【麺や 兼虎@中央区赤坂】 本場、関東の味をそのままに!つけ麺&辛辛メニュー共に絶品

中央区赤坂にある、つけ麺&激辛麺が楽しめる人気店 「麺や 兼虎」をご紹介します。

東京の人気店 「麺処 井の庄」 で修行を積まれた店主さんが供するメニューは、どれも本場である東京の味わい!

濃厚つけ麺辛辛魚など、舌を巻く絶品メニューが並びます。

 

48 アブラソバ+ヤサイW+ガーリックチップ(2018年6月)

(今なら)兼虎で。 ハイクオリティな ”汁なし二郎系インスパイア” を楽しめるっ!!

東京の人気店 「麺処 井の庄」 をルーツとする兼虎。

その井の庄のルーツを辿ると・・・
必勝軒(東池袋大勝軒・永福町大勝軒がルーツ)
蒙古タンメン中本
というビッグネームへと繋がると聞きます。

そこから導き出される 「ボリュームも味のうち byつけ麺の神様」「やみつきになる辛旨メニュー」 といったイメージ。

圧倒的なおいしさと共に、「ボリューム感」「辛旨なメニュー」 というのは兼虎の個性を表すキーワードであると申せましょう。

※ゆえに兼虎を象徴するメニューは ”辛辛つけ麺” と言えます^^

そんな兼虎には、折々で二郎インスパイア系のメニューも登場します。

2018年に入ってからは・・・
ニボ郎 【限定】(2018年5月) 
ニボ味噌二郎【限定】(2018年2月)
といったメニューが登場しました。

しかし・・・惜しむべくはどちらも限定メニュー^^;

なんとか、兼虎クオリティのインスパイア系・ガッツリ系をいつでも気軽に味わえないものか?

福岡Walkerコラボメニューとして登場 ~ その後復活した 「辛辛宇宙らーめん」 はその後、残念ながら提供が終了

となれば・・・アレしかないっ(笑)
またもや ”あの手” を駆使して、飛び道具的に味わおうとの目論見です。

 

アクセス

お店の場所は、警固交差点からほど近く
大正通り 大名1丁目の交差点から、大濠公園方面へ。

路地を15メートルほど進むと左手にお店があります。
頻繁に行列が出来ているのでそれが目印になるかも (^^ゞ

周辺の赤坂には 「大名ちんちん」などのお店が。
警固方面には 「秀ちゃんラーメン」 や 「ラーメンおいげん」 が。

そうそうたるお店が軒を連ねる、超激戦区です (^^ゞ

 

店舗外観

オープン前から既に行列。
超人気店としてすっかり定着し、昼夜を問わずお客さんが押し寄せます。
時間にゆとりを持って訪れることをおススメします。

兼虎の味を考えると納得の状況。
オープン当初から既にハイクオリティでしたが、これだけの認知と安定した人気を獲得するのは決して簡単なことでは無かったはず。

弛まぬ努力がこの行列を生み出したのだと思います (^o^)
本当に凄いですね!

 

おしながき

こちらは2018年5月時点のおしながき。

一番人気はやはりつけ麺
辛いモノが苦手でなければ、”辛辛”がお薦めです^^

そして忘れてはならない ”辛辛魚らーめん
辛辛つけ麺と同じく、スパイシー好きなら是非とも一度味わってみて欲しい逸品です。

 

店舗内観

中央には大きなテーブル席が、右手の壁面にはカウンター席があります。

キレイに整頓されており、接客もキッチリ!

常に混んでいますが、ピッチャーのお水もこまめに取り換えるなど目配りも素晴らしいお店です^^

食券を渡したら食し方などを読みつつ、しばし待ちましょう。

 

卓上調味料

卓上にはこだわりの唐辛子ニンニク、コショウ、お酢などがスタンバイ。

何も加えなくても十分楽しめますが、お好みで少量から試してみるのもアリかと思います。

予めスープ割のポットが置かれているのも嬉しいですね^^

さて、”あの手” はこの中に。
既にお気づきの方もいらっしゃるかと (^^ゞ

そう!
1年前(2017年5月)にご紹介した
辛辛魚 ヤサイWトッピング&太麺Ver.」 をまたも再現しようとの目論見でございます。

さらに今回は・・・
なぜ去年は気づかなかった!?

そう、インスパイア系において、ラーメンに次ぐ存在 ”汁なし” という手も選べることに!!

※当時は ”アブラソバ” がレギュラーから外れていた為、その後の復活時も ”ヤサイ” との組合せを思いつきませんでした^^;

気付いてしまったならやるしか(笑)
今回のオーダーは、前提条件が揃う間のみ楽しめる内容となります!

 

(今なら)兼虎で。 ハイクオリティな ”汁なし二郎系インスパイア” を楽しめるっ!!

まずは ”汁なし” から。
アブラソバ + ヤサイW + ガーリックチップ という組合せです。

出来上がったのがコチラ。
ウホ~~っ\(^o^)/
なんともソソルこのビジュアル!

兼虎のアブラソバは、デフォでも中々のボリュームメニュー

そこへ、”ヤサイマシマシ” よろしく、ヤサイトッピングを2つ分プラスした一品。

どうでしょうか?この圧倒的な存在感!
その旨さは言わずもがな。

極旨なタレを活かした適量のスープ×パワフルであるながら味わい深い麺×一つひとつが極上のタップリ具材

シャキシャキ野菜と脂も加わって・・・シアワセな美味さ╰(*´︶`*)╯♡

まずはそのままで。
中盤は、黒コショウをガリガリと。
終盤は卓上のお酢をタラリと。

このクオリティの汁なし二郎系を福岡で味わえるなんて・・・もはや神と言っても良い存在かも知れません♪(´ε` )

九州で二郎インスパイアと言えば、やはり 「大仙@熊本」 を抜きには語れない訳ですが・・・

この一杯は、そこに迫る存在だと思います!

