深かったです。

しばしのインターバルを置いて今後もリピを。

次回は二八、その次は久々にどろかな~
その前に、マイフェイバリットな ”力” をリピしてから来ようと思います(^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

3 豚骨二八ラーメン(2017年1月)

秀逸なバランス感を再確認。 豚骨のコク&鶏のキレを兼ね備えた二八もアツい!

 

豊前裏打会” として「大地のうどん」 を始めとする数々の人気店を生み出した 「津田屋官兵衛」 と双璧を成す北九州におけるレジェンド

高いオリジナリティを武器に”ラーメン”と”うどん”それぞれのジャンルに於いて、北九州発の一門を築き上げました。

現在、始祖である家元は 「ぎょらん亭 沼店」 にいらっしゃると思われますが、本店は今もこちらです。

 

想像以上のバランス感♪ コクがあるのに重くない、豚8:鶏2を黄金比でミックス

まずは豚骨二八ラーメンから。

こちらはその名の通り、豚骨スープ8に対して鶏のスープを2合わせたタイプです。

ビジュアルだけでは区別しづらいですが、まずはズズっと・・・うん旨いっ^^

コクのある豚骨スープ鶏ならではの円やかな旨味が加わり、グッと食べやすい味わいに仕上がっています。

ぎょらんのトンコツスープは基本的に、かなり押し出しが強いタイプ。

それだけに二八ファンも多いでしょうね。

麺はモチっと柔らかめのストレート。

博多ラーメンを食べつけている人にとっては、かなり太めに感じると思います。

カタメまではオーダーできると思いますが、僕は毎回スープと馴染むデフォで。

今回は特にソフトに感じたので、次回は初のカタメを試してみようかな~?

チャーシュー大きな一枚ものがドカンと♪

デフォ&アンダー600円で、こんなに立派なチャーシューが出てくるお店は中々無いですよ (^^ゞ

味しっかりめ甘めの仕上がりがぎょらんのスタイルです。

 

年月を経て少し丸くなった? 今日の十割は大人の紳士に

こちらは十割

僕の定番でございます(笑)

ここまで違うものかと思うほど、グッとワイルドでパンチの効いた味わい。

と言いつつ、今日は厚みよりキレを感じました。

以前はガチ濃厚派以外は避けるべき!と思うほどの暴れん坊というイメージでしたが・・・

これはもう一度再訪して、確かめねば


 

ぎょらんではこれまで、オーダー率 80%以上で十割なのですが、二八もイイねぇ~♪

久しぶりに食べて、バランス感の良さに改めて驚きました^^

次回は、十割を肉デラ&麺カタメでもう一度!

本店で? 沼店で? むむ~っ、悩ましい(笑)

 

2 どろラーメン(2015/7)

ぎょらん亭 (1)ぎょらんの”どろ”は濃厚ながら、極めて洗練された味わい!

 

 

1 肉デラ(2014/8)

ぎょらん亭 (1)小倉豚骨の筆頭と言えばぎょらん亭!名店の源流ここにあり

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

ぎょらん亭 本店