※仮に一杯のメニューとしてチューニング&確立されれば、きっと勝るとも劣らないでしょう♪

しかし、アブラソバ復活から、気づくまでに一年弱を要するとは(汗)
これを盲点と言わずして何と言おう^^;

 

47 味玉辛辛魚らーめん(太麺)+ヤサイ×2

それはもう禁断の旨さ♪ 辛辛魚らーめん インスパイアVer.と再会

こちらは昨年ご紹介した 味玉辛辛魚らーめん(太麺)+ヤサイW

辛辛魚のオーダーを太麺へ変更+30円)。
ヤサイをダブルで追加することで実現可能です (^^ゞ

ガッツリ濃厚 × バリバリ辛い → 途轍もなく美味い ”辛辛魚

そこにタップリ野菜とアブラがプラスされることで、新たな扉が開きます (о´∀`о)

美味さ+ボリューム+辛さを一杯で表現する、兼虎らしさを存分に楽しめる一杯。

パッケージ化された商品として登場した 「辛辛宇宙らーめん」 に比べるとコストは増しますが・・・

これを食べられるなら、なに安いものっ!

濃厚で味わい深いスープと、自家製ラー油&唐辛子のハードな辛さ。

ブリブリと旨い太麺の存在感、ヤサイのシャキシャキ感のハーモニーを存分に。

それはもう、禁断の旨さです♪


 

兼虎のメニューは、ただでさえしっかりと満腹になれるボリューム感。

そこに ヤサイ×ダブル をプラスすると、更にカオスな世界へ^^;

食べ残しは厳禁!!
食の細い方は、どうぞお控えください。

僕らは ”らしさ” を求めてヤサイをダブルにしましたが、1つでも充分楽しめると思います。

いやいや、まだまだイケる!という大食漢の方は、更に麺を大盛りにするという手も(汗)
でもくれぐれも、お残しは厳禁ですよ!

兼虎はあくまで、二郎インスパイアのお店ではありません。
しかしこの美味さは、専門店さえ凌駕する驚異のクオリティ

上質な二郎インスパイアを渇望する貴方に、一度お試しいただきたいです (^o^)

 

※念のため直近の営業状況です。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

46 ニボ郎 【限定】(2018年5月)

適度にサラリとした中濃的な塩梅が実に良い感じ♪ イカの風味が堪らないっ

今回の限定は、14時から提供する「ニボ郎」とのこと。

以前頂いたニボ味噌二郎とは大きく趣の異なるメニューのようです。

提供開始日に早速訪問してまいりました。

 

適度にサラリとした中濃的な塩梅が実に良い感じ♪ イカの風味が堪らないっ

14時からの提供でしたが、この時間もウェイティングが出るほどの盛況ぶり。

結構な確率で今回の限定麺がお目当てのようでした。

すでにお食事をされている方の丼からは、いつものニボ感とは異なる香りが鼻をくすぐります。

そして、私のところにもいよいよ登場♪
うんうん、良い香り(*^^*)

スープはアジやカタクチイワシなどい加え、イカもプラスされたとのこと。

イカの風味が加わった今回のスープは、いつもに比べると優しい味わいです。

最初は物足りないかなと思いましたが、なんのその・・・

食べ進めるほどに、ズンズン旨みが染み渡る感じで、気づくと何度も何度もスープを口に運んでました。

イカMAGICかな♪

麺は、ガシガシワシワシ系の極太麺。

噛むほどに小麦感を楽しめるしっかりとした兼虎らしい麺です。

チャーシューは、赤身中心のがっしりとした肉質。

今回の限定麺専用だと思われます。

たっぷりのもやし&キャベツも”らしい”です。
キャベツ多めが嬉しいね。


 

最初の1口目よりも、2口目、3口目と食べるほどにハマる味わい。

1口目からズキュンとやられるタイプも好きですが、尻上がりな今回の限定麺のようなタイプも良いですね♡

1日30食、14時からの提供です♪
狙って訪問する方も多いようなので、気になる方は早めの訪問が良さそうですよ〜〜!

 

45 辛辛魚まぜそば【限定】(2018年4月)

脅威の安定感!実は初登場のスープオフ辛辛魚は食べやすい辛ウマ仕様

 

東京の人気店 「麺処 井の庄@練馬区」 の業を受け継ぐ兼虎。
その象徴とも言えるメニューの一つが、 ”辛辛魚らーめん” です。

その味わいは、もはやピリ辛というレベルではなく・・・
マニアも納得の、激辛~超激辛というフレーズがピッタリ^^;

極めてハード&スパイシー、そしてやみつき度が極めて高いメニューです。

そんな辛辛魚をベースとしたスープオフメニューが4月の限定麺として登場。
これは楽しみだねぇ~(^^ゞ

※今回は未公開の、1月&2月の限定麺も合わせてレポートします。

 

脅威の安定感!実は初登場のスープオフ辛辛魚は食べやすい辛ウマ仕様

この圧倒的なボリューム感(笑)
いつもながら豪快かつパワフルな出で立ちです (^^ゞ

ボリュームだけならどんなお店でも出せるのですが・・・兼虎はクオリティの高さが桁違い

スープ、麺、具材ひとつひとつが素晴らしくその上で超ボリューミーという組み立て。

平日オープン前から出来る行列が、その魅力を表しています。

それではまぜそばのお作法に則り、全体をよ~くマゼマゼ。

麺&具材の量がモノスゴイので、混ぜるのも簡単ではありません^^;

箸だけではキビシイので、レンゲを併用するとスムーズですよ。

ではイッキにズズっと・・・うん、間違いない旨さ♪( ´▽`)

まぜそばといっても結構スープの量は多めで、旨味た~っぷり!
ガッシリ・モチモチ太麺がたまらなく旨いねぇ~

辛さの方はデフォの辛辛魚に比べてグッとマイルドな仕上がり。

辛さ耐性が全く無いとキビシイですが、「辛辛魚のデフォはちょっとキツイなぁ」 という方もスムーズに楽しめるレベルです。

何を隠そう僕自身、このタイプなのですが (^^ゞ

 

44 ニボ味噌二郎【限定】(2018年2月)

詳しくはこちらをタップ

 

こちらは2018年2月の限定メニュー、ニボ味噌二郎

煮干しの重厚なコクと、どっしりとした味噌の旨味が一体となった寒い時期に最高のメニュー。

ご覧の通り(笑)ニンニクもタップリなので、凄まじく温まります^^;

モッチモチの太麺との相性も上々。
噛むほどスープの旨さが沁み渡る一杯でした (о´∀`о)

 

43 どろ味噌煮干し【限定】(2018年1月)

詳しくはこちらをタップ

 

こちらは2018年1月の限定メニュー、どろ味噌煮干し

辛旨×ボリューム感という、兼虎のキーワードを掛け合わせた鉄板メニューです。

心地よい辛みのコクうまスープに、ニラ&ニンニクがガツっと(o^^o)

「辛辛魚はハードルが高い(汗)」という方にも食べやすいバランス感でした。


 

脅威の安定感を誇る兼虎。
関東系の本格つけ麺」「ボリューム系」「激辛系」 と、3つの強いキーワードを持ち、何よりハイクオリティ

行列しないと言われる博多の人が、平日11:00~毎日の様に並ぶのはダテではありません。

兼虎が啓蒙&火をつけたこのジャンルが、もっともっと福岡で広まって欲しいです!

しかし福岡におけるベンチマークがこのお店となると・・・
半端なクオリティでは 「やっぱ兼虎が良いよね!」 と再確認されることに(汗)

ファンとしてはライバルが欲しいけど、そのハードルは極めて高いと言えそうです。
求む!挑戦者 (^^ゞ

 

42 濃厚味噌煮干し蕎麦【限定】(2017年12月)

コッテリ濃厚な煮干し&味噌スープが旨いっ♪ 寒~い今の時期にピッタリの一杯

4周年記念時に、福岡をリスペクトしたとんこつ系メニュー3種(超濃厚豚骨らーめん、超濃厚豚骨SOBA、濃厚豚骨つけ麺)が登場した兼虎。

1か月半ほどのスパンを経て、なんと初登場の ”味噌” の提供をスタートしました(^-^)

その名も ”濃厚味噌煮干し蕎麦

※12/26(火)~は、濃度と煮干しを強めて麺を変えた ”どろ味噌煮干しそば” として提供されています

 

濃厚とんこつ×コクの煮干し! 香り豊かで円やかな味噌ダレがバツグンにあう~

登場しました、こちらが濃厚味噌煮干し蕎麦です。
味噌と絡まる煮干しの香りがふわりと立ち上り、早くも僕の心を鷲掴みに(о´∀`о)

スープをズズっと・・・おほほ~っ、こりゃ旨い♪

濃厚なとんこつにギュっと効いた煮干し感!
味噌の塩梅は、九州人の口に合うやや甘めの口当たり。
それでいて後味は、妙に重くないバランス感が見事です^^

折々で現れる、刻んだ白ネギの食感と甘みがタマリマセンなぁ~

 

かなりの個性派。 ツルモチ食感の太麺が濃厚味噌スープにマッチ♪

合わせるのは、ツルモチ感がたまらない太めの平打ち麺
ややランダムにねじれが入っているようです。

濃厚なスープを適度にまとい、噛み応えある麺とランデヴー♪
おいしく&楽しい食感がステキな個性的な麺です (^o^)

 

コッテリ味噌のアクセント。さわやかな風味が光るホウレン草がイイ感じ

具材は兼虎名物の厚切りチャーシュー極太ザク旨なメンマホウレン草海苔

特にホウレン草の風味と食感が、スープのアクセントとして秀逸でした^^


 

兼虎の限定麺はず~っと追いかけてきましたが、おそらく味噌は初めてかと。

煮干し×味噌の組合せを楽しめるのは、福岡でココ(+イマ)だけかも?
まさに僕らのツボでした (^^ゞ

煮干し×味噌ラーメンを提供中の、ムタヒロ@大阪を訪れようか悩みつつ・・・
まわり切れずに帰ってきたこのタイミングだけに有難い限りでした(笑)

訪れた数日後には、新バージョンの ”どろ味噌煮干しそば” へとリニューアル。
こちらも是非、タイミングをみていただきたいと思います!

 

【追記】

こちらはマイチェン後の 「どろ味噌煮干しそば
チャンスがあったのでサクッといってきました (^^ゞ

目にも明らか、すくって納得。
”濃厚” の冠が → ”どろ” へと変化したのはダテではありません(笑)

グンと濃度を増したスープは更にハードなニボニボ感!
煮干し好きにはたまらない仕上がりです。

麺はシュッとスマートな平打ちタイプに。
ややスープ押しのバランス感になったかな?

煮干し×味噌とあって、サービスの半ライスをお願いしたところ・・・
言わずもがなの相性でした♪(´ε` )

現時点では、1~2月頃まで提供される見込み。
激レアな ”煮干し×味噌” をこの機会にお試しあれ~

 

41 超濃厚豚骨らーめん(2017年11月)

祝4周年! 人気の兼虎が福岡リスペクトな限定トンコツメニューを続々とリリース

2017/11/13で4周年を迎える 麺や 兼虎 に、”とんこつメニュー” が3種登場しました。

どれも1日限りというタイトな状況ですが・・・(汗)
スケジュールを強引にやりくりして、なんとか訪問することができました^^;

「タイミングが厳しかった・・・」
「なかなか都合がつかなかった・・・」という方に、
雰囲気だけでも伝われば幸いです。

 

まずは10/30(月)に登場した、超濃厚豚骨らーめん 〜太麺バージョン から。
定休日を返上しての登場です。

 

いつもの ”つけめん” が、”らぁめん” になった看板(笑)

 

 

でもって、「本日は豚の日」 との貼り紙も。
イラストがキュートですなぁ~(^^ゞ

そんな訳で、限定メニュー1本での提供です。

いよいよ登場しました、こちらが 超濃厚豚骨らーめん 〜太麺バージョン

「えっ、煮干しラーメン!?」というほどの超高濃度なスープのビジュアルにズッギューン!

早速スープを啜れば・・・うお~~っ!! こりゃスゴイ♪( ´θ`)ノ

まさにビジュアル通りのガッツリ濃密でありながら、くさみやエグミは全く感じさせません。

プリッとモチモチの太麺しっとり厚切りチャーシュー、ザクザクと大ぶりにカットしたネギ

兼虎らしさ”を存分に発揮した一杯でした♪

60%ほど食べたら ”辛味噌での味変
残り10%の段階で ”魚介スープ割” と自分好みに楽しませていただきました。

改めてすんごいなぁ~
このままセカンドブランド出せそう♪(´ε` )

 

40 超濃厚豚骨SOBA 〜中太麺バージョン【限定】

詳しくはこちらをタップ

続きまして11/12(日)へ。

「もしかしたら前回と同じものかな~?」「でもメニュー名が違うしなぁ・・・」
「旨かったんで、同じものでもイイか♪」なんて考えつつ訪問。

この日は限定メニュー+つけ麺での営業となっておりました。

こちらが2つめのメニュー、超濃厚豚骨SOBA 〜中太麺バージョン です。
おおっ、やっぱりちょっと違いますね (^^ゞ

今回のメニューには、黒マー油がプラスされています。
そしてスープは・・・むむっ!?しっかり濃密でありながら、むしろ前回より食べやすいイメージ^^

ふわりと鼻を抜けるトンコツの良い香りがタマランね~♪

ハードなスープに負けない、エッジの効いたガッツリ太めの麺

福岡に数多くのとんこつラーメン店あれど、このスープ&麺の組み合わせは見つかりませんな~

好物の豚ご飯の提供が無かったので、久しぶりに玉子かけご飯

ガーリック醤油のタレが香ばしく、スープにもピッタリでした (^^ゞ

 

39 濃厚豚骨つけ麺【限定】

詳しくはこちらをタップ

ラストは11/13(月)のメニュー。
これまた定休日を返上して、限定麺150杯での提供です。

いや~それにしてもお客さんが本当に多い!
オープン前からかなりの人数ですが、帰る頃もまだまだ行列が。
兼虎の人気ぶりには、いつも驚かされます。

こちらが今回のメニュー、濃厚豚骨つけ麺 です。

濃厚トンコツスープに、黒マー油をプラスしたつけダレ。
まずは麺だけを潜らせて・・・旨いっ♪ 間違いないですねぇ♪(´ε` )

ある程度食べたら、天辺のニンニクをつけダレにプラス。
より一層ガツンと感が増したその味に、箸が止まりません。

続いて麺の上に卓上のブラックペッパーをガリガリと。

ピリッとスパイシーかつビターな風味が、スープと麺の旨さを更に引き立てます。
300gをあっと言う間に完食。

〆は卓上のスープをプラスして割りスープに。

割ることで適度な濃さにできるだけでなく、熱々スープの力で再び香りと旨味が際立ちます。

いや~今日も大満足でした (^o^)


 

今日、博多でつけ麺文化を広く浸透させた功労者
ここでつけ麺の旨さに出会った方は数多いと思います。

やみつき度の高い辛旨系メニュー、現在は限定で登場の煮干し系などなど。

とにかくハイレベルかつ安定感の高いお店です。
これだけ安定感が高いと、安心して人に薦められますね (^^ゞ

今後の展開にも注目です!

 

38 台湾まぜそば【限定】 (2017年10月)

食べればわかる兼虎ワールド。オーソドックスなビジュアルの中に個性がしっかりと♪

前回登場した最新版の ”アブラソバ” から約3か月ほど。
兼虎に久しぶりの新作が登場しました♪

今回のメニューは、名古屋発 全国へと広まった ”台湾まぜそば” です。

福岡では中々お目にかかれない激レアな味を、今なら兼虎で楽しめます^^

 

食べればわかる兼虎ワールド。オーソドックスなビジュアルの中に個性がしっかりと♪

いよいよ登場しました、こちらが台湾まぜそばです。
タップリのミンチと卵黄を軸に、各種薬味を周囲に配したオーソドックスな盛りつけです。

まずはまぜそばのお作法に則り、レンゲと箸を駆使して全体をよ~~く混ぜ合わせます。

具材・麺・タレがしっかり馴染むことで、その真価を発揮するのでココはガッツリと。

それではいよいよ麺をズズっと・・・くぅ~~、美味いっ!

奇をてらわない、直球ど真ん中のチューニング
されどその味わいはまさに非凡。
ただならぬ旨さです♪( ´▽`)

うま味ガッツリのミンチが、た〜っぷりとオン。
ほど良い辛さで、とにかく旨味の量が圧倒的
食べればわかる、”兼虎らしさ”がガッツリと詰まっています。

タレや具材と混然一体となり、麺の美味さもひと際立ってます。
平打&極太ちぢれ麺の、ブリンブリンと踊るような弾力感がタマランですな♪

ボリューミーな一杯を一気呵成に食べ終え、店員さんにお声かけ。
追いラー油、追い飯をお願いします。

好みの量ラー油を足し、ゴハンをよ~く混ぜて追い飯の完成。
最後までトコトン味わい尽くしましょう (^o^)


 

いつもの事ながら、驚異的な安定感!
オーソドックスと見せかけて、随所に兼虎らしさが詰まった一杯でした (^^ゞ

シェアせず、ひとり占めして食べたかったなぁ~
きっと2号もそう思ってる可能性が大ですね(笑)

平日の夜のみ・10食/日限定」なので訪問のタイミングにはご注意を。
立て続けに出たら、早い時間で売り切れる可能性も?
その時は、アブラソバもおススメですよ~

 

37 アブラソバ(2017年7月)

油そばはかくあるべし!!兼虎のアブラソバは、お手本のような一杯

今回は、しばらく提供が休止されていた ”油そば” が再登場したと聞きつけ訪問です^^

全国の有力店で選ばれている 三河屋製麺 が手掛ける極上の麺。

兼虎では、その旨さを十二分に生かした油そば・まぜそばを味わえます♪

 

油そばはかくあるべし!!兼虎のアブラソバは、お手本のような一杯

まずは、アブラソバから。

全体をグルグルとかき混ぜて、麺をズルズル・・・むほほっ、コリャ旨い♪

弾力感に富んだゆる縮れの太麺は、風味豊かで食べ応えバツグンです(^o^)

ペペロンチーノを思わせる香味油と特製ダレが麺に絡み、ほんのりビターな黒コショウがピリリと!

タレ&油で和えただけのプレーンな油そばでも満足できそうなクオリティ。

コレコレ、これだよねぇ~

とか言いつつ、兼虎ならではの豪華な具材にも舌鼓 (^^ゞ

肉の旨味が詰まった大ぶりチャーシューがタップリと。

安いメンマにありがちな臭み・スジっぽさなど皆無の極上メンマ

パリパリ食感を楽しませつつ、舌をサッパリとさせてくれる水菜もイイね~

油そばはかくあるべし!!
お手本のような一杯です。

ちなみに兼虎の油そばは
煮干しまぜそば」 「油そば」 などなど。

時期によって変化していくのも魅力のひとつですよ♪

 

36 辛辛宇宙らーめん(2017年7月)

詳しくはこちらをタップ

続いて、辛辛宇宙らーめんを。

こちらは今年の1月、福岡Walkerコラボメニューとして登場した 「辛辛宇宙」 の復刻版

豪快な食べ応え&激辛テイストという、兼虎のキーワードを併せ持った名作メニューです。

どうしても再食したくて、辛辛魚 ヤサイWトッピング&太麺Ver.という食べ方をしましたが・・・^^;

そんなややこしいオーダーをせずとも再び味わえるのは嬉しい限りです♪

言うなれば、激辛系の二郎インスパイア!

凄まじい旨さボリューム感、そしてスパイシーな味わいをご堪能ください。

僕らは大好物ですが (^^ゞ
相当なボリュームと辛さなので・・・

・かなりの量を食べきれる自信が無い
・辛さ耐性に自信が無い

という方は、オーダーしない方がよいと思います(汗)

 

35 煮干し中華蕎麦【限定】(2017年5月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは5月に食べた、煮干し中華蕎麦です。

ガツっと煮干しに、柚子が香る沁み沁みな一杯。

好きなヒトにはタマラナイ♪ 通好みの味わいです^^

34 フットイ中華蕎麦【限定】(2017年5月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは同じく5月に食べた、フットイ中華蕎麦

堂々とした外連味のない美味さは、まさに兼虎の真骨頂╰(*´︶`*)╯♡

一般的な煮干しの2~3倍、ニボチャージできる勢いです(笑)

 

33 煮干し淡麗つけ麺【限定】(2017年4月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは同じく4月に食べた、煮干し淡麗つけ麺

オールドスタイルな魅力を盛り込んだ温故知新な一杯。

淡麗とありますが、そこはデフォが濃厚な兼虎ならではの基準 (^^ゞ

サラリとした仕上がりでありながら、旨味の量は圧倒的!

レギュラー化して欲しいほど、素晴らしく沁みウマな味わいでした♪


 

限定メニューとの出会いは一期一会

ピンと来たときは、即時食べておくのがセオリーです (^-^)

味わい・コンセプトはそれぞれに異なりますが、クオリティは常に高値安定!!

安心して楽しめます♪

その味を知るべきか?知らざるべきか?

油そば一つをとっても、一度兼虎で味わってしまうとハードルが上がり過ぎるかも(笑)

次回はどんな一杯が出てくるのか本当に楽しみです。

その前にアブラソバをリピしておこうかな~

 

32  辛辛魚 ヤサイWトッピング&太麺Ver.(2017年5月)

その手があったか! あの辛辛魚を、二郎インスパイアなトッピングでガッツリ喰らう

とある日の、兼虎のTwitter。

ほうほう、辛辛魚の太めバージョン!?

ふむふむ、旨そうですな~

・・・ん? まてよ?

ということは・・・

これを組み合わせると・・・ ( ゚д゚)ハッ!

アレっぽいメニューができるっ♪

気づいた時から試したくて (^^ゞ

ランチ営業再開のタイミングに合わせて行ってきました~

 

おしながき

さてさて、今回のレシピは・・・

味玉辛辛魚らーめん or 辛辛魚らーめん

太麺をチョイス(+30円でOK)

ヤサイアブラ ×2つ →1つでもイイけどリアリティを追及して2つ(笑)

揚げニンニク →ちょっとオリジナリティをプラス

 

さらに麺を大盛にする手もありますが・・・兼虎はデフォでもボリューミーなのでここまでに^^;

ヤサイアブラは別盛りになったらサミシイなぁ~と思っていたら、オンして提供OKとのこと♪

ニンニクは2倍量にせず、トッピング1つ分にしてもらいました。

 

ヤサイアブラは、マシマシが大正解(笑) ド迫力のビジュアルに一瞬フリーズ

いよいよ登場、ドド~~~ン!!!

ぶっちゃけ、盛り込んでいる最中にチラッとみてしまい、吹き出しました (^^ゞ

まずは表&裏から^^

続いて、横から(笑)

素晴らしいっ♪

二郎系が極めて稀少な福岡において、このビジュアルを拝めるとは。

やはりヤサイアブ×2つは大正解だった!

しかし同時に 「どうやってコレを食べればよいか(汗)

とりあえずスープをズズっと・・・旨いっ!

少し前から肉系中心のスープへシフトしたと伺いましたが、改めてホレますね~

辛さは普通でオーダーしましたが、いつもよりグッと食べやすい印象。

タップリ野菜とアブラの効果でしょうか。

続いて麺を。

全国の名店が愛用する 三河屋製麺謹製の太麺です。

ツルリと滑らか&モッチモチの弾力感♪

いわゆる二郎系用の麺とは違いますが、旨さという意味ではむしろ上かも (^o^)

ヤサイアブラトッピングは少し前からありましたが・・・

やはり今回の組み合わせはこの太麺あってこそ!

シャキシャキ野菜と、モチモチ噛み応えのある麺コントラストがバツグンです。

具材もまた見事!

ドカンと乗ったチャーシューは、大きさ&サイズ共に超リッチ^^

シットリと口の中でほぐれていきます。

食感良く仕上げられたヤサイ、アブラ、麺をバランス良く口へ。

このハーモニーがたまりませんな♪

上質な極太メンマ、味玉などを挟みつつ、ガッツリ食べ進めていきます。

後半に入るタイミングで、揚げニンニクを投下!

さらにハードでパンチの効いたカオスな味わいに(笑)

ヤサイアブラのニンニク量を、1個分にしといて良かったぁ^^;

食べ終えると、モチロン超満腹

一般的なトンコツラーメン3杯分以上のボリューム感かも(汗)

かなり量をイケる方以外は、やめた方がいいかと思います。


 

いや~バッチリ旨かったぁ\(^o^)/

今回のメニューはあくまでアレンジメニュー

でも、

・太麺の選択可能
・ヤサイアブラのトッピング提供

これらが続く間は、このマッチングを楽しめますね♪

 

もう一つの発見は、グッとマイルドに辛辛魚を味わえること。

ヤサイアブラが中和してくれるので、オリジナルよりグッとマイルドなテイストになります^^

兼虎のキーワードである、「ガッツリ」「辛旨」 を併せ持つ楽しみ方。

タイプな方には是非ともお試しいただきたいですっ!

※かなりのボリュームなので、その点だけはご注意ください^^;

 

トラディショナルなスタイルを盛り込んだ ”温故知新” な一杯!

【31回目】 2017年4月 煮干し淡麗つけ麺【限定】

前回の限定麺 「辛辛宇宙」 に続く限定麺が、兼虎@赤坂に登場しました。

今回の一品は、”煮干し淡麗つけ麺

爆食&激辛系というビッグワード2つを盛り込んだ前回から趣を変え、シュっと端正なアプローチです。

こういった緩急の投げ分けも流石ですね (^^ゞ

 

アクセス

お店の場所は、警固交差点からほど近く

大正通り 大名1丁目の交差点から、大濠公園方面へ。

路地を15メートルほど進むと左手にお店があります。

頻繁に行列が出来ているのでそれが目印になるかも (^^ゞ

 

周辺の赤坂には 「大名ちんちん」 「麺屋 鸛」 「鈴木商店」 などのお店が。

警固方面には 「秀ちゃんラーメン」 や 「ラーメンおいげん」 が。

大名方面には 「博多一幸舎 大名本家」が。

そうそうたるお店が軒を連ねる、超激戦区です (^^ゞ

 

店舗外観

壁面の大きな店名が目印。

豪快で荒々しい一杯」 をキーワードに掲げ、オリジナリティ溢れるメニューを提供しています。

行列が出来ている場合は、入り口左手方面へ並びましょう。

※おそらく先に食券を買ってから並んだ方が良いと思われます

 

おしながき

まずは入って右手の券売機へ。

こちらが2017年4月時点のメニューです。

現在は、濃厚つけ麺辛辛つけ麺辛辛魚らーめんの3本柱で提供。

ヤサイアブラのトッピングも人気のようで、継続して提供されています。

そしてお約束の右下に、限定メニューのボタンが。

まずはコチラをポチっと。

合わせて今回はもう一つの目論見がございます。

辛辛魚がスゴク気になるけど、辛いモノが苦手なんで・・・どれ位辛いですか?」 というご質問を結構いただくことが多く。

なるほど気になるポイントですよね (^^ゞ

最初は 「辛さ控えめで(汗)」 なんてお願いしていた僕も、最近は調子に乗って 「普通で」 なんてオーダーしている状況。

そこで今回、「辛辛魚の一番辛さ控えめはどれ位の辛さなのか?」をセットでレビューしてみようと思います。

ちなみにつけ麺は麺量選べます

初回は麺量&辛さ共にガツンなので、初回は普通からスタートした方が良いかも知れません^^

 

店舗内観

中央には大きなテーブル席が、右手の壁面にはカウンター席があります。

キレイに整頓されており、接客もキッチリ!

常に混んでいますが、ピッチャーのお水もこまめに取り換えるなど目配りも素晴らしいお店です^^

食券を渡したら食し方などを読みつつ、しばし待ちましょう。

 

卓上調味料

卓上にはこだわりの唐辛子ニンニク、コショウ、お酢などがあります。

何も加えなくても十分楽しめますが、お好みで少量から試してみるのもアリかと思います。

 

トラディショナルなスタイルを盛り込んだ ”温故知新” な一杯!

こちらが4月の限定麺、煮干し淡麗つけ麺です。

質実剛健なビジュアルに、ナルトのピンクがキュートですね^^

それでは麺から。

ヌメリもなくキュッと丁寧に仕上げられた平打ちの太麺は、ムチっとシコシコ♪

噛めばフワリと小麦の香りが鼻腔をくすぐります。

ではでは煮干し香るスープに潜らせてズズっと・・・ウホっ、こりゃ旨いっ (^-^)

優しくも力強く効いた、動物系&魚介系ダシの旨味。

バランスの良い甘みと辛味が印象的です。

言うなれば、トラディショナルなスタイルを盛り込んだ”温故知新”な一杯!

つけ麺のルーツである”もりそば”に通ずる懐かしさを楽しませつつ・・・

兼虎らしい端正な解釈でアウトプットしたというイメージです。

いつもながらチャーシューメンマなど、具材一つひとつまでが本当に旨いねぇ~(^^ゞ

後半は少しお酢を追加するのもおススメです。

〆は卓上のポットでスープ割に。

自分のタイミング&濃さで楽しめるポットでの提供がありがたいですね。

 

辛辛魚

こちらは辛辛魚

お店ルールで、一番辛さ控えめな仕上がりにしていただきました。

唐辛子はチョイと。

辛さの要である特製ラー油は、控えめに効いているものと思われます。

ではではズズっと・・・ぐおっ、押し寄せる動物系スープの力強い旨味!

ひと口めから全開でウマウマです (^o^)

モッチリ旨い平打ち麺にトロトロのスープが絡みまくり、超ド級の旨味が押し寄せます。

いつ食べても、一杯の説得力が凄まじいですな♪

さてさて肝心の辛さですが・・・

余程、辛いモノが苦手な方でなければ、全然大丈夫!」 だと思います。 

※感じ方には個人差があります(笑)

 

もちろんオリジナルのチューニングがベストだと思いますが・・・

優しく効いたラー油の辛味を含め、辛辛魚の雰囲気は楽しめるのではないかと (^^ゞ

「辛いけど気になる~」という方は、一度お試しください。


 

流石の旨さ!

もしも今回の煮干し淡麗つけ麺がグランドメニューにあったら

濃厚系つけ麺と交互にオーダーしたくなるほどの味でした♪

 

ちなみに 「ふくおか麺情報まとめ」 にも記載していますが、兼虎の営業時間が大幅に変更されています。

火~金=18:00~22:00(ランチはお休み)
土日祝=11:00~16:00
※定休日は、月曜日に変更

一時的かと思われますが、平日ランチはお休み中なのでご注意ください。

煮干し淡麗つけ麺、リピしたくなる旨さでした (^^ゞ

味の乱れは~~宇宙の乱れ! 兼虎の辛辛×二郎インスパイアはいよいよコスモの領域へ

【30回目】 2017年1月 辛辛宇宙【限定】

 

今回のお目当ては、福岡Walker2月号で特集されているウォーカーコラボメニューです!

濃厚つけ麺、辛旨系、二郎インスパイア系、まぜそば、煮干し蕎麦などなど、様々な限定麺を折々で提供してきた兼虎。

今回はこれまでの集大成のひとつと言っても過言ではない ”辛旨系×二郎インスパイア系が融合した一杯” が登場するとのこと。

これは期待に胸が膨らみます (^^ゞ

 

味の決め手は〇〇の煮干し! 溢れ出る肉&魚介の旨味×辛味の競演

いよいよ、辛辛宇宙とご対面!

うひょ~っ、ステキなビジュアル^^

辛辛魚譲りの鮮烈なスープヤサイアブラの上には唐辛子が。

ノドが鳴る大ぶりチャーシューうずら玉子は何と5個も乗る太っ腹ぶり!

ではでは少しかき混ぜつつ、スープをズズっと・・・こりゃ旨いっ\(^o^)/

肉系×魚介系がバランス良く組み上げられたスープ、決め手はイカ煮干しとのこと!

辛さのバランスもほど良く、デフォの辛辛魚がちょっとキツイという方でもイケると思います。

溢れ出る旨味辛味の競演は、まさに兼虎ならでは♪

食べ進めるうちに背脂&ニンニクも溶け込み、更なる力強さ奥深さを生み出します^^

 

極上スープと豪快な具材を余すことなく受け止める、極旨&極太麺が旨いっ!

麺は三河屋製麺に特注した、ガッツリ&ワシっと豪快な太麺を使用!

この噛み応え、濃厚スープに負けない風味の良さ、ブツンと気持ち良い歯切れ・・・

そのどれもが最高です (^^ゞ

麺量は200gと食べ応えバツグン。

まさに 「ボリュームも味のうち」 という、つけ麺の神様である山岸氏の言葉がピタリ♪

一杯の満足感が素晴らしいです。

 

途方もない満足感♪ この厚みに心意気を感じる極厚チャーシューを存分に

日頃から兼虎の具材は、質もボリュームもスゴイのですが・・・今回はこれま!

どうでしょうかこの大きなチャーシュー^^;

この厚みがなければ決して表現できない、旨さと食べ応えを楽しめます♪

店主、益成氏の心意気ですな。

思いがけずご対面となったうずら玉子

タップリと5個もあるので、食べるタイミングに悩まなくてイイですね(笑)

既にこの時点でリピの決意は固いものに。

もしも可能ならば・・・、トッピングでヤサイを増していただいてみたいです (^^ゞ


 

メチャメチャ大満足!

Yume Wo Katare(夢を語れ)とのコラボを経て、更にまた兼虎の魅力が増したと改めて感じました。

しかし唯一の不満は・・・これをいつでも食べられないこと(笑)

絶対、期間中にリピして再食したいと思います。

メニューの詳細や、提供期間・時間などは、発売中の福岡Walker2月号をご覧くださいませ m(__)m

 

ちなみに聞きかじりの知識ですが (^^ゞ

「麺や 兼虎」の原点である、「麺処 井の庄」のルーツは、「蒙古タンメン 中本」と「必勝軒(東池袋大勝軒&永福町大勝軒の流れを汲む)」 にあるそうです。

つまり・・・

ボリュームたっぷりで美味しい一杯

ハードな辛さの中に奥深い美味さを楽しめる一杯

という2つのキーワードは、兼虎にとって大きな意味を持つのだと思われます。

 

激アツなキーワードを併せ持つ、稀少なお店。

こだわり素材を惜しみなく用い、精魂込めて作り上げられたメニュー。

美味さだけでなく、常に高い位置でクオリティを保ち続ける真摯なスタンス

「行列嫌い」 「あきやすのすきやす」 と言われる博多っ子が行列を作り続けるのも納得です!

今年も兼虎から目が離せませんね (^o^)

【29回目】辛辛魚(2016/7/25)

「激辛×激ウマな辛辛魚! オリジナリティと一杯の説得力は他の追随を許さず」

麺や 兼虎 (2)

 

【28回目】夢を語れつけ麺【限定】(2016/7/17)

「兼虎×夢を語れ! 日米の凄腕店がコラボレーションした二郎インスパイア系つけ麺」

兼虎 (2)

 

【27回目】味玉煮干し蕎麦(2016/7/6)

「煮干しの旨さを博多の街に啓蒙中! 売切れ御免の煮干し蕎麦は食べ逃せない一杯」

麺や 兼虎 (1)

 

【26回目】漢の煮干し蕎麦【限定】(2015/5/1)

「男子三日会わざれば刮目して見よ! 煮干し × 漢 = 更にパワーアップして復活」

兼虎 (5)

 

【25回目】味玉煮干し蕎麦(2016/3/16)

「旨味タップリの煮干しスープ × 甘みの背脂 × 刻み玉ネギの鉄板コンボ♪」

兼虎 (1)

 

【24回目】燕三条らーめん(背脂煮干しソバ)【限定】(2016/1/31)

「極上煮干 × 背脂の甘みが生みだす爆発力! 兼虎流、燕三条リスペクトな一杯」

兼虎 (1)

 

【23回目】味玉辛辛魚 & まぜ豚そば(2015/12/26)

兼虎 (4) 兼虎 (1)

2015年末 全10+1杯 フラッシュレビュー

 

【22回目】ニボ二郎【限定】(2015/12/3)

「煮干し×二郎=”ニボ二郎”は、上品で誰もが食べやすい仕上がり」

兼虎 (2)

 

【21回目】煮干しまぜそば(2015/11/19)

「ガッツリと煮干しが効いた、エクストリームな”まぜそば”が兼虎に登場!」

兼虎 (1)

 

【20回目】味玉濃厚煮干し蕎麦(2015/11/4)

いよいよ真打が登場!待望の”極濃系”煮干し蕎麦が兼虎にてリリース

兼虎 (1)

 

【19回目】味玉辛辛魚(2015/10/9)

一度食べたら忘れられない禁断の美味さ!特濃魚介と激辛味のハーモニー

兼虎 (3)

 

【18回目】味玉煮干しそば(2015/10/9)

兼虎の煮干しそばは更なる進化の真っ最中!この味を博多で味わえる幸せ♪

兼虎 (1)

 

【17回目】味玉煮干しそば(2015/8/21)

今、この味わいを楽しめるのはココだけ!煮干系ブームの到来か⁈

兼虎 (1)[1]

 

【16回目】まぜ豚そば(2015/8/21) 

福岡でイチバン旨いまぜそばはコレ!豪華具材と麺の旨さにシビレまくり

兼虎 (1)[1]

 

【15回目】鶏と魚介の濃厚つけ麺【限定】(2015/7/30)

まったり円やか”鶏×魚介”つけ麺♪スダチの風味で美味さ際立つ

兼虎 (1)[1]

 

【14回目】味玉濃厚つけ麺(2015/7/15)

兼虎のつけ麺は美味さに加え、驚異的な安定感もポイント!

兼虎 (1)[1]

 

【13回目】虎二郎【限定】(2015/6/30)

虎二郎、只今見参!守るべきを守り、打ちだすべきを打ち出した一杯

兼虎 (1)[1]

【12回目】ガツン煮干し中華そば【限定】(2015/5/3)

 

GWだけの幸せ~煮干しの旨味、ガツンと極まる!中華そば

麺や 兼虎 (1)[3]

 

【11回目】辛辛魚+豚ご飯(2015/4/27)

肉系&魚系の奥深い旨味×ハードな辛さ=やみつき辛辛魚!

麺や兼虎 (1)

 

【10回目】煮干中華そば (2015/1/25)

優しくコク深いスープに極上の麺がピッタリ♪煮干中華そば

兼虎 (1)

 

【9回目】油そば (2015/1/14)

麺&タレの旨さが際立つ!これが博多No.1 の油そば

兼虎 (1)

【8回目】辛辛魚(2015/1/14)

愛しの辛辛魚と数か月ぶりに再会♪変わらぬ辛旨な味に感動

兼虎 (1)[1]

 

【7回目】味玉辛辛つけ麺(2014/12/8)

美味さ&辛さにシビレまくる!至高の魚介豚骨×激辛つけ麺

兼虎 (2)

 

【6回目】味玉濃厚つけ麺(2014/10/17)

大人気につき早仕舞い注意!本場仕込みの激ウマつけ麺

兼虎 (1)

 

【5回目】味玉濃厚つけ麺(2014/8/25)

完成度の高さ+安定感が素晴らしい!本場の魚介豚骨つけ麺

兼虎 (1)

【4回目】煮干し中華そば(2014/8/15)

豚骨王国博多で味わう、これぞ紛れも無い本場の中華そば!

兼虎 (1)

 

【3回目】味玉濃厚つけ麺(2014/7/24)

これが博多最高峰の本場、関東系つけ麺!!!

兼虎 (1)

 

【2回目】辛辛魚【限定】(2014/7/8)

中毒性高し!濃厚魚介×辛さの辛辛魚

兼虎

 

【1回目】辛辛魚【限定】(2014/6/25)

魚介の旨味が効いた濃厚なスープ♪×鮮烈な辛さ!=辛辛魚

兼虎 (9)

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

兼虎

昼総合点★★★★ 4.